ピクシブ百科事典

レジェンド大戦

れじぇんどたいせん

レジェンド大戦とは、『海賊戦隊ゴーカイジャー』第1話、劇場版『199ヒーロー大決戦』、Vシネマ『帰ってきた天装戦隊ゴセイジャー last epic』における、秘密戦隊ゴレンジャーから天装戦隊ゴセイジャーまでの34大スーパー戦隊と宇宙帝国ザンギャックが地球で戦った事件、いや大決戦である。
目次[非表示]

アカレンジャー「みんな、スーパー戦隊全ての力を結集して地球を守るんだ!」

大戦の経緯

詳しいきっかけは不明だが、ゴセイジャーが救星主のブラジラやキングビービを倒した後の地球にザンギャックが攻め入り、それに歴代のスーパー戦隊が一斉に立ち向かった(第1話では不参加の戦士がいるように見えたが、そちらについては劇場版199ヒーロー大決戦及びTV本編第45話にて描かれた)。
戦隊側は戦闘兵相手では圧倒するも、数に勝る戦艦群に次第に押され始める
(ちなみに作中では戦隊側の巨大兵器が一切登場しない。その理由は…)。
そこで、アカレンジャー(やや老けた感があるが彼のみ原作と同じ声の誠直也氏が演じたため。)の下、全員が最後の力を振り絞り光となって突撃し、帝国艦隊をなんとか撤退させることに成功する。
しかし、それと同時に彼らは戦う力を失い、変身できなくなってしまった。
一方、戦う力はレンジャーキーとなって宇宙に散らばってしまったが、赤き海賊団によって回収が始められ、海賊団壊滅後もゴーカイジャーとバスコ・タ・ジョロキアによってその全てが回収され、使用されている。

大戦後の戦隊

・ゴーカイジャー第2、3話で魔法戦隊マジレンジャーの小津魁(マジレッド)が登場。
魔法も使えないらしく、天空聖者フレイジェルの力を借りている。マーべラスハカセの勇気を試した。

・第5話で特捜戦隊デカレンジャーの礼紋茉莉花(ジャスミン)(デカイエロー)、ドギー・クルーガー(デカマスター)、赤座伴番(バン)(デカレッド)が登場。
ジャスミンはマーベラス達を海賊の容疑で逮捕しようとするが、バンによって冤罪が判明する。

・第7話で獣拳戦隊ゲキレンジャーの漢堂ジャン(ゲキレッド)、マスター・シャーフーが登場。
ジャンはマスター・ジャンとして、子供達に拳法を教えている。
その首にはロンを封印した慟哭岩を下げていた。
マーベラス達のように強くなりたいと願うアイムとハカセに「日々高みを目指して、学び、変わる」事の大切さを伝えた。

・第9話で百獣戦隊ガオレンジャーの獅子走(ガオレッド)とガオライオンが登場。走は本業である獣医の仕事に戻っていた。
当初はゴーカイジャーに懐疑的だったが、アイムの言葉を聞き彼らを信じる事にした。

・第11、12話で侍戦隊シンケンジャーの志葉薫(姫シンケンレッド)と丹波歳三が、原典第1話冒頭の志葉丈瑠と日下部彦馬を思わせる形で登場。
ジョーと戦いレンジャーキーを奪おうとするが、最後はやはり信用する事に。

・第14話で激走戦隊カーレンジャー陣内恭介(レッドレーサー)が登場。子供達に交通安全を題材にした紙芝居を披露していた。
第13話でも信号無視をした行動隊長を注意したらしい。そのことで開発技官インサーンに惚れられる。

・劇場版199ヒーロー大決戦天装戦隊ゴセイジャーが登場。
ゴーカイジャーからレンジャーキーを奪い、一時的に変身する。黒十字王との戦いを通じてゴーカイジャーと和解、レンジャーキーをひとつにまとめておいた方がいいという考えでゴーカイジャーへと返却した。
他にも海城剛番場壮吉青梅大五郎黒田官平立花レイ郷史朗炎力ウメコ、マーフィーK9明石暁楼山早輝谷千明梅盛源太と錚々たるメンバーが登場した(戦隊に入れて良いのか微妙な人もいたので一部割愛)。

・第18話で爆竜戦隊アバレンジャーの仲代壬琴(アバレキラー)が登場。
事故にあった伊狩鎧の夢の中にドラゴンレンジャータイムファイヤーと共に登場し、彼に3戦隊の大いなる力とゴーカイシルバー変身出来る力を与えた
ゴーカイジャーの世界における仲代という設定なのか原典のように戦死してはいなかったようにみえるが、
鎧が死にかかった事を考えると実際は生と死の間の世界にいたと思われる。

・第20話で星獣戦隊ギンガマンのヒュウガ(黒騎士)・リョウマ(ギンガレッド)兄弟が登場。
ヒュウガは再び闘う力を得るため、鎧からゴーカイセルラーを手に入れようとする。リョウマはバスコ達に敗れて川に落ちたゴーカイジャーを助けていた。

