ピクシブ百科事典

ロビタ

ろびた

ロビタとは、漫画『火の鳥』等の手塚治虫作品に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:牛山茂

火の鳥 復活編』にて初登場。サイボーグの青年・レオナ・宮田とOL型アンドロイドチヒロ」の精神が融合して誕生したロボットで、普通のロボットと違い人間臭い感情を持っていた。
なお、本来レオナは「チヒロに僕の心をやってくれ」とドクに頼んでいたのだが、人間一人分の人格記憶を完全に移すにはチヒロのボディでは耐えられなかったため、このような福助人形やこけしのような姿にされてしまった。元々は長いが生えていたが、重心が高くなりすぎて歩くことすら困難だったため取り外され、尻のローラーで滑走するようになった。
最初こそレオナの人格が残っていたものの、やがてチヒロの精神が電子頭脳の殆どを占めるようになり、レオナの肉体を乗っ取った臓器密売組織首領から「お前は私の身体の元の主だろうが!!」と言われた際には「イイエ ワタシハチヒロデス」と即答し、彼女(?)を完全に発狂させてしまった。
やがて臓器密売組織が同士討ちにより滅亡すると無人の荒野に放り出されてしまうが、とある技師に引き取られ、その家庭で家族の一員として暮らすようになった。

その人間臭さが愛され、最初はたった一体だったロビタのコピーが大量に生み出されることになるが、その精神は「一は全、全は一」であり、一体が無実の罪で死刑判決を受けた(が、その農場で働いていたロビタ全員がかばい合ったため結局数百体全員が溶解処分刑となる)際「一人が死刑になれば全てのロビタが死ぬだろう」との言葉を残し、その言葉通り死刑判決を受けたロビタが死ぬと同時に地球上の全てのロビタが溶鉱炉に身を投げ集団自殺を行い、ただ一人月に居たロビタのみ自殺する手段が無かったため機能停止状態で生き残る事になる。

なお、この自殺の際のロビタの行進シーンはデジタル作画のデの字も無い(コピー機さえまだそれほど普及していない)時代に手塚治虫アシスタントに任せず一人で描いたという伝説が有る。

月のロビタは世捨て人の猿田博士に引き取られ、彼の生きざまに惚れて助手を志願する。
しかし人類が核戦争で滅亡すると、ヤマトを捨て猿田研究所に逃げ延びたロック・ホーム光線銃で撃たれ、高台から落ちて完全破壊される。
かくしてロビタの歴史は、人類と時同じくして完全に潰えるのだった。

鉄腕アトム版

ASTRO BOY 鉄腕アトム』ではフォルムこそほぼそのままだが、顔や手等細部は大幅にデザインを変更されて登場(CV:龍田直樹)しており、お茶の水邸の家事一切を仕切る傍ら、アトムウランの育児兼教育ロボットの役割を果たし、お茶の水博士の世話と併せて多忙を極めている。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ロビタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 230076

コメント