ピクシブ百科事典

ローレンス・ブラッド

がちほもにされたとうぎゅうし

ローレンス・ブラッドとは、餓狼伝説シリーズに登場する架空人物
目次[非表示]

「ククク…苦痛に歪むその顔、最高だ…」

プロフィール

初出作品餓狼伝説2
格闘スタイル闘牛
出身地スペイン
生年月日1960年9月4日
身長195cm
体重95kg
血液型B型
趣味フラメンコギター
大切なもの名誉
好きな食べ物ビーフシチュー
嫌いなもの女、子供
特技流し目(自信過剰)
得意スポーツフェンシング
職業シュトロハイム城・警備隊長(『RBS』)


人物

餓狼伝説2より登場した闘牛士。
時の流れがキャラを作る。そんなケースが存在する事を証明する悲運のキャラ。(後述)
餓狼伝説2において、ラスボスである「ヴォルフガング・クラウザー」の前の中ボスとして登場。
しかしクラウザーの右腕的存在ではあるのだが、クラウザーへの忠誠心は薄い模様。のだが、アニメ版では忠誠心は厚くなっている。同じく三闘士のアクセル・ホークとは両者とも実力を認め合っている。
「餓狼SP」及び「RBS」以降での自身が優勝するとクラウザーに反旗を翻そうとする一方、クラウザーが優勝する際無理やり力試しされてしまうのである。その一部始終をファンは「Let's ホモトーク!」といわれている。

餓狼伝説シリーズ屈指のヘタレ?

素手で闘牛の牛をひねり殺したり、対戦相手の苦悶の表情を楽しんだりと、何かと冷徹なイメージが付きまとう彼ではあるのだが、外部出演では小悪党じみた演出を施されている。
まず「むこうぶち」の作者・天獅子悦也が手掛けた餓狼伝説のコミックスでは、クラウザーの命でサウスタウンの支配に出るが、当の本人はサウスタウン支配を足がかりに下剋上を狙う、重傷から復帰したばかりのギース・ハワード相手に全く歯が立たず、当て身投げで投げ飛ばされた揚句にサーベルを折られ、とどめにクラウザーへ対する宣戦布告の為のメッセンジャー役を押し付けられている。
そして餓狼伝説のコミックス版と言えばコレだが、テリー・ボガードに手も足も出ずにビームサーベル(!)を用いたり、それでも撃退され戦車を持ち出すも素手で破壊された揚句、「男なら拳一つで勝負せんかい!」と言う名言(迷言?)を引き出したりともう何が何だか。

どうしてこうなった・・・まさかのガチホモ

さてローレンスのプロフィールで何かと目を引くのが「嫌いな物:女、子供」であるが、これは元々「戦いの中で足手まといになる」と言う理由で嫌っていたのだが、ファンの二次創作として半ばギャグとしてガチホモ扱いされていた。
しかしながら久々の復活となったRealBout餓狼伝説Specialでは、特定のキャラ・・・っつーか美形キャラ相手にバラを投げながら、何やら甘い言葉を投げかけると言う演出が・・・
嫌いとは言え、ガチホモでは無かったはずなのだが・・・あるぇ?

関連動画


上記の要素の為に人気は皆無に等しいが、曲だけはかなりの人気がある。


こちらはアレンジ版でよりスペインらしくなっている。もちろん曲は非常に良い。


リアルバウトスペシャルで復帰した際に使用されたステージBGM。相変わらずキャラ人気は最低に近いが、曲だけは無駄に良い


こちらはアレンジ版。イントロの段階で本気度がハンパない。本当に曲だけは無駄に良い

pixivに投稿された作品 pixivで「ローレンス・ブラッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4956

コメント