・第21話で轟轟戦隊ボウケンジャーの明石暁(ボウケンレッド)が再登場。ゴーカイジャーにプレシャス「黄泉の心臓」の回収を依頼する。

・第23話で救急戦隊ゴーゴーファイブの巽祭(マツリ)(ゴーピンク)が登場。

・劇場版第2作空飛ぶ幽霊船ゴーオンウィングス須塔美羽(ゴーオンシルバー)が登場。
同作で炎神戦隊ゴーオンジャー楼山早輝(ゴーオンイエロー)が再登場。
2人とも登場の仕方は意外な方法だった。

・第25、26話で忍風戦隊ハリケンジャー(椎名鷹介、野乃七海、尾藤吼太)と風雷丸が登場。
ゴーカイジャーからハリケンジャーのレンジャーキーを返すよう迫る。

・第28話で鳥人戦隊ジェットマン結城凱(ブラックコンドル)が登場。
レンジャーキー無しで変身でき、ジェットマンに関わらないようゴーカイジャーを妨害するが、実はある理由があった。

・第29話でアバレンジャーの三条幸人(アバレブルー)と今中笑里が登場。笑里は幸人と結婚して苗字が三条になっている。

・第30話で超獣戦隊ライブマンの大原丈(イエローライオン)が登場。かつては科学アカデミアの落ちこぼれだったが、現在はそこで科学者をしている。改造されたシド(バリゾーグ)を元に戻すことはできないことをジョーに伝えた。

・第31話、32話冒頭で超力戦隊オーレンジャーの星野吾郎(オーレッド)と丸尾桃(オーピンク)が登場。桃はゴーカイジャーを足止め、その間に吾郎はバスコと接触して取引を行うが・・・
因みに31話冒頭で電撃戦隊チェンジマンの誰かが登場しているが、顔は判別できない。

・第33話で五星戦隊ダイレンジャーの天火星・亮(リュウレンジャー)が再登場。
出前の最中に、ゴーカイセルラーを敵に奪われ自信を喪失していた鎧と知り合う。

・第35、36話でゴーオンジャーの江角走輔(ゴーオンレッド)と炎神スピードル・バスオン・ベアールVとボンパーが登場。ボンパーはガレオンに突然出現してゴーカイジャーに接触し、ゴーカイジャーは走輔と共に別次元の世界へ向かう。スピードルとベアールは結婚して息子(マッハルコン)もできていた。

・第39話で電磁戦隊メガレンジャーの伊達健太(メガレッド)が登場。健太は母校である諸星学園高校の教師を務めている。デジタル研究会も健在だった。

・第40話で未来戦隊タイムレンジャーのドモン(タイムイエロー)と森山ホナミが登場。ドモンは豪獣ドリルでゴーカイジャーを過去へ向かわせ、ある神社の破壊を防ぐよう依頼する。

・第44話でバトルフィーバーJの曙四郎(バトルケニア)が登場。サンタのコスプレをして、着ぐるみのパンダとともに良い子にプレゼントを配って歩いた。

・第45、46話で忍者戦隊カクレンジャーニンジャマンと鶴姫(ニンジャホワイト)が登場。ニンジャマンはゴーカイジャーにより10年の封印から解かれる。鶴姫はニンジャマンとゴーカイジャーの活躍を影から見守っていた。

・劇場版第3作VS宇宙刑事ギャバン電子戦隊デンジマン青梅大五郎(デンジブルー)とバトルフィーバーJの曙四郎が再登場。
2人ともギャバンと全く同じ顔をしているが、伊狩鎧には区別がついていた。

・第49話で太陽戦隊サンバルカンの飛羽高之(バルイーグル)、電撃戦隊チェンジマンの疾風翔(チェンジグリフォン)、超新星フラッシュマンのダイ(グリーンフラッシュ)、光戦隊マスクマンのアキラ(ブルーマスク)、地球戦隊ファイブマンの星川レミ(ファイブイエロー)が登場。バスコから奪還した5つの力を使っていいのか悩んでいるゴーカイジャーの前に現れ、改めて彼らに大いなる力を託した。
この回が放送された2012年はオリンピックが開催される事に由来するのか、5人の変身スーツの色は五輪のマークと同じ色である。

・第50話で恐竜戦隊ジュウレンジャーのゴウシ(マンモスレンジャー)が登場。鎧に、ザンギャックがいなくなるなら自分達はどうなってもかまわないとし、宇宙最大の宝を使うよう説得したが…。
これですべてのレジェンド戦隊から、最低一人はオリジナルキャストが出演した事になる。

・最終話でダイレンジャーの天重星・将児(テンマレンジャー)と天時星・知(キリンレンジャー)、ゴーゴーファイブの巽ショウ(ゴーグリーン)、マジレンジャーの小津芳香(マジピンク)が登場、秘密戦隊ゴレンジャーの海城剛(アカレンジャー)とゴーオンジャーの須塔美羽(ゴーオンシルバー)も再登場を果たした。

関連タグ

海賊戦隊ゴーカイジャー 宇宙帝国ザンギャック レジェンド戦隊

pixivに投稿された作品 pixivで「レジェンド大戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228526

コメント