ピクシブ百科事典

ヴェールヌイ

ゔぇーるぬい

『信頼出来る』といった意味のロシア語。日本海軍の駆逐艦・響が戦時賠償艦としてソ連に引き渡された後の名称。本項ではそれを元に擬人化された『艦隊これくしょん』登場キャラクターについて扱う。
目次[非表示]

図鑑データ

艦名Верный
図鑑No147
艦級暁型2番艦
艦種駆逐艦
CV洲崎綾
イラストやどかり


「ひび…Верныйだ。信頼できると言う意味の名なんだ」

了解、概要、出撃する

ゲーム中ではキリル文字で「Верный」と表記される。
名前はロシア語「信頼」の意。
Lv70まで育てることで改装可能となる、事実上の「響改二」であり、駆逐艦で最初に改二が実装された艦。
なお、本作で最初に実装された『海外艦艇』であり、また初の『戦後の艦艇』でもある(長らく唯一の戦後艦艇であったが、後に大戦後も運用されたアイオワが実装されている)。

容姿、いいな…Спасибо(スパスィーバ)

ヴェールヌイ


最大の特徴は全体のカラーリングがを強く打ち出していることだろう。

身に着けているセーラー服は細部が異なっており、胸にはスカーフが付いておらず前がボタン留めとなっている(イラストそのものは差分ではなく新規描き下ろし)。更に腰にはベルトを巻き、帽子は「鎌とハンマー」の入った白いものに変更されており、ここだけ配色にが使用されている。
ポーズも以前より躍動感のあるものへと変わった。

なお、現在恒例となっている改二の完全新規ビジュアルは彼女が初めての例となっている(彼女に先行する改二である北上大井は既存ビジュアルの差分、千歳千代田中破時のみ新規ビジュアルである)。

艤装は右肩に連装砲一基、腰に四連装魚雷発射管を左右合わせて二基、背中に響時代同様に煙突型の基部を背負っている。煙突型の基部からは大きな碇が吊り下がっている。
左肩にもかつてと同じようにシールドを装備している。
艤装も軍艦色のから白銀に変更されており、ヴェールヌイの白い色合いを一層引き立てている。
なお艤装の詳細については引き渡し後の詳しい資料が残っていないこともあって、公式から砲とや魚雷発射管の種類は明かされていない。

Хорошо(ハラショー)…性格は信頼できる

※大きく性格が変わっている訳ではないので、彼女の基本的な人格に関してはの項目を参照されたし。

性格はこの姿になっても変わらずクール。
平時でも戦闘時でも、ロシア語でバシッと決めてくれる。
夜戦突入時の気合の入った「Ура!」も健在。
後に追加された時報ボイスでは熱心に演習に励む様子や、提督や仲間達にロシア料理を振舞い、皆の反応に喜ぶ姿が伺える。
特に午前3時の時報ボイスは必聴。
放置ボイスは、彼女の戦中戦後の経歴を思わせる少し物寂しいものとなっている。

性能の秘密は、上方修正のタイミングにもあるんだよ。

駆逐艦改二第一号ということを差し引いてもかなリ控えめな性能であり、他の改二駆逐艦にはいくつかの点で明確に劣っていた。現在は上方修正を受け、十分に活躍の場を得られるようになっている。

長所

  • 装甲・耐久値が高い。耐久37/装甲57は駆逐艦の中でもトップクラス。駆逐艦としては唯一増設バルジを装備可能という特性を持っており、さらに耐久力を高められる(※装甲値に関しては上方修正が施されている。バルジは後付要素)
  • 対潜値が高い。実装当初は艦娘自身の対潜値はフレーバーでしかなかったが、「装備込みの対潜値100以上」という条件での対潜先制雷撃が実装されて以降重要な数値となった。なおヴェールヌイ同様に三式セットで対潜100に達する艦娘は、全体からすると10隻前後しかいない貴重な戦力である。(※後付要素)
  • 上陸用舟艇(大発動艇など)の装備が可能な数少ない駆逐艦の一隻であり、陸上型ボスに対するフィニッシャーとしての活躍が見込める。(※後付要素)

短所

  • 武装解除された史実の経緯を再現したためか、初期装備が何もない
  • 他の駆逐艦よりもなぜか弾薬消費が多い。ちなみに、姉妹艦の暁改二は据え置き。
  • 大戦を生き残った艦であるにもかかわらず、運の初期値は20、まるゆ近代化改修による最大値は77と控えめ。最大値はこれでも一度上方修正が入っており、それ以前は59であった。これはコモン駆逐艦の平均的な値である
  • 改造に要するレベルの高さは70と、初期の改二としてはかなり高い。霞改二の登場まで駆逐艦の所要レベルトップをキープしていた。



