ピクシブ百科事典

ヴィラル

ゔぃらる

ヴィラルとは、『天元突破グレンラガン』の登場人物である。
目次[非表示]

概要

CV:檜山修之

通称「公務王」。名前の由来は「ライバル」のアナグラム(愛機の名前が「エンキ」である事からバンドデシネ作家「エンキ・ビラル」が元ネタと誤解される事が多いが、偶然の一致である)。

人間掃討軍極東方面部隊長の肩書きを持つ獣人片目隠れの金髪とギザギザのが特徴。通常の獣人と比べると見た目は人間に近いイケメンなのだが、結構三枚目色の強いコメディリリーフでもある。

生身・ガンメン搭乗時共になどを使った白兵戦を得意としており、戦闘能力は高い。
創造主である螺旋王・ロージェノムと直に会話することが許されているほど地位は高く、最高幹部である螺旋四天王とも面識もあり、後に指揮下に入った。人質などの姑息な戦法を嫌う等の紳士的な一面を持った誇り高き武人で、威厳と勇猛を兼ね備えた番長気質な性格。

初登場時はガンメン「エンキ」に搭乗。を奪われてからも「エンキドゥ」「エンキドゥドゥ」と改修を繰り返しながら、使用不能になるギリギリまで同じ機体に乗り続けた。また、アンチスパイラルとの戦いでははグレンラガンのグレン部分に搭乗した。
劇場版「紅蓮篇」では、チミルフの専用ダイガン「ダイガンザン」と同型である「ダイガンザンドゥ」に艦長として乗艦し、ダイガン「ドテンカイザン」の合体にも参加した。
「螺巌篇」では天元突破ガンメンの一体である「天元突破エンキドゥルガー」に搭乗。アンチスパイラルの一撃からニアを助けた。
「感謝するよ、流転の運命にィ!!」

作中での軌跡

ライバル時代

地上世界の湖沼で一匹のトビタヌキを巡ってカミナと遭遇。このまま戦いに発展し肉弾戦で互角以上の戦いを繰り広げた。その後ガンメンでの一騎打ちとなり、カミナのグレンを圧倒するが日が暮れるという理由から帰ってしまう(公務王)
二度目の戦いも有利に進めるが、グレンラガンへと合体されると形勢が逆転、「武士の嗜み」であるエンキのを奪われてしまう。
それ以降カミナとグレンラガンに執着するようになった。
四天王・チミルフの配下でグレン団と再び対峙。その際、直前まで入浴中だったため真っ裸だったカミナ達が服を着るまで待つという紳士の対応をした。
ダイガンザン攻略戦ではチミルフと共にエンキドゥでカミナと戦うが、すぐに倒されふっ飛ばされてしまう。そのため、カミナの死には気付いていなかった。

転落人生

上司のチミルフを失い復讐鬼と化し、グレンラガンを更に付け狙う。
四天王・アディーネに敵討ちのために同行することを願い、ビンタを何度も食らいながらも最終的に許される。
二度にわたって襲撃するも失敗し、アディーネも戦死してしまい、更に復讐の念に囚われてしまう。
四天王・シトマンドラの配下に付き大グレン団を襲撃、この戦いで幾度かの戦いを経た中でシモンとついに対面、彼からカミナが戦死した事、グレンラガンのパイロットがシモンだった事を知り、彼に負けていた事に衝撃を受け、この戦いでも敗北する。
シモンと戦う中で、獣人と人間の種的優位性を疑い始め、ロージェノムから獣人は螺旋力を生まないためにわざと不完全に作られたことを知らされる。
その後、ロージェノムから眠らなくても壊死する事の無い身体と、爆発的な自然治癒力を賜り、不老不死となった。
王都テッペリン攻防戦にてパワーアップしたエンキドゥドゥでシモンとの決戦に臨むも、シモンの際限なく高まり続ける螺旋力の前に手も足も出ず、呆気無く敗れ去る。
更に敗北直後にロージェノムから不老不死にした理由が自身の存在を後の世に伝える為の語り部とするためだったと言われてしまう(広報王)

勇者の帰還

テッペリン陥落の直後は行方不明になっていた。
7年後の世界ではエンキドゥドゥを駆り、新政府の政策に反対する地中の者達によるゲリラ活動に加担(ゲリラ王)、彼らの支えとなっていた。
しかし、ギミーダリー率いるグラパール隊との交戦を続ける中、ろくに整備出来ず長年酷使し続けてきたエンキドゥドゥはついに壊れてしまい行動不能となる。
愛機に別れを告げ、逮捕された際、ギミーによる通信上で総司令であるシモンと対峙。シモンに対して獣人支配の頃とやっていることが変わらないと批判した。
そのままリンカーネ刑務所に収監される(監獄王)が、後に収監されたシモンと再会・早速喧嘩になった。
ヨーコの手助けの元、シモンと共に刑務所を脱出、シモンら大グレン団メンバーと共に地球を救う為に、かつてのライバル・カミナの特等席であったグレンコックピットへと搭乗した(勇者王)
落下回避後はグレンのメインパイロットに正式に就任。大グレン団の一員に加わり、アンチスパイラルの本拠地へと乗り込む。
なお、リーロンの対アンチスパイラルの作戦説明を受けていたときは大グレン団メンバーと一緒にいびきを掻いて爆睡していた。

そして勇者王へ

本拠地へ乗り込んだ超銀河グレン団を待ち受けていたのはアンチスパイラルの圧倒的な戦力と鉄壁の防御網だった。
戦局を変えるために超銀河グレンラガン変形するべく、シモンと共に超螺旋エンジン内で待機することを余儀なくされる。
仲間達が散っていく中、自身は螺旋力を持たないが故にシモンに負担をかけさせている自分に歯痒さを感じていた。
これを助けたのがブータだった。ブータは実は螺旋力の塊の生物であり、覚醒したブータのサポートを受け、全力で螺旋力を注入しシモンを助ける。
多元宇宙迷宮においては、獣人の妻のツーマと娘のメムと3人で草原で穏やかに暮らしていた。彼の意外な一面である。
だが、目覚める際には元の獰猛かつ戦士の笑みを浮かべて最後の決戦に臨んだ。
最終決戦では天元突破グレンラガンのパイロットの一人として戦い、得意の刀での白兵戦を見せた。

エピローグでは超銀河ダイグレンの艦長に就任、銀河螺旋平和会議へと向かっている。不老不死なので見た目はほとんど変わっていない。計らずも彼は永遠に大グレン団を良く知り、語る事の出来る者となり、生きる伝説となった。

螺旋勇者王のイラスト

ヴィラル
カミナァ!!



関連タグ

天元突破グレンラガン グレンラガン メカクレ 獣人 勇者王 戦士 ライバル

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィラル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1585180

コメント