ピクシブ百科事典

ワイヤーフレーム

わいやーふれーむ

 ワイヤーフレーム (wire frame) とは、3次元コンピュータグラフィックスにおけるレンダリング手法の1つ。3次元物体を線形状のみで表現する。

時代背景

3DCG黎明期より、3次元モデルを2次元の描画面に投影する場合の最も基本的な手法であった。原理は簡単で、3次元座標を持つ複数の点を一定の順序で結んでいくことで立体物を描画するものである。
 リアルタイムにCGを描画する場合、最も現実的なレンダリング手法がワイヤーフレームであり、かつてはCGといえば、その多くはワイヤーフレームモデルであった。また初期のベクタースキャンディスプレイに適した描画手法だった事もあったが、その後ラスタースキャンディスプレイが普及すると共に、線分をピクセルに変換するアルゴリズムが考案された。さらに陰線消去や塗りつぶしにより擬似的に面を表現する事で、より立体的なモデルを描画する事も可能になった。但し陰線は今でも消さずに、残しておくことで敢えて未来的なイメージを残したものもある。

もしかして⇒シルフィード


いやまさか?⇒ユウゲンマガン

pixivに投稿された作品 pixivで「ワイヤーフレーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11009

コメント