ピクシブ百科事典

ヴォルギン

ゔぉるぎん

ヴォルギンとはメタルギアソリッド3の登場人物である
目次[非表示]

「イワンの苦しみを償ってもらおう!」

概要

CV:内海賢二

本名エウゲニー・ボリソヴィッチ・ヴォルギン
ソ連軍ブレジネフ派に所属するGRUの過激派将校、階級は大佐。モデルはおそらくスウェーデンの元空手家俳優ドルフ・ラングレン

 かつて被雷したことがあるらしく、そのため火傷の跡が残るものの自らの体に1000万ボルトの電圧を帯電しており、電磁波を発して銃弾の軌道を変化させたり、薬莢内の炸薬を発火させることで素手での銃撃をも可能にしている、また電撃を使った攻撃や、帯電している為接近戦では感電するなど攻防一体の技となっている。その為西側諸国では「サンダーボルト」(落雷)の異名を持って恐れられている。
 残忍な性格をしており、他人をいