ピクシブ百科事典

ヴィンランド・サガ

びんらんどさが

幸村誠の連載作品。中世ヨーロッパにて暴れ回った”ヴァイキング”にスポットを当てた作品である。
目次[非表示]

概要

ヴィンランド・サガ


プラネテス」の作者・幸村誠が連載している作品。2005年に週刊少年マガジンで連載を開始したが、週刊のペースに追いつけなくなり、同じ講談社の月刊誌アフタヌーンに移籍、現在もアフタヌーンにて連載中。
世に言う”暗黒時代”(中世ヨーロッパにおける混乱期。長引く戦乱のせいで文化・教養レベルが著しく後退し、社会そのものが停滞した。)を舞台にグリーンランドの船乗り伝説をモチーフにしており、当時良くも悪くも活躍した”ヴァイキング”と呼ばれる者達にスポットを当てている。
なお、時代考証は緻密で正確ながらもこの作品はあくまで「史実を元にしたフィクション」である。

ストーリー

11世紀初めの中世ヨーロッパ。略奪と侵略を繰り返す”ヴァイキング”と呼ばれる者達が各地を荒らし回り、ヨーロッパを恐怖に陥れていた。
そんなヴァイキングの兵団の一つ、アシェラッド兵団に一人の若者がいた。彼の名はトルフィン。彼は父親の仇であるアシェラッドを決闘にて殺す機会を虎視眈々と狙っていた。
やがてイングランド侵攻と、それにまつわる王位継承の争いに巻き込まれていく彼らには予想だにしない事態が待ち受けていた・・・・。

登場キャラクター

トルフィン

初描きトルフィンとお禿様


本作の主人公
父の仇であるアシェラッドを正々堂々決闘で殺すために彼の軍団に席を置く。
幼い頃は素直な少年だったが父トールズの死を見てから変貌し、短気で粗暴な性格に育ってしまった。
復讐にこだわるあまり視野が狭くなり、短絡的でまったく成長しない男になってしまったが、アシェラッドの死によって更なる変貌を余儀なくされる。
生きる目標を失い、奴隷身分に落ちてから、トルフィンの本当の戦いが始まったのである。
モデルは北欧に伝わる「サガ」の一つ「赤毛のエイリークのサガ」後半の主人公:ソルフィン・カルルセフニと思われる。

アシェラッド

アシェラッド


私兵団であるアシェラッド軍団の長。経験豊富な戦士で常に沈着冷静であり、いかなる状況においても最善を尽くす男である。性格は冷酷非情で、部下であろうとも情け容赦のない仕打ちをすることもある。デンマークの王位継承問題に足を突っ込んだために苦難の道を歩むことと成った。
過去にトルフィンの父親トールズを奸計によって殺害しており、トルフィンからは何度も決闘を仕掛けられているがその都度撃退してきた。
表向きはデーン人で通しているが、ルーツにはウェールズの王族と将軍アルトリウスの血が流れており、ローマ風の鎧を着て真剣に約束する際は北欧神話の神々ではなくアルトリウスに誓う等、母の血筋にこそ誇りを持っている。
内心では短慮で乱暴者のヴァイキングを軽蔑しており、また、ブリタニアを滅ぼしたアングロ・サクソン人に対しても非情。
紆余曲折を経てデンマーク王スヴェンを殺害したため、クヌート王子自らの手によって処刑された。
良くも悪くもトルフィンの人生に影響を与えた人物であり、死後もトルフィンの心の中にたびたび姿を現している。

クヌート

クヌート
クヌート


デーン人(ヴァイキングのこと)の王国・デンマーク国の王子。
登場したての頃は世間知らずでどこか弱々しかったが、ある事件を境に性格が一変。王への道をひた走り、イングランド統一に邁進することになる。
奴隷に身を落としながらも仲間とともに穏やかな日々を送っているトルフィンとは反対に、誰一人理解者がいない中である種孤独な人生を送っている。
モデルは北海帝国を一代で築き上げた英雄クヌーズ1世

アイスランド

トールズ
トルフィンの父親。
アイスランド衆の相談役も務める農夫だが、かつては北海最強の軍団である”ヨーム戦士団”に所属し「戦鬼(トロル)」と恐れられた生粋の戦士である。子供が生まれて考え方が変わり、軍団を抜けてアイスランドに逃げてきたが、運命は彼を逃がしはしなかった。

ユルヴァ
トルフィンの姉。
父親譲りの体格と母親譲りの美貌の持ち主で、とかくパワフルに生活している女傑である。トールズ死後に結婚し4人の子持ちとなり、トルフィンが帰ってくるまで家を守り抜いた。ちなみに100発殴られても気絶しなかったトルフィンをアッパー一発で失神させた豪腕の持ち主。
西本英雄によって彼女が主役のスピンオフ短編漫画「元祖ユルヴァちゃん」も作られた。

