ピクシブ百科事典

ワタリ

わたり

ワタリとは、『DEATHNOTE』のキャラクター。もしくは、白土三平による忍者マンガ。

DEATHNOTE』のワタリ

CV:小林清志/実写映画での役者:藤村俊二

1933年(アニメ版では1936年)5月1日生(70–71歳) 身長175cm 体重51kg 血液型 B型 好きな物は「アールグレイ」嫌いなものは「汚い部屋」
命日は2004年(アニメ版では2007年)11月5日。
Lの実質的な右腕とされる紳士的な老人。最初はトレンチコートにソフト帽で素顔を隠した姿だったが、作中に素顔を現してからは、前の格好は一度もしていない。
Lの代理人として各地に出向き様々な人物と接触する。その正体は第一部ラストにおいて、キルシュ・ワイミー(Quillsh Wammy)という名の偉大な発明家であったと発覚する。彼はその発明資金で世界各地に孤児院を創設していた。そのひとつがワイミーズハウスであり、院長ロジャーを通して、道楽で才能豊かな子供達を育てあげていた(尚、ワイミーズハウスらしき孤児院施設は『L change the WorLd』の最後にロジャーらしき人物と共に登場する)。
狙撃手(スナイパー)としての実戦的な能力も合わせ持ち、上空停止中のヘリから、狙撃銃を用いてヨツバキラの運転する車のタイヤを撃ち抜き、さらに自殺を図ろうとした彼の拳銃を弾き飛ばすといった活躍を第一部終盤で披露する(原作のみ)。
原作では、Lが海砂の逮捕を示唆したため、Lもろともレムに名前をノートに書かれ心臓麻痺で死亡した。亡くなる直前にコンピュータに記録してあるデータをすべて抹消した。
アニメでは、Lの死の直前のエピソードにおいて、Lとワタリの本来の上下関係を示唆する発言が追加されている。

忍者マンガの『ワタリ』

ワタリ


作者は白土三平

伊賀、甲賀どちらにも属さない第三の忍者「ワタリ一族」の少年忍者。
日々いがみ合い争い続ける伊賀、甲賀の下忍たちの影に何者かの謀略のにおいを感じ取り、
同族の老忍、四貫目と共に陰謀を暴くべく戦い続ける。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワタリ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150153

コメント