ピクシブ百科事典

ロックマンワールド

ろっくまんわーるど

「ロックマンワールド」は、カプコンより発売されたGBのアクションゲーム「ロックマンワールド」、及びそれ以降発売されたシリーズに関係する作品に付けられるタグ。主にシリーズオリジナルキャラである「ロックマンキラー」のイラストなどにつけられることが多い。
目次[非表示]

ロックマンワールドとは、カプコンから発売されたゲームボーイ用のアクションゲーム
及びその作品を第一作目としたシリーズの総称である。

概要(シリーズ)

ゲームボーイで発売されたロックマンシリーズ。
外注作品であり、2以外は全て同じ会社が開発を担当している。
1~4は、ファミコン版の二作からボスを4体ずつ採用しているのが特徴のひとつ。

概要(作品)

ロックマンワールドシリーズ一作目。
ファミコン版『ロックマン』及び『ロックマン2』を元に再構成したアレンジ移植作品。

1のシステムがベースで、スライディングやチャージショット、E缶等が登場しないのもあり難易度は高め。

登場ボス

ロックマンよりカットマンアイスマンファイヤーマンエレキマン
ロックマン2よりバブルマンクイックマンフラッシュマンヒートマン
オリジナルでエンカー

評価

問題点はいくつかあるが、アクションゲームとしての出来はよく評価は高い。
カットマンがオリジナル版より強く、オリジナル版では強敵の部類だったファイヤーマンが難易度をやや落としてあったりする。珍しく炎系の武器が二つあるのも特徴的。


ロックマンワールドシリーズの開発会社とは?

エンディングにスタッフロールが無い為長らく明らかになっていなかったが、当時滋賀県に存在した『水口エンジニアリング』という会社が『2』を除いて担当している。他にもソーラーストライカー・ゲームボーイ版バイオニックコマンドー・ロックマンメガワールドロックマンX3にも携わっていたという。
また、同社に所属していたプログラマー兼コンポーザーで現在は京都府のソフトウェア会社「ビットグルーヴ」の代表取締役社長の村田幸史氏が3と4のサウンドを担当していた。4の頃はフリーであったらしい。なお、ワールド1の頃には既に在籍していたがサウンドは別のスタッフが既に行っていた為、ワールド3で念願のサウンド担当になったという。
村田氏はかつて複数のソフトハウスに在籍していたようで、コナミにも一時期いたようである。
ロックマンワールド1・3・4・5の開発会社はほぼ村田氏の個人ブログから明らかになっている。

ロックマンワールドシリーズは外注製作による計画で始まっており、ロックマンワールドとロックマンワールド2が1991年に短期間で二作リリースされたのも外注委託が別々だったからだと思われる。
「水口エンジニアリング」が手掛けたものが本家を上手くリスペクトしていたのは、企画マンがロックマンという作品を理解していたからだとされている。


関連タグ

ロックマン
ロックマンワールド2 ロックマンワールド3 ロックマンワールド4 ロックマンワールド5
ロックマンキラー エンカー パンクパンク(ロックマン)バラード

外部リンク

ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「ロックマンワールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45211

コメント