ピクシブ百科事典

ワープ

わーぷ

宇宙空間を超光速で移動する架空の手段。

warp。原義は「歪み」。
宇宙船等が空間を歪ませる事で近道を作り上げ、光年単位の遠方さえも一瞬で移動する航法。
良く挙げられる比喩としては「地図上の二点を繋ぐ最短距離は?」と言う問いに対し「地図を折り曲げて距離0」と答えるもの。

アインシュタイン相対性理論により「質量を持つ物体が光速以上になる事は不可能」と言う事になってしまった為に作られたSF設定。それ以前のスペオペヒーローは「光の5倍の速さの宇宙船」とかで宇宙を飛び回っていた。

現実的には、
三次元空間を歪めるために必要なエネルギー量が、全宇宙が内包出来るだけの分量を上回っている為、結局は不可能
・・・とされているが、今なお多くの者がこの夢の無い説をひっくり返してくれる天才・・・もとい神の降臨を待ち望んでいる・・・

関連タグ

SF 恒星間飛行
どこでもドア 旅の扉 テレポート/テレポーテーション
次元波動超弦励起縮退半径跳躍重力波超光速航法 ボソンジャンプ
宇宙戦艦ヤマト トランスワープ

スタートレックにおけるワープ

一般的に言われるワープは上記の通り「空間を歪ませて近道を作り上げる」であり、結果のみを指して超光速としているが、宇宙船の速度そのもの(近道を移動する際の速度)は光速より低い。
しかしスタートレックで使われるワープは「船体を異空間で包みこむ事で相対性理論を無視した超光速航行を可能とする」と言うものである。つまり近道など使わず、実際に光速を超える速度で飛んでいるわけである。
このバリエーションとして「一度相対性理論が存在しない異世界に移動して超光速航行をした後に元の世界に戻る」と言うものも存在する。
まぁこちらも「異空間を作り出したり異世界に行き来したりする為に必要なエネルギー量は?」と言う話になるのだが。これが可能なら理論上「タイムマシン」も作れるわけだし…。

pixivに投稿された作品 pixivで「ワープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 89396

コメント