小ネタ

  • ゲーム中の一部のシーンでは艦娘の名前が3文字しか表示されない仕様の為、名前が「Вер」としか表示されず、それがローマ字として見た時に「Bep(べっぷ)」と読める為についた通称が別府。ちゃんとキリル文字で読むと「ヴェール」あるいは「ヴィェル」となる。
  • 「Верный」に搭載されていたソビエト連邦製の武装や装備がゲームに実装されていない為か、改造直後は無装備の状態となっている。
  • 公式4コマ吹雪、がんばります!』での解釈によると、響にヴェールヌイとしての記憶が戻るとこの姿になるらしい。裏返せば仲間を喪って孤独になった記憶でもあるせいか、特に暁はこの状態になることを恐れている節がある。後にあきつ丸との特訓でヴェールヌイ化を制御できるようになり、ヴェールヌイになっても自力で改二前の姿に戻れるようになった。
  • 同じく公式4コマでロシア語はかじった程度のように描写されている。これは「声帯に住んでいる妖精さん」ネタ。別の艦にロシア語ペラペラの妖精さん住んでいる娘がいる事にちなんだもので、史実で賠償艦として引き渡されロシア国籍となったヴェールヌイを圧倒していた。なお、あきつ丸との特訓後のヴェールヌイは孤独になった記憶に頼らずに変化したためか、現状ロシア語を使った場面はない。
  • コミックいつか静かな海で』において、対潜能力の高さが海上自衛隊の音響測定艦『ひびき』に因んだものである可能性が示唆されている。ただし、対潜ダメージはほぼ装備で決定する仕様上、艦自体の対潜値はフレーバーのようなものでしかない。
  • 2015年の「反撃!第二次SN作戦」で実装された『戦闘糧食』システムで、「母港に護衛撤退中で戦線離脱した艦娘が糧食を消費するバグ」が確認され、修正が行われた。このときに証拠画像として挙がった写真でおにぎりを頬張っていた艦娘がまさかのヴェールヌイだった。(→※外部リンク)ただし「なんかほっこりするww」「味方を曳航してればそりゃ腹も減るよww」等ヴェールヌイ擁護派が圧倒的に多く、歴代屈指の地獄のイベントに“なごみネタ”を提供して提督たちの荒んだ心を癒す結果となった。これも彼女の人徳か……。


史実

史実におけるヴェールヌイについては、「鉄のカーテン」の向こう側という事もあってかあまり詳しいことはわかっていないが、1948年には一線を退き「デカブリスト」(декабристов:1825年に起きた武装蜂起の中心となった貴族将校達・十二月党員)と名を改め練習艦となり、53年には除籍、70年代に標的艦として沈没した事が知られている。
その艦歴から、丹陽として更なる波乱を歩んだ雪風とは異なり、静かな余生だったのではないかと推察する者もいる。

提督…до свидания(さようなら…)
До свидания


なお、日本でこの艦が標的艦として沈んだ事が知られたのは比較的最近であり、wikipediaの記述が更新された時期は奇しくも『艦これ』で彼女が実装された時期と重なっている(なお、それが判明するまでは『解体』と記述されていた。ちなみに完全に退役する事になった軍艦が標的艦となるのはどこのでも珍しい事ではないので、その点を悲観する事はない)。

さて、関連イラストやりますか

司令官、作戦命令を
ヴェールヌイ


別ー府ぬぃ
不死鳥の名



増設バルジ


アニメ版の影響からこんなネタを想起する提督も……。

【艦これ】ヴェールヌイ・増設バルジ全乗せ


また“バルジ=胸部装甲”という発想から、こんなネタまで。

司令官に関連タグみたいだよ

響(艦隊これくしょん) 艦娘 駆逐艦娘
ソ連
伊8 日本製で外国文化の経験者仲間。時報で言及がある。
海外艦 純ドイツ、または純イタリア製。響がヴェールヌイになった時点では独ソ間の戦闘はとうに終了していたため、直接敵対したことはない。
U-511/呂500 こちらはヴェールヌイとは逆にドイツから日本にやってきた艦。
暁改二 暁型としてはヴェールヌイに次いで二番目の改二実装艦となった。
春月 同じくソ連に渡る。
信赖 簡体字表記。

外部リンク

海底に眠る響(ロシア語)

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴェールヌイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27012306

コメント