ピクシブ百科事典

レミ・アルタワ

れみあるたわ

レイトン教授シリーズの2ndシーズンに登場するキャラクター。
目次[非表示]

すべてのナゾは気合で解決!

CV:相武紗季

概要

レイトン教授第2シリーズのヒロイン。レイトン最初の助手。
強気で活動的なアジア系の美女。情報収集も得意で、カメラをいつも持ち歩いている。活発かつ食欲旺盛で、やや子供っぽい一面もある。
ルークとは、「一番弟子」か「助手」の座を争う様子が見られるが、大体レミがからかっている場合が多い。
昔、スリの容疑を掛けられた際にレイトンに助けてもらったことがある(レイトン自身は忘れている)。その恩を覚えていたレミは、デルモナ学長に掛け合いレイトンの助手になった。また、スリ疑惑の一件以来グロスキー警部とも交流を持つようになる。

一方で公式では謎が多いフラグが立っている。その証拠に第1シーズンでは一切登場していない。第2シーズンの中心である「古代アスラント文明」に関しては、レイトン以上に詳しい節があり、彼女自身アスラント文明には思うところがあるらしい。

※ピクシブではレミの方が検索結果が多いが、重複するのでレイトンとの検索をお勧めする。


特徴

彼女の最大の特徴は、常人離れした身体能力である。叔父から教わった格闘が得意で、大の男を一撃で打ちのめすパンチと蹴りを繰り出したり、怪しい人物を追うために壁を走り登って屋根まで追いかけたり、ロッククライミングであっという間に崖を登ったりできる。

また「幻影の森」では、誘拐されている身でありながらレイトンたちを導くメッセージを残したり、普通なら体を全く動かせない麻酔をかけられても瞼と眼球を動かせるなど、どう考えても特殊な訓練を受けているようなエージェント並の働きを見せた。


正体

以下に重大なネタバレあり。










その正体は、アスラント文明を崇拝し研究している秘密結社タージェントの一員。子供の頃に父親を亡くして孤児になりかけたが、後にタージェントの首領となるブロネフ・ライネルに引き取られ、タージェントの一員として育てられた。
ブロネフはレイトンとデスコールの実父であるため、レミはレイトンとデスコールの義妹とも言える。


自分を孤独から救い、娘同然に育ててくれたブロネフを「おじさま」と呼び慕っており、強力な格闘技はブロネフに小さい頃から教わり訓練してきた賜物である。

レイトンに助けられた過去は本当だが、レイトンの助手になったのはブロネフの命令であり、レイトンをアスラント文明に導きその謎を解かせることが目的だった。






関連タグ

 レミ レイトン教授シリーズ レイトン教授 ルーク・トライトン(ルーク少年) デスコール デスレミ

pixivに投稿された作品 pixivで「レミ・アルタワ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191781

コメント