ピクシブ百科事典

ヴァン・ダークホーム

ゔぁんだーくほーむ

ベトナム出身・サンフランシスコ在住のゲイ・ポルノ俳優、映画監督、写真家。レスリングシリーズのTDNコスギとしてお馴染み

ベトナム出身のポルノ男優
レスリングシリーズTDNコスギVAN様としてお馴染み。

来歴

元は映画俳優志望であったが、本格的にポルノ俳優としての活動を始めたのは、『Three Easy Pieces』からである。このヒットを受け、タイタン社側が、スターとして彼に『Fallen Angels』シリーズに出てくれるよう要請したが、彼の意向と社側の要請が折り合わないことで契約が履行されず、その後の彼とタイタン社の関係は決裂することとなった。その後、Muscle Bound Production社を設立、自ら監督として『Cam-Am』と『they're lords of the Lockroom』『House of Detention』といった作品を撮り続けた。この時周囲からボンデージを理解されなかった経験が、その後の彼の演技や観念に大きな影響を与えることとなった。

ボンデージやフェティシズムというものに対する有りがちな誤解を解くことを目標にしているとした上で、「アダルトビデオ業界の人間は、俺に対して何とか演技を抑えさせようとしてくる。『Van、君はそのルックスで札束の山を築き上げられるんだ。ボンデージなんてものは今すぐ脱ぎ捨てちまえ。みんな興味なんて示しちゃいないさ』って感じでね」と、後に彼はタイタン社を初めとする周囲との確執を語っている。

Jeremy Steeleと共演の『BONDO GODS vol.7』が2008年に公開された。

2008年からKivaを通し、故郷ベトナムカンボジアといった発展途上国の家庭に対して、自身のサイトから得られた利益を全て寄付する形で慈善活動を行っている。彼はこれについて、「皆は、ポルノを介して慈善をするなんて珍奇なことをしているな、と感じるかも知れない。(しかし)『持てるものを以って最善を尽くす』という言葉には誰もが共感してくれるはずだ」と述べている。

なお、アンディ・ラウ主演の映画にギャングのボスとして出演しており、その動画がニコニコ動画に出展されている。

日本におけるインターネット・パロディ

日本では、主にニコニコ動画において、ビリー・ヘリントンの出演動画に引っ張られる形で、「TDNコスギ」(多田野数人ケイン・コスギに似ているのが由来)「VAN様」と呼ばれ、彼を元にした様々なMADムービーが作られている。なお、彼の主演作品のみのMADムービーが多数制作されているところを見ると、人気は非常に高いことが伺える。なお本人はこれらに関してはファンからのメールで聞かされており、2009年11月28日のブログの中で「このようなビデオを作るには相当な時間と努力が必要に違いない。光栄に思うよ」と述べている。 なお彼はなぜ自分がTDNという名前をつけられてるのか全く解らないという。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴァン・ダークホーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49487

コメント