ピクシブ百科事典

レッドブル

れっどぶる

タイで開発された栄養ドリンク。
目次[非表示]

Red Bull
非常に強烈。

概要

レッドブル(Red Bull)は、オーストリアのRed Bull GmbHが販売する清涼飲料水である。
タイ人創業者のチャリアオ・ユーウィッタヤーがタイ王国でみいだしたクラティンデーンという清涼飲料水を元に作られた。
現在はオリジナルであるタイ産よりも、世界的に展開されるレッドブルの方が圧倒的に有名である。
一般的に両者は全くの別物として認識される。
以上、Wikipediaより抜粋、一部改変しています

日本におけるこの手のアルミ缶で販売される栄養ドリンク(エナジードリンク)の嚆矢的存在。
強烈すぎて、国によっては販売できないこともあるとか。
オリジナルのレッドブルはリポビタンDなどの日本の栄養ドリンクに着想を得て作られたが、これに目を付けたオーストリアディートリヒ・マテシッツが販売権を得て、疲れたオジサンのための栄養ドリンクではなく、アクティブな若者のためのエナジードリンクというイメージを打ち出すことで大成功を収めた。

レーシングチームやサッカーチームも所有していたりする。
また、各種エクストリームスポーツ大会へのスポンサーとしても有名。

レッドブルのヒット以降、エナジードリンクという商品ジャンルが開拓され、フォロワーが雨後の筍のように現れたが、いずれも二匹目のドジョウの域を出る物ではなく、エナジードリンク市場はレッドブルとモンスターエナジーの二強状態となっている。

コミックマーケット設営日に参戦

「オタクのエクストリームスポーツ」とも称されるコミックマーケット

C83(2012冬コミ)設営日にレッドブルのプロモーションカーが現れ、設営参加者
及びスタッフに2000本のレッドブルを無償提供した。なんでも、プロモスタッフの
ひとりがコミケスタッフだったことから実現したという。

そしてC84(2013夏コミ)。今度はプロモーションカー2台で参戦。
しかしプロモーションという性格上、長い配布列の捌けは非常に悪く
Twitter上では「牛歩」と呼ばれたりもした。

しばらく音沙汰が無かったが、C89(2015冬コミ)設営日にも翼を授けに来た。
(無償提供・ロング缶500本)ただし、今回プロモカー&スタッフは無し。

「Red Bull 翼をさずける。」

スポンサーをしている主なスポーツなど

F1
1995年から2004年まではザウバー、2001年から2002年まではアロウズのスポンサーを務めていたが、2004年にはF1撤退を表明したジャガーチームを買収し、2005年からレッドブル・レーシングとして参戦している。また、2006年からはミナルディチームも買収し、レッドブルのジュニアチームとしてスクーデリア・トロ・ロッソを立ち上げた。
レッドブルチームにはレース本隊とは別にプロモーション部隊があり、旧型のF1マシンをショーカーに仕立てて、世界各地でデモ走行を行っている。
また、2002年までF1オーストリアGPが開催されていたA1リンク(旧:エステルライヒリンク)を買収し、レッドブル・リンクとして所有している。

WRC
マニュファクチャラー2チームとしてレッドブル・シュコダがヨーロッパで開催される10戦に参戦し、2008年ラリー・アルゼンチンからはWRC4年連続ドライバーズチャンピオンであるセバスチャン・ローブを擁するチーム・シトロエン・トタルのスポンサーとなっている

オートバイレース
motoGP、モトクロス世界選手権、AMAスーパークロスなど、またRed Bull X-Fightersを開催

サッカー
レッドブル・ザルツブルク(オーストリア・ブンデスリーガ)やレッドブル・ニューヨーク(アメリカ・メジャーリーグサッカー)等のサッカークラブを始め、数多くのスポーツチームを所有している。

エアレース
2003年からはレッドブル・エアレース・ワールドシリーズを開催。

ヨットレース
アメリカスカップの若手版として、2013年(第34回)より行われる「Youth America's Cup」の冠スポンサーを務める。

2012年10月に行われた、有人気球による最高高度記録・人類初の超音速フリーフォールなどを目標とする「レッドブル・ストラトス」プロジェクトを支援。
フェリックス・バウムガルトナーが目標とする4記録のうち3記録を達成するなど概ね成功を収めた。

外部リンク

公式サイト(日本)
公式サイト(タイ)
レッドブル - Wikipedia

関連タグ

栄養ドリンク 飲み物 清涼飲料水 PSHOME

もしかして

ソビエトのマッチョ市警と兎死刑囚


同名のアーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画がある。原題「Red Heat」。
シュワちゃん演じるイワン・ダンコ大尉がソ連からアメリカに逃亡したマフィアジェームズ・ベルーシ演じるリジック警部と協力して追いかけるアクション映画。
アメリカ映画として初めて赤の広場で撮影が許された作品。

ネット上ではシュワルツネッガー=玄田哲章、ベルーシ=富山敬が吹き替えを担当したテレビ朝日版が有名。コマンドープレデターと並び名言の宝庫として知られている。2014年5月発売のBlu-rayにはこのテレビ朝日版吹き替えが収録されており、名言を心ゆくまで堪能できる。

名言集

  • 今夜暇かい?→クソして寝な→ああどうも、最近のねーちゃんはキツイや
  • お友達みたいだね。ボディランゲージで愛情示してる。
  • なんて言った?→こうだ、てめえのおふくろのケツにキスしろと。
  • 大尉快適なフライトを祈ってるぜ、もしこの馬鹿デカイ糞をトイレに流すことがあったら北極点でやってくれ
  • (ピンクチャンネル視聴中)→資本主義者め・・・
  • そこの歩道に伸びてる奴は何なんだ?→ここに住んでる
  • バスの運転なんてどこで習った?→キエフだ、軍隊で。
  • この馬鹿!馬鹿野郎!マヌケ!→馬鹿だとぉ!?馬鹿はどっち・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「レッドブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1068871

コメント