ピクシブ百科事典

ロコン

ろこん

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.037
ぶんるいきつねポケモン
タイプほのお
たかさ0.6m
おもさ9.9kg
とくせいもらいび/ ひでり(隠れ特性)

※もらいび:ほのおタイプの技を受けるとダメージを受けず、自分のほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる。

他言語版での名称

英語Vulpix
イタリア語Vulpix
スペイン語Vulpix
フランス語Goupix
ドイツ語Vulpix


進化

ロコンキュウコン(ほのおのいし)

Mozila


容姿

茶褐色の胴体を持ち、先端がカールした6本の尻尾を持つ。
小型犬に近いキツネの様な姿をしており、ダークブラウンの瞳と小さな口、正三角形に近い丸っこい耳を持つ。
頭の上にも尾と似た毛が3本生えており、尾と同様の橙色をしている。腹部は薄黄色であるほか、4本の足は半分より下側が胴体よりも濃い茶色をしている。
見た目がかわいらしく、イラストの題材として人気が高い。

概要

初出は赤・緑。 
名前の由来は恐らく「ロク(数字の6)+コン(キツネの鳴き声)」。
元々同じくほのおタイプのポケモンであるガーディと対となるポケモンであり、
ロコンは『赤』で出現しないが、代わりにガーディが『緑』で出現しない。
♂♀の比率においても♀の方が多く、♂が多いガーディとは正反対となっている。
ゲーム中同時にロコンとガーディが手に入るのはピカチュウバージョンのみである。

野生では「ポケモン屋敷」や「おくりびやま」など霊的な場所か、その付近の道路に生息していることが多い。

進化後のキュウコンに劣らない魅力のある尻尾をもっている。そして『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』のドット絵がひじょうにけしからんのも特徴である。モフモフサセテー
ポケモン図鑑によると生まれたときは尻尾が一本しかないようである。……が、タマゴから孵った時点で既に尻尾は六本ある。ポケモン図鑑にはよくあること。

ポケダン空では新たな主人公・パートナー候補となっている。
相手を長時間行動不能にする「ふういん」のおかげで、いざというときに頼りになる。

色違いは尻尾と頭の毛が橙色に毛並みが薄い色になっている。

ロコン



ゲーム上の特徴

「とくこう」及び「とくぼう」は平均的だが、「HP」が低く、「こうげき」と「ぼうぎょ」は下位20%に入る。
ほのおのいし」を使うことでキュウコンに進化する。石を使って進化する他のポケモン
と同様、進化後はレベルアップしても新しい技を覚えない。

アニメのロコン

タケシのロコン(一時的)

大好き!


CV: 愛河里花子

元はタケシの憧れのポケモンブリーダー・ユキの手持ち。
無印編28話で出会ったタケシに懐き、ユキが「自分よりも大事にしてくれる」と期待してタケシに預ける。
同170話でユキの元に返されるまで、長らくタケシの主戦力として活躍。厳密には「手持ち」ではないがパートナー的存在として扱われており、無印メンバーが勢揃いした楽曲「みんなであるこう!」にもタケシと共に参加している。

使用技は「ほのおのうず」「かえんほうしゃ」「でんこうせっか」「こうそくいどう」。

オーキド校長のロコン

サン&ムーン編1話にて、タマゴの状態で初登場。サトシオーキド博士に頼まれ、オーキド校長の元へ運んだ。
その後はオーキド校長に世話されており、同14話にて孵化。直前に生まれたアローラロコン(通称「シロン」)がリーリエのパートナーとなった一方で、こちらのロコンは引き続きオーキド校長が面倒を見ることとなった。

人見知りなシロンとは対照的に人懐っこく、サトシやピカチュウたちともすぐに仲良くなる。

現時点での使用技は「ひのこ」。

リージョンフォーム

雪


基礎データ

タイプこおり
たかさ0.6m
おもさ9.9kg
とくせいゆきがくれ/ ゆきふらし(隠れ特性)

ポケモンSMから登場する、アローラ地方の環境に適応するために、姿を変化させたロコンの姿。
アローラロコン

関連イラスト

ロコンの日
ロコンの日
ロコンの日2011
ロコン



関連タグ

ポケモン一覧 ほのおタイプ
ポケモン RGBP FRLG
キュウコン
ロコンの日
Firefox

キツネ仲間
ゾロア フォッコ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロコン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5989542

コメント