ヘルガ
トルフィンとユルヴァの母。ヨーム戦士団首領シグヴァルディの娘で、当時活躍目覚ましかったトールズと結婚した。のちにユルヴァの出産とヘルガの意志が冷酷な戦士に過ぎなかったトールズを変貌させることになった。

幸運者レイフ
北海を股にかける船乗り。
トールズの親友であり、彼亡き後は行方不明になったトルフィンをずっと探し続けていた。責任感のある大人だがどこか子供っぽさがあり、年を気にせず冒険にひた走る所がある。奴隷となって働いていたトルフィンと紆余曲折を経て再会し、彼の夢に協力することとなった。
モチーフは「赤毛のエイリーク」の息子で、最初にアメリカ大陸に到達したヨーロッパ人レイフ・エリクソン

ギョロ目
名前と年齢が似ていたためにトルフィンと間違われてレイフに買われた元奴隷。勘違いとはいえ自分を自由身分にしてくれたレイフに感謝し、彼の養子となった。

ハーフダン
トルフィンたちが暮らしているグリーンランドの隣村の長。
冷酷な性格で戒律を何よりも重んじる姿勢と鎖を武器にしている様から”鉄鎖のハーフダン”と恐れられている。
狡猾なやり方で自営農民から土地を取り上げる一方で、ちゃんと取り込んだ農民は食わせているなど、領主の性格も持っている。男というものを軽蔑しており、男のプライドを踏みにじることを楽しみとしている。

シグルド
ハーフダンの息子。
次期後継者であることから必要以上にはりきる所があり、若干短慮なところがある。強面だが性格は父親と違って律儀で優しく誠実な男であり、友達からは「シグやん」と呼ばれ親しまれている。

グズリーズ
レイフの弟の未亡人。レイフにとっては義妹にあたり、ハーフダンによってシグルドと政略結婚することになった。性格は自由奔放で冒険に憧れており、たびたび家を飛び出そうとする問題児であった。

アーレ
トルフィンの村の若者。ヨーム戦士団の要請を受けたトールズと一緒に遠征に出るも、アシェラッドの襲撃を受けてトールズを失った。後にユルヴァと結婚し家庭を築いた。

アシェラッド軍団

ビョルン
アシェラッドの副官。
戦いの際には幻覚作用のある「狂戦士のキノコ」を服用しバーサーカーとなる。
重傷を負って己の死期を悟り、戦士としてアシェラッドに決闘を挑む。
アシェラッドのデーン人への嫌悪を知っていた事を語り、彼との友情を確認し果てる。

トルグリム
弟アトリとのコンビプレイを得意とする。
アシェラッドに疑問を感じて反乱を扇動、クヌートを手土産に寝返ろうと画策する。
しかし戦いを好むトルケルには受け入れられず、彼と対峙した恐怖から精神が崩壊し幼児退行を起こす。

アトリ
トルグリムの弟。
反乱を起こした事やビョルンに致命傷を与えた事を気に病むなど「ヴァイキングらしからぬ真人間」。
兄を連れて故郷に帰る。

「耳」
索敵や警戒を担当。
数マイル先の狼の遠吠えを聴くなど通り名に相応しい聴力を持つ。
トルケル軍との戦いで死亡。

デンマーク王国

スヴェン王
クヌートの父親。
王位継承問題を避けるため、二人の息子の内、貧弱なクヌートをイングランドに送り戦死させようと企む。
クヌートの腹心となったアシェラッドのウェールズへの執着を見抜き、宴の席でウェールズ再興と引き換えにクヌートを見捨てさせようと試みるが、不用意な発言が逆鱗に触れ首を刎ねられた。
死後もクヌートの前にたびたび現れる。

のっぽのトルケル
クヌートの部下にして本作中最強の武将。
朗らかで素直な性格だが、同時に好戦的で残酷な一面も持ち合わせている。実はトルフィンにとっては大叔父にあたる人物。
より強い相手と戦いたいがためにデンマークから劣勢のロンドン側に寝返る。その後、決闘で自分を破ったトルフィンとクヌートを認め再びデンマークの将となる。
三度の飯よりも戦が好きであるためか、謀略や陰謀によってイングランド統一を推し進めるクヌートのことを苦々しく思っている。

ラグナル
クヌートの幼少からの忠臣。
クヌートの「王としての成長を促す」ためにアシェラッドに謀殺される。
瓜二つの弟グンナルがいる。

ヴィリバルド
クヌートの教育係。キリスト教における「愛」とは何かを追求している修道士。
顔のほとんどがヒゲに覆われた風貌から老けて見えるが、年齢は23歳(ブリテン編当時)でありヒゲを剃ると年相応の外見となる。
アルコール依存症で常に酒を飲んでいるがほとんど酔わない酒豪。エギル神(北欧神話の海と酒の神)の生まれ変わりと称された。

