ピクシブ百科事典

ワイト

わいと

死霊の一種、『遊戯王OCG』のものが有名
目次[非表示]

ワイトとは、『指輪物語』・『D&D』などから登場する由緒正しきアンデッドモンスターの一種。
最近では、『遊戯王OCG』に闇属性アンデット族通常モンスターとして登場した。

カードテキスト

ワイト

闇属性・星1
【アンデット族】
どこにでも出てくるガイコツのおばけ。攻撃は弱いが集まると大変。
ATK/ 300 DEF/ 200

解説

遊戯王OCGのなかでも最初期に登場したカードの一枚。効果を持たない通常モンスターで、その攻撃力・守備力もかなり低い。「集まると大変」らしいが、OCGにおいてデッキに入れられる同名カードは3枚まで。よって、3体集まったとしてもその攻撃力は合計たったの900。
ここまでステータスが低いと何の役にも立ちゃしないよ!ということで登場当初からネタにされていた。

しかし、一方でネタにされ続けるあまり愛着がわいた人もいるようで、一部ではそのささかやな攻撃力がかわいいじゃないか!と主張する熱狂的なファンも現れはじめ、「ワイトさんを使って勝とうぜ」というファンデッキまで誕生したくらいだった。

そして、ついに「ワイト」が報われる時が来たのだった。

サポートカードの登場

ワイトキング

闇属性・星1
【アンデット族・効果】
このカードの元々の攻撃力は、自分の墓地に存在する「ワイトキング」「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体をゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。
ATK/ ? DEF/ 0

2005年2月に登場したブースターパック「THE LOST MILLENNIUM」で登場したこのカードは、「ワイト」の存在価値を莫大に上げた。
「ワイト」3枚と「ワイトキング」2枚が墓地にある状況なら、このカードの攻撃力はなんと5000。さらに、のちに登場した「ワイト夫人」「ワイトメア」は、墓地で「ワイト」として扱う効果を持っているので、これらと合わせれば最大なんと11000という凄まじい攻撃力となる。
おまけにレベル1であることを活かし、「光学迷彩アーマー」を装備させれば直接攻撃も可能。

「集まると大変」なワイトだが、実際に「墓地に集まると、ワイトキングの攻撃力が上がって大変」ということになってしまった。「ワイト」はネタどころか実戦デッキにまでランクアップしてしまったのである。

・・・のだが、現在は「ワイト夫人」「ワイトメア」が優秀な効果を備えているので「ワイトキング」を使うデッキに「ワイト」はいらないという状況になりつつある。あえて「ワイト」を使うならば通常モンスターである点で差別化することになるだろう。
そのため本家「ワイト」に関するサポートカードの登場が期待されていたところ、そうした(一部の)デュエリスト達の願いが届いたのか、墓地に送られた時に「ワイト」を「ワイト夫人」と共に手札やデッキから墓地に送りつつ自身も墓地では「ワイト」として扱う「ワイトプリンス」が登場した。
これで墓地の「ワイト」の数を一気に3体分も増やす事が出来るようになるため、本家「ワイト」を採用する事に大きな意義が出来たと言える。
これでワイトキングの最大攻撃力は14000となった。

「ワイト」出演カードの一覧

「ワイト」はスタッフからの人気も高いようで、低レベル通常モンスターアンデット族に関連する効果を持つ魔法やモンスターのイラストにゲスト出演していることが多い。
ちなみに一応、これらのカードの効果はすべて「ワイト」に適用可能である。

モンスターカード

  • ゾンビ・マスター」 … よく見ないとわからないが、イラストの左側奥のほうにいる。ゾンビ・マスターが他のアンデットを蘇生しているのを眺めている。順番待ちだろうか。
  • 魂を呼ぶ者」 … 蘇生されている。何気にローブが脱げており、セクシーショット。いやん。
  • ワイトプリンス」 … 効果については上記を参照。骨犬マロンを連れて歩くワイトプリンスをワイト夫人と共に後ろから見守っている。ワイトプリンスに伴って墓地へと向かっているのだろうか。

