ピクシブ百科事典

レビル

れびる

レビルとは「機動戦士ガンダム」に登場するキャラクター。フルネームは、ヨハン・イブラヒム・レビル。階級は大将。劇中では単にレビル将軍と呼ばれる。
目次[非表示]

概要

CV:池田勝 / 村松康雄 / 堀勝之祐
一年戦争開戦時の階級は中将である。 

主な役職 

開戦前

  • 地球連邦航空宇宙軍ルウム方面軍艦隊司令(中将)

開戦後


小説版によれば初等教育から士官学校まで全ての課程を首席で卒業した生粋のエリートである。

ルウム戦役においてマゼラン級宇宙戦艦「アナンケ」に座乗し連邦軍艦隊の指揮を執るがジオン公国軍の新兵器モビルスーツの戦術に対応できず惨敗を喫する。自身も黒い三連星によって捕虜となるが、南極条約調印直前に脱走に成功しその上で「ジオンに兵なし」の演説を行い、ジオン軍の実情を暴露し徹底抗戦を主張する。地球連邦の軍首脳らは彼にルウムの惨敗の責任を持たせようとしたが、ゴップ大将らの根回しにより、レビルの責任はもみ消された。なおこの時に昇進し、全連邦軍最高指揮権をもつ大将となる。

その後、旧来の大艦巨砲主義から脱却できない本営ジャブローの幕僚を精力的に説得。頑迷な反対勢力を沈黙させU.C.0079年4月1日、V作戦を発動。思考の柔軟さと先見の明があることが窺えさせる一方で少年少女ホワイトベース)たちをを正規兵と見なし、躊躇なく徴用する一面がある。一見非情に見えるが、彼らの功績を認めており、ニュータイプ部隊と評するなど、他の上層部の士官とは違い重度の期待を込めているように見て取れる。

ソロモン攻略戦後、第一連合艦隊を率いジオン本国を攻略する途上のU.C.0079年12月30日作戦時間21:05、ジオン公国総帥ギレン・ザビの命令によりゲル・ドルバ照準で発射されたソーラ・レイの直撃を受け、和平交渉に赴いたデギン・ザビもろとも光の渦に呑み込まれ戦死した。
彼の死から17年後、その名は連邦軍再編の要にして地球軌道艦隊の旗艦であるドゴス・ギア級2番艦「ゼネラル・レビル」に冠される事になる。

なお、彼はホワイトベース隊を「ニュータイプ部隊」と評しており、彼自身もニュータイプの素養があったとも言われている(ララァ・スンのコンペイトウ襲撃時に原因不明の頭痛を起こしている)。

人物

士官学校を首席で卒業したエリート軍人であると同時に、厚い人望と慧眼を兼ね備えた一角の人物である。人材面では玉石混合であった地球連邦軍においても頭一つ飛び抜けた才人であり、V作戦に始まる連邦軍の反攻作戦を成功に導いた立役者である。
だが、良くも悪くもレビルは軍人であったので、合理的判断の下に非情な選択をすることもしばしばあった。ホワイトベースの搭乗員が戦闘経験のない民間人の集まりだと知っていても、功績を評価してそのまま軍に編入するなど、作戦のためには手段を選ばない一面もあった。
ジオン公国の凶行を肌で知ったためかジオン軍に対しては一貫して強固な反抗を貫いたが、それでも一年戦争を終結させるために危険と知りながらデギン・ザビとの和平交渉に赴くなど、気骨の男であった。
他の高級幕僚達と違って自身の派閥を形成することはしなかった。立派なことではあるのだが、裏返せば自身の後継者となり得る人物を育てることが出来なかったということでもあり、レビルの死後彼に匹敵するような人材は連邦軍には現れなかった。

ジ・オリジンでは

旗艦『バターン』でオデッサ作戦の指揮を取るのだが、古くからの戦友エルラン中将が前線に出たがることに疑問を抱き彼に『私は君を古くから知っているが、そんなに前線に出たがる君を見たのは初めてだ。 何故、そんなに前線に出たがる? それとも、一刻も早くこの艦から離れたい理由があるのかね?』と質問を投げかけた。


名前の継承

また、レビルのファーストネームとセカンドネームは、機動戦士ガンダム00にて再び使用されることになる。
『ヨハン』はヨハン・トリニティに、『イブラヒム』は主人公刹那・F・セイエイの本名「ソラン・イブラヒム」(「ソラン」と「ヨハン」も韻が似ている)として、登場した。

関連タグ

機動戦士ガンダム
マチルダ・アジャン

pixivに投稿された作品 pixivで「レビル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81801

コメント