ピクシブ百科事典

ロリータ

ろりーた

「少女・幼女」を意味する俗語。その他さまざまな意味でも使用されている。
目次[非表示]

ロリータ(Lolita)とは

  1. ウラジーミル・ナボコフによる小説。中年男性の異常な少女愛を描く。『ロリータコンプレック]』の語を生んだ。 → ロリータ(小説)
  2. 1.から転じて、少女。また、あどけない感じのする女の子を指す俗語。
  3. フリルレースを多用し、幼さを強調した独特なファッション → ロリィタファッションまたはロリィタ


本頁では2.について記述する。

概要

少女幼女』を意味する俗語
pixivでは、主に幼い少女(または幼女)が描かれた作品に付けられるタグとして扱われており、ほとんどがR-18の作品で占められている。

元々「ロリータ」とは、ウラジーミル・ナボコフの小説『ロリータ』のヒロインの愛称である。この作品は中年男性がヒロイン・ロリータに向ける異常な少女愛を描いており、そこから「幼女・少女へ性的嗜好や恋愛感情を向ける男性」をロリータコンプレックス=ロリコンと呼ぶようになった。やがてそこから『ロリータ』という言葉が「ロリータコンプレックスの対象となる少女・幼女」を指す俗語となった。

『ロリータコンプレックス』とは「幼女・少女への性的嗜好や恋愛感情」を意味する。つまり、10代の少女が特別に好き(嫌い)等といった具合である。さらに『ロリコン』と略す場合は「幼女・少女への性的嗜好や恋愛感情を持つ者」を指す事が多い。
日本においては、特に「女子児童(18歳未満の女性)に特別な感情を抱くこと。またはそのような人物」を指す場合が多い。

一般的にロリータは、以下の意味合いで用いられる。

  • 10~17歳程度(またはそれ未満)の少女、あるいは幼女。
  • 「少女らしい」外見の女性。
  • 「少女らしさ」を強調した装い(いわゆるロリィタファッション)の人物、もしくは単にロリィタファッションの略称。

なお、「ロリィタファッション」の意味合いで「ロリータ」と称することはあっても、幼女(少女)の意味合いで「ロリィタ」と称することは多くない。そのため、混同されることを嫌い、幼女・女性児童を「ロリータ」、ファッションのジャンルを「ロリィタ」と表記を区別する傾向がある。

前者と後者では細かな意味合いが異なるが、“少女らしいかわいらしさ”を含有するという点では共通している。

ロリータ(幼女・少女)関連イラスト

普通の幼女ちゃん
【橘ほのり】 『ほんのりグレープフルーツ炭酸水』擬人化


ロリィタ(ファッション)関連イラスト

幼天使の呗
Lolita



関連タグ

少女 幼女 女の子 ロリ ロリィタ
女子小学生 女子中学生 女子高生 児童
ロリィタファッション ゴスロリゴシックロリータ / ゴシックロリィタ
ロリータ(小説)

おにロリ おねロリ

他の記事言語

Lolita

pixivに投稿された作品 pixivで「ロリータ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4619452

コメント