ピクシブ百科事典

ロールパンナ

ろーるぱんな

ロールパンナは、『それいけ!アンパンマン』に登場する主要キャラクターの一人。
目次[非表示]

概要

CV:冨永みーな

対象年齢0歳~と言っても過言ではない国民的な幼児向けアニメでありながら、その中でひと際異彩を放つキャラクターである。そのため、小さなお子様は勿論そのご両親やいわゆる大きなお友達からも注目され続けているキャラクターである。

私が私にもどる瞬間、



誕生の経緯

メロンパンナ、バタコの妹として、ジャムおじさんの手で作られたパン戦士の一人。アニメでは1994年9月19日(関東地区での放送)の300回記念の時に初登場した。
メロンパンナが偶然見つけたまごころ草という珍しい花の花粉と、メロンパンナのメロンジュースを生地に混ぜ、「ひとに優しく、ひとに尽くすように」との願いを込めて作られた。

ジャムおじさんは当初「メロンパンナのお友達に」と構想していたが、彼女の希望により「お姉ちゃん」として制作することになった。
しかし、話を聞きつけたばいきんまんによって製作中のパン種にばいきん草のエキスを混ぜられてしまったため、の二つの心を持つという宿命を背負って誕生してしまった。彼女の胸にある赤と青、二つのハートマークはその象徴である。また公式設定では悲劇のヒロインと言われている。

誕生自体はメロンパンナの後だが、アンパンマンワールドにはこういった概念がないので、誰もが望めば兄や姉、弟や妹が作れる世界なのだろう。

こうしたシリアスな設定のためか、近年のアニメでは登場する回数が少なくなっており、年に数回ぐらいしか登場しないが、前途のように子供から大きなお友達まで人気のあるキャラクターなので、今後の活躍も期待できる一人であろう。

二つの心

ふたつの心
ロールパンナ
ブラックロールパンナ


善状態では赤いハートが光り、悪状態では青いハートが光る。
また、悪状態に染まると体色がブラック化し瞳の色も青緑→赤に変わる(初期の頃は外見変化の設定はなかった)。
ロールパンナのキャラソンである「ふたつの心」は、善悪双方の心理描写を見事に表現した名曲である。
(作詞:やなせたかし・作曲:本島一弥・唄・冨永みーな)

普段のロールパンナ

善状態のロールパンナは、冷静沈着かつ寡黙でありつつ花や動物を愛する優しい性格で、メロンパンナやクリームパンダにとっては良き姉である。しかし本人は、悪の心の存在やアンパンマンとの関係に引け目があるのか、妹達に懇願されてもパン工場へ帰ることを拒否している。
今は『くらやみ谷』などで独り野宿をして暮らしているようだ。

普段は善状態が続いているのだが、人知れず悪の心と常に戦っている。
そのため積極的に他者と関わろうとはしないが、誰かが危機に瀕していると反射的に助けたり、自分に向けられた好意や親切には少なからず答えたりもする。

劇場版『うきぐも城のひみつ』では、大量の『まごころ草』に囲まれ、その花の成分によって善の心が急激に強まり、メロンパンナも驚くほど女の子らしくなったことがある。その際に、「戦いは嫌です」と発言し戦闘を拒んだ。

絵本でブラック化することは少ない。むしろ『アンパンマンにはないしょ』『アンパンマンとバナナダンス』のように、みんなが集まっているところに自然に紛れ込んでいる描写がとても多い。

近年では、特に戦うことなく、悩みを持つ者の相談相手となるケースが多い。
善悪両方の心を持ち、常に思い悩んでいるからこそ、良き相談相手となれるのだろう。

ブラックロールパンナ

『ばいきん草』のエキスを大量に与えられるなどして、赤いハートが非常に弱まると、善状態の記憶が著しく欠落し、体が黒く染まる。この状態は「ブラックロールパンナ」と呼称されることがある。
主にばいきんまんがそう呼んでいるが、ブラック化したロールパンナ自身が名乗ったこともある。

生まれた直後にアンパンマンはお前の敵だ」と、ばいきんまんによって刷り込まれたため、アンパンマンと関わる度にほぼ必ず青いハートが光り、出会い頭に即戦闘となることもしばしばある。

ばいきんまんからアンパンマンの話題を振られると、過剰にブラック化する傾向にあるようだ(2009年10月∼2015年10月では、まごころ草の心が強くなっていたのか、アンパンマンに反応しても悪い心が反応しないことが多かった)。

ブラック化すると、ばいきんまんの命令を聞いて人々が嫌がり困るような事を進んで行うようになる。
しかし、どんな状況においてもメロンパンナの声にだけは反応し、自我を取り戻す。さらにメロンパンナの「メロンジュース」は、ロールパンナのブラック化を解除する特効薬とも言えるだろう。

継続時間

悪い心の原動力である『ばいきん草』の効果は時間経過で薄れるため、特殊なケースを除き、ずっとブラックロールパンナのままでいることはない。『ばいきん草』の成分が薄れるとアンパンマンへの敵対心も薄れるため、その事に気づいたばいきんまんは、定期的に『ばいきん草』のエキスを注入しなおしているようだ。

ローーーーーッッラァァアアア(巻き舌)


完全なブラックロールパンナ

本編654話『ふたりのロールパンナ』では善悪に分割し、劇場版『それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!』ではまごころ草の成分を抜き取られるという形で、善の心が無い完全なブラックロールパンナが登場した。どちらの事件もドクター・ヒヤリが関与している。

