ピクシブ百科事典

レリック・フォン・バルシュタイン

れりっくふぉんばるしゅたいん

成田良悟のライトノベル『ヴぁんぷ!』の登場人物である吸血鬼。画像の左の少年。
目次[非表示]

成田良悟著のライトノベル・『ヴぁんぷ!』に登場する吸血鬼の少年。

概要

両親にグローワース島へ預けられ、子爵の下で双子妹、フェレットと共に育つ。
子爵の事を、養父としても、紳士としても尊敬している。
ヒルダという相思相愛恋人がおり、徹底すると彼女と世界を比べれば彼女のほうが大事と心の奥底で思っている。
好物は生き血とバウムクーヘン

能力

吸血鬼として可能なことは、蝙蝠化・霧化・狼化・支配・繁殖などほぼ全てであり、その上その全てのスペックが高い。通常の吸血鬼は蝙蝠化・霧化する範囲は体の一部や自分の衣服と自分と認知する所だが、レリックの場合その範囲がとてつもなく広く島の一部蝙蝠化・狼化してみせたと思えば、次の話では島民の人間ほぼ全員を蝙蝠化してみせた。
また戦闘力も高く、5巻で精神錯乱したときにその力をフル稼働し月が地球に衝突するくらいの攻撃力を放とうとするなど、破壊力のみならあの人この人レベルのチート能力である。
しかし、この能力は意外といろんな人に盗まれたり、作中にはもっとやばい吸血鬼もいるのだが・・・(ちなみに月云々の威力を計算したのも"彼")。

ただし、吸血鬼の弱点として例に挙げるもの(日光・聖水・十字架・流水・etc)ほば全てに弱く、基本的に日中は活動できない。また恋人のヒルダに関わることになるとひどく動揺する。

関連タグ

ヴぁんぷ!

pixivに投稿された作品 pixivで「レリック・フォン・バルシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1089

コメント