ピクシブ百科事典

レベル5デス

れべるがごのばいすうのてきにです

レベル5デスとは「ファイナルファンタジー」シリーズに登場する青魔法である。
目次[非表示]

概要

レベル系の青魔法の一つ。レベルが5の倍数の敵全てにデスの効果を与える。レベル系青魔法の代表格とも言える。

条件は結構厳しいとはいえ、即死魔法であるデスを敵全てにかけるため結構強力である。しかし、作品によって細かい性能が違い、あまり強くない作品もある。

作品毎のレベル5デス

ファイナルファンタジー5

初登場であり、みんなのトラウマと言っても過言ではない。パーティーの平均レベルが15前後の頃、古代図書館で書物のモンスター「64ページ」に遭遇し、この技を食らって何のことか分からないうちに全滅したという苦い思い出を持つプレイヤーは決して少なくないのではないかと思われる。

この作品ではリフレクを掛けていれば反射することが出来るが、そもそも古代図書館に行った時点でリフレクを習得する手段は無いため、ここでの無効化は不可。その上、普通に進めると概ねレベル15程度で古代図書館に到達するあたりが、制作者によって仕組まれた罠を思い起こさせる。

また、この作品では一部のボスがレベル5の倍数であるためレベル5デスを覚えて使うだけで瞬殺、といえるボスがそこそこいる。なぜなら、本作では即死耐性を貫通するため。また、調合やオールドなど、レベルを操作する手段もあるため相手がリフレク状態でなく、尚かつアンデッドでなければほぼ全てのボスに命中させられる、と言っても過言ではない。もちろん、限りなく面倒臭いが。

ライブラを使って相手のレベルが5の倍数ならラッキーなので、結構ボス戦でも青魔法が活躍する。

ファイナルファンタジー6

崩壊後の世界で飛空艇を手に入れた状態で時折遭遇するデスゲイズなどが使う。デスゲイズの場合はエンカウント直後に必ずレベル5デスを使う為、全員レベルが5の倍数の時に遭遇すると全滅は免れない。飛空艇入手イベントの直後、気分よく空を飛んでいる際にデスゲイズに襲われ、問答無用で全滅させられて、しかもセーブする前だったので、呆然としながら入手イベントからやり直したプレイヤーは相当な数に上ると思われる。

今作からはリフレクは貫通するが、即死を無効化する敵には効かない。つまりボスなどに対してはレベル5デスが効かない。逆に言えば、味方も即死耐性でガードできる(即死耐性はあまり多くないのは事実だが)。

バニシュデスという裏技が存在することもあって、覚えても使う機会はあまりないといえるだろう。

ファイナルファンタジー7

7でも欠かさず登場。今回も「てきのわざ」としてプレイヤーキャラも習得可能…
…なのだが、ラストダンジョンでしか習得できないため使い所があまり無い。
ついでに習得方法も微妙にややこしいので影が薄い。

ちなみに7のみ「レベル4デス」という亜種が存在する。

ファイナルファンタジー8

今回は「レベル?デス」という変数技。キスティスが使用可能。
ピンチの度合いにより4~1(つまり全キャラ即死)の数字があてがわれる。
と書くと強いようにも思えるが、ボス相手だと効くとは限らず、他キャラの特殊技が優秀すぎるためやはり影が薄い。

…と思いきや、忘れた頃にクァールやオメガウェポンが使ってくる。
特に今作はレベルキャップが100なので、限界まで育ててから後者に挑んでしまうと余計な対策を採らざるを得なくなるというトラップ。

ファイナルファンタジー9

7、8で影が薄かった反動か今回はやたらと役に立つ。何故かと言うと5の倍数レベルの雑魚モンスターが妙に豊富なためである。効果対象のボスはいないが、今回は即死耐性無視のうえ、アンデッドにも即死効果が発動する(最も、アンデッドにはレイズやフェニックスの尾といったより確実な手段があるのであまり使われないが)。レベル上げの穴場に出現する敵も5の倍数レベルというおまけまで付いて来る。9はクイナが強いと言われる理由の一つである。
ちなみに、終盤でパーティが2分されてそれぞれが別のダンジョンに挑む展開があるのだが、そのうちジタン+3人で行くダンジョンでは一切の魔法が使えず、もう片方ではザコ敵のレベルが全て5の倍数(レベル5デス)かつボスがMPを減らすことでも撃破可能(マジックハンマー)と、意図的に「こっちでクイナ使え」とでも言わんばかりの設定をされている。

