ピクシブ百科事典

レーバテイン

れーばていん

レーバテインとは、以下の三つがある
目次[非表示]
  1. 北欧神話の邪神・ロキの創った「レーヴァテインLævateinn」
  2. ライトノベル『フルメタル・パニック!』の主人公機「ARX-8 レーバテイン Laevatein」
  3. フランドール・スカーレットのスペルカード・禁忌「レーヴァテイン」の表記ぶれ


1がルーツであるが、本項では2について解説する。

概要

「ARX-8 レーバテイン、AIはアル。メカで天才だ。ベヘモスでもぶんなぐってみせらあ。でも、ミサイルだけは勘弁な!」

炎の魔剣



形式番号はARX-8。全高8.7m、重量10.3t。AIの名前はアーバレスト同様「アル」。

ARX-7アーバレストの後継機で、アーバレストの中枢ユニットを元にAI・アルの指示で設計・建造されたアームスレイブ。アーバレスト同様、フルメタル・パニック!の主人公である相良宗介が搭乗する。


M9やアーバレストと同様の第三世代ASであり、人間に限りなく近い体型でありながら非常に高い運動性を有する。アル独自の判断で動かす事の出来る補助腕が存在するのも他のASには見られない特徴。また、試作パーツの組み込み等で出力がASとは思えないほど大幅に向上しており、全力での跳躍や機動はパイロットへの負荷も含めて「ナンセンス」なレベルに到達している。

これは強力なラムダ・ドライバを使用するためにとられた措置であり、本機の攻撃力を圧倒的なものとする大きな理由であるが、その代償として本機には様々な欠点が存在する。

  • 稼働時間が30時間と、他のASに比べて致命的なまでに短い
  • 内部機構に余裕がなく、ECSやECCSを搭載していない
  • M6に毛が生えた程度の貧弱な電子兵装
  • D系列の試作機の片方のパーツを流用しているが、M9のパーツはレーバテインの高出力・高機動が想定されてないため受け止めきれず疲労が激しい
  • そこに加えて補給が満足にできない困窮した状況のため替えのパーツがない
などである。
アルいわく、「ミサイル攻撃には大変脆弱です」とのこと。当然ながらステルス性は皆無であり、対ステルス機能も無いに等しい。

武装にもラムダ・ドライバ無しでは扱えない武装が存在し、下手をすればASとしては欠陥機になりかねないほどの欠点を抱えている。ただ、ラムダ・ドライバ搭載機であること自体が大きなアドバンテージであるし、稼働時間やECCSについては遼機との連携である程度カバーが可能。

アーバレスト同様白を基調としたカラーリングだが、サブカラーは青から燃えるような赤へ変更され、全体的にマッシブになったフォルムとあわせ、より力強い印象を与えるものとなった。
1をさす場合「レーヴァテイン」等の表記が一般的であるが、2においてはARXシリーズの前身機体であるARX-6 ハルード、ARX-7 アーレストとの関連性が窺えるよう「レーテイン」という表記が用いられている。

外部出演等

アニメ版が「終わるデイ・バイ・デイ」で終わっているために登場せず、(超合金での立体フィギュアは作られているが)ゲームにも登場せず長らく動く姿を見ることは出来なかった。だが、第3次スーパーロボット大戦Z天獄篇に原作小説版の参戦と共にPVに戦闘シーンが収録されているため、ようやく動くレーバテインを見ることが出来るようになった。
第3次Z天獄篇におけるレーバテインの戦闘能力は非常に高い。ECSがオミットされている代わりに、2種類のラムダ・ドライバを所有。敵同様にダメージを軽減するバリアと気力の上昇で発動する能力アップ系である。
武装は射撃系が揃っており、中距離用の散弾砲ボクサーや長距離射撃用のデモリッション・ガンと、広く対応できる。特にデモリッション・ガンは着弾型のMAP兵器も持つので、着弾後の範囲は狭いが密集した複数の敵に大して攻撃できる。
その後「緊急展開ブースター」を装備。移動タイプに「空」が付加されるが、武装は左右のガトリングガンや空対空ミサイルなどのブースターに装備されたものであり、本体の武器がかなり限定されてしまう。ボスクラスとの敵との戦闘時や弾切れになったら分離して戦おう。
本体の両肩に装備された「妖精の羽」はステージイベントで使用されるのみで、武器として使用することはできない。

関連タグ

フルメタル・パニック! アームスレイブ アーバレスト 相良宗介
ARX-8

pixivに投稿された作品 pixivで「レーバテイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165230

コメント