ハラルド
クヌートの兄でデンマーク第一王子。
スヴェンの死後王位を継いだがクヌートに毒を盛られ死亡。

ウルフ
クヌートの従士長。名うての勇士だが戦略や政治にも通じており、クヌートの北海統一事業を支えている。クヌートの妹エストリズに気がある模様。

フローキ
ヨーム戦士団の小隊長。
かつてトールズをアシェラッドに命じて殺害させた黒幕であり、その背景は謎に包まれている。
現在はクヌートの元でイングランド統一事業に荷担してるが、あくまでヨーム戦士団は同盟者であるという立場を固持している。

エストリズ
クヌートの妹。性格は穏和で心優しく、王道を歩むために無理をしているクヌートを心配している。

ケティルの農場

ケティル
トルフィンとエイナルを買って働かせている農場主。
性格はやさしく懐が広いが、同時に臆病で自分を偽る癖(後述)があり、愛人のアルネイズに執着するなど俗物の域を抜けられない人物でもある。
クヌートによる富農接収のターゲットに選ばれてしまい、人生の岐路に立たされると…。

エイナル
トルフィンが奴隷に身を落としてからできた初めての親友
トルフィンが働いている農場にやってきた奴隷の一人で、自由身分を買い戻すことに心血を注いでいる。生きる目標を失い茫然自失の状態で生きていたトルフィンに人生の目標を見いだすきっかけを与えた人物である。

アルネイズ
ケティルの愛人である女奴隷。美貌と優しさを兼ね備えた女性。
逃亡奴隷となった夫ガルザルと再会し逃走を図るが失敗しガルザルは死亡。
その事が農地接収で精神を病んでいたケティルの怒りを買い暴行を受ける。
農場とデンマーク軍との戦闘のどさくさに紛れトルフィンらに連れ出されるが、その途中トルフィンとエイナルに感謝しながら息を引き取った。
ガルザルとの間にはヒャルティという息子がいた

スヴェルケル
ケティルの父で、「大旦那」と呼ばれる先代の農場主。
頑固で偏屈だが真面目な人物で、農場主を引退した後も農場の隅の小屋に住んで畑を耕しながら暮らしている。
奴隷であるトルフィンたちにも働きに応じて馬や道具を貸し与える。

「蛇」(ロアルド・グリムソン)
農場の「客人」(用心棒)たちのリーダー格。普段はスヴェルケルの小屋にいる事が多い。
奴隷にも気さくに接し、行き過ぎた行動をとる客人を制裁を加えるなど公平な人物。
中東風の細身の刀を愛用しており、剣の腕はアシェラッドに匹敵する。また、聖書を読めるなど教養を窺わせる面もある。
事情により本名を名乗れず、他の客人たちも同様に動物の名前を名乗っている。

オルマル
ケティルの息子。
戦士として名を上げる事を夢見るが実力も度胸も無い。その事でクヌートに謁見した際に恥をかき、それを農地接収の口実として利用される。

トールギル
ケティルの長男でクヌートの従士。
好戦的なヴァイキング気質の持ち主だが知略にも優れており、クヌートの企みを知りながらあえてそれに乗って戦争を起こさせた。
剣の腕だけでなく戦術にも優れ、ウルフや蛇からも評価されている。クヌートに至っては命を奪われかけたにもかかわらず部下に欲するほどであった。

パテール
農場の奉公人。
自らも元奴隷でありトルフィンやエイナルに目をかける。

その他

ジャバザ将軍
フランク族の将軍。どこかの宇宙人のような肥満体が特徴。
砦攻めに苦戦していた所でアシェラッド兵団を雇う。約束の報酬を反故にするつもりだったがアシェラッドに見抜かれ、逆に砦にあった財宝を全て持ち逃げされる。

グラティアヌス
ウェールズの小国モルガンクーグ王国の軍団長(レガートゥス)。アシェラッドの旧知。
ブリタニアの子孫でアルトリウスの帰還を信じている。

鉄拳のケティル
農場主のケティルとは同名の別人。
腕力が強すぎて武器がすぐに壊れてしまうため素手で戦う豪傑。
農場主ケティルは同名をいい事に彼の名を騙っており、追われる身だった蛇はその噂を訪ねて農場にたどり着いた。

ヒルド
トルフィン一行がノルウェーで出会った女猟師。
アシェラッド軍団に村を襲撃されトルフィンに父を殺された過去を持ち、偶然再会したトルフィンを仇と狙う。
元は父ともども天才的な技術者であり、現在も熊を一撃で仕留めるボウガンなどを製作している。

関連タグ

アフタヌーン ヴァイキング

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴィンランド・サガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 404584

コメント