ファイナルファンタジー12

1011と二作続けて登場せず、今回も5にあたるレベル系魔法は「レベル5リバース」でありレベル5デスは不参加、…と思った矢先に死の天使ザルエラが「レベル素数デス」を放ってくる。まさかの算術

ファイナルファンタジータクティクス

「レベル5デス」自体は無いが、先ほど少し触れた「算術」により様々な魔法とレベルの組み合わせが可能。ただしTでは敵味方の区別無くマップ全体に効いてしまうのでデスは少し危険である。
この事から通常はリスクの少ない他の魔法と組み合わせて使うが、そちらの方が強力なことも多く、敵には無効化されることは少なく、味方は無効化させやすいのでデスが使われる事は少ない。
味方を巻き込むと言う特性上、敵算術士が使うことはまずない。
アドバンスでも登場するが敵専用技である。

DFF,DDFF

召喚石であるデスゲイズを利用すると発動する。流石にレベル5の倍数の相手を即死させるわけではないが、相手のブレイブが5の倍数であった場合に即ブレイクさせる。

条件付きではあるが、5の倍数であれば必ず効く(ブレイブリーブがある場合でも0に出来る)為、確率が絡むオーディンや、確定ではあるが時間が掛かるアルテマウェポンと比べても結構強い。

発動タイミングを誤ると全く意味が無いため要注意。

総括

シリーズを重ねる毎に印象が薄くなっているようである。また最近の作品はレベル概念その物がないため登場しない作品も多い。

とはいえ、初出のFF5ではいきなりの全滅で呆然としたプレイヤーも居るだろうから、印象が強い魔法であることは間違いないだろう。

亜種

レベルシリーズは亜種も多い。
また、算術で同等のものが再現可能なこともある。
ここで纏めて紹介する。

レベル4グラビガ

5に登場。レベルが4の倍数の敵のHPを1/4にする。ちなみに同作のグラビガは敵のHPを1/8にする為、性能面は劣化である。

更にレベル5デスは耐性無視で即死であったのに対しレベル4グラビガは耐性無視ではない。よって、グラビデ系が無効の相手の場合、レベルが4の倍数であろうと効かないという使いにくさもある。

敢えて言うならば消費MPがかなり少ないことと、全体掛け出来ることだろうか。

レベル3フレア

5に登場。レベル3の倍数の敵全体にダメージ。結構高威力であるため、実戦上でも十分使える技と言える。ただ、味方のレベルをカンストの99にするとこの技に必ず当たるようになるので注意。

レベル2オールド

5に登場。2の倍数の敵にオールド(老化)を掛ける。2の倍数ということで敵に使われると結構驚異的である。今作では黒の衝撃や調合などでレベルの調整が容易であるため、大体のボス敵にはオールドが命中する計算である(というか奇数を2で割った場合必ず偶数になるため、1回黒の衝撃を掛ければ必ず掛かる)。

レベル4フレア

6に登場。5の時より当たる敵が減ってしまった。

レベル3コンフュ

6に登場。レベル3の倍数の相手を混乱させる。こちらもカンストすると必ず掛かるため注意……といいつつ実は耐性があれば無効化可能。

レベル?ホーリー

6に登場。?と書いてある為最初は何のことか分からないが、所持金の下一桁目の数である。よって1であれば全ての敵に命中するし、0であれば誰にも命中しなくなる。自分が使う時は当然1にすべきだし、使う相手と勝負する時は0にしておきたい。

レベル3デフレス

9に登場。レベルが3の倍数の敵全ての物理防御と魔法防御を下げる。クイナを最速で仲間にした場合の直後のダンジョンとかなりの序盤から使用できる上に対象もそれなりに多いため、結構強い。

レベル4ホーリー

9に登場。作品全体を通して聖属性が弱点の敵はかなり多いため有効ではあるが、魔力の高さや対象を選ばない点でエーコのホーリーやマディーンには劣る。

レベル素数デス

レベルが素数の敵にデス。12に登場する。これまでの作品で安全であったレベル97などが危険になっている。
同作にはレベル2睡眠、レベル3ドンアク、レベル4ブレイク、レベル5リバースも登場する為、全て避けられるレベルは実に1,49,77,91の4つしかないことになる。

関連イラスト

東方1コマずつ漫画2
vsデスゲイズ


関連タグ

デス ファイナルファンタジーシリーズ みんなのトラウマ
算術士

pixivに投稿された作品 pixivで「レベル5デス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35688

コメント