魔法カード

  • アンティ勝負」 … アンティ(賭け)のカードとして「ワイト」のカードが提示されている。カード効果ではレベルの高いモンスターを出した方の勝ちのはずだが、「ワイト」のレベルは1。案の定負けたのか「ワイト」を黒い渦のような物に放り込んでいるようにも見える。そもそもこの人、勝つ気はあったのだろうか?あるいは逆に手札に低レベルモンスターしかいない所をこのカードで狙われてしまった、という場面を描いているのかもしれない。
  • 弱者の意地」 … 骨にヒビが入りながらも、意地を見せる「ワイト」。さすがワイトさんパネェっす!
  • 即神仏」 … 僧侶のような人が「ワイト」になっている。こうしてワイトは誕生した・・・のだろうか?ちなみに即仏ではなく即仏である。
  • ダーク・バースト」 … 墓石を破壊した爆風で吹っ飛んでいる。カード効果で墓地から手札に戻されているようだが、なんとも荒々しいやり方である。
  • トライワイトゾーン」 … 「ワイト」3体が蘇生されている。「トライワイト」で「ワイト3体」ということだろう。
  • 大金星!?」 … モンスターカードをトランプの代わりに使用してポーカーを行っている。一方のプレイヤーにはワイト系カード4種類が揃っており、ポーカーで言う「同じ数字」として扱うならフォー・オブ・アカインドフォーカード)という強力な役となる。しかし、その相手であるサンド・ギャンブラーの手にはエクゾディアの両手両足とまだ開示されていないカードがあり・・・

罠カード

  • エンジェル・リフト」 … 二人の天使によって持ち上げられている。体重は軽いのかもしれない。
  • ヘル・ブラスト」 … よくよく見てみると、爆破されているモンスターが「ワイト」。ちなみに「ヘル・ブラスト」の効果で「ワイト」を破壊した場合、お互いが受けるダメージは150ポイント


漫画・アニメでの「ワイト」

原作

遊戯が海馬の家に招待された際にコレクションルームに展示されているのが確認できる。
「闇遊戯vs海馬」戦において遊戯が使用。守備表示で召喚されるが、巨大化を装備したミノタウルスに素手で握りつぶされ、闇遊戯は「アンデット系カードではどうにも相手にならない!」と発言している。

東映版遊戯王

武藤双六が使用。

遊戯王GX

アカデミアの古井戸に捨てられていた弱小カードの1枚。万丈目に引き取られた。
また、幼少期の十代の友人であるオサムが使用。、「マーダーサーカス・ゾンビ」・「ドラゴン・ゾンビ」とともに場にいたことでアニメオリジナル罠カード「パーフェクトカウンター コード1・2・3」の発動条件を満たし、十代の「ユベル」の召喚を無効にした。その後、それらと共に直接攻撃を決めた。

遊戯王5D's

「龍亞vsミシェル」戦においてミシェルがドローしているのが確認できるが、召喚されることはなかった。
また、チーム太陽が考案したデッキの中に最低でも2枚投入されており、吉蔵のデッキにも入っている。

ゲームでの「ワイト」

一部の作品では、「ワイト」の攻撃でとどめを刺すと「ワイトボーナス」としてポイントがもらえるものも存在する。
また、タッグフォースでは瀬良あゆみがデッキに入れている。デッキ名は「パパとママのデッキ」であり、このカードと共に「ワイト夫人」も投入されている。つまり、彼女のパパとママは・・・。

関連イラスト

遊馬「あるんだよ、それが!!」
死を想え


ペイントリオ
はっぴーにぇいーうぇいあぁあーーーーーー2011ぃ〜




関連項目

遊戯王OCG 通常モンスター アンデット族
ワイトキング ワイト夫人 ワイトメア

原作・アニメ・ゲームの使用者、所持者、チーム

海馬瀬人 闇遊戯 武藤双六 万丈目準
瀬良あゆみ チーム太陽

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45102

コメント