こうなってしまうと破壊と闘争を好み、アンパンマンのみならず「すべて壊す!」と言い放っている。
創造主とも言えるばいきんまんの言う事も聞かなくなり、最愛の妹であるメロンパンナですら攻撃の対象となってしまう。その戦闘力は尋常では無く、アンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマンをいずれも軽々とあしらい、更に電撃・石化能力が加わる。

能力と特徴

相手の弱点を的確につく沈着冷静で迅速な戦闘を見せてくれるので、他のパン戦士よりも頼もしく見える場面が多々ある。

ロールリボン

新体操のリボンのような武器で、パン戦士にしては珍しい標準武装としての得物。
伸縮自在で打撃や拘束、風を起こす事もでき、非常にチートで有力な武器である。
なお、ロールリボンは二本所持しており、時には両手持ちで扱うこともある。

飛行能力

身体能力も高く、特に飛行速度は抜きん出て速い。効果音と演出が他のパン戦士と明らかに違っている。
余談だが、飛行の際に腕を前に伸ばさないのは彼女だけである。
ロールリボンが切れた際には、パンチやキックで戦うこともできる。

耳が良いのか、テレパシー能力があるのか分からないが、妹の呼び声や悲鳴を聞きつけるとどんなに遠く離れていてもマッハで飛んで来てくれる。彼女が助けに入ると、大抵の敵は一掃してくれるので安心感がはんぱ無い。しかし同時にパワーバランスが崩壊することもしばしば…。
なんらかの形でロールパンナを戦闘不能にしなければ、主人公の活躍が失われてしまうほどである。

電撃・石化能力

ブラック時のみ、電撃と石化能力が使える。この二つの特殊能力は潜在的なものらしく、善状態の時にはよほど切迫しないかぎり使えないようだ。また、ばいきん草の成分を大量に注がれた際に、電撃を浴びせた相手(しょくぱんまんとカレーパンマン)をブラック化させたこともある。

二次創作における扱い

大きく分けて、アニメ基準の『原型』と『擬人化』がある。
強くて優しくて美人で影があるうえギャップ萌え要素も備え持っているので、彼女単体でも人気が高いのではないだろうか。

パンナ姉妹ロルロラ
本編におけるメロンパンナとの姉妹愛が非常に堅いので、百合的な表現に用いられることが多い
また、劇場版『うきぐも城のひみつ』は大きなお友達からは百合映画として絶賛されている。

お花畑で
星空



アンロール
アンパンマンとの関係性が幼児向け作品とは思えないほどシリアスかつ不憫なので、いつかは二人が打ち解け合って幸せになって欲しいという願いから、アンロールも人気である。

おかえり。
待ってるよ


トリビア

  • 劇場版『虹のピラミッド』にて、ジャムおじさんに代わってアンパンマンの顔を制作したことがある。また、バタコさんに代わって破れたマントも繕った。
  • いつも覆面をしているため、飲食をする場面が見られないが、「ロールパンナとドクダミ夫人」で一度だけドクダミ茶を飲んだシーンがあった。その際に覆面を外したと思われるが、後ろを向いていたため、やはり素顔は謎のままである。
  • ゲームボーイソフトの『それいけ!アンパンマン 不思議なにこにこアルバム』にて、赤と青二つのハートを同時に失ったことがある。その際、意識はあれど言葉を発しない廃人状態となっていた。(因みに、ハートを奪ったのはばいきんまんである。)
  • 原作者のやなせたかしは、ロールパンナを制作する際、「今までのキャラクターとは一風違った性格にしたい。そうだ『ジキルとハイド』で行こう。」という事で2つの心を持つ設定を作った。自伝的読み物『アンパンマン伝説』(フレーベル館、1997年)の中で、「こんな複雑なキャラが赤ちゃん向けのアニメに出るか?」と書いていたことがある。またやなせ本人は良いロールパンナより悪いロールパンナが魅力的で好きだと発言している。
  • また、キャラクター作成の際宝塚歌劇団の男役も意識したらしい。この為か、実は善状態でも女言葉になることはまず無い。
  • ロールパンナのかけ声である「ロォーrrrルァーーー!!」という独特な巻き舌はターザンをイメージしているという。初期は「ローラララー」に近かったが、中の人は非常に演じにくそうにしていた。また、初登場時は現在より幼い声質だったが、数年で激変している。
  • 頭巾の下から除く顔が肌色だったり前髪のように見える部分があったりと、一見、人間のような外見だが、アンパンマンら他のパン戦士同様、生きたパンである。ロールパンのモチーフはおそらく顔に巻かれたたターバンのような頭巾という意匠なのだろう(ロール=巻く)


関連タグ

アンパンマン メロンパンナ ばいきんまん ジャムおじさん
おくちロールパンナ イケパン Lロールパンナ ローラ姫
パンナ姉妹 アンロール ロルロラ
人造人間キカイダー…善悪双方の心に翻弄され、苦悩するという設定がロールパンナと共通しており、しばしば比較される。
闇ヒカル・・・上の兄弟(姉妹)である事、瞳が紅色になっている事、凶暴になっている事がブラックロールパンナと共通している。
双子座のサガ・・・双子に兄である事、常に善と悪の心に苦しんでいた事(後に完全に悪の心は浄化される)、悪の人格が主導権を握ると髪は灰色になり目は真っ赤になるなど風貌に変化が現れる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ロールパンナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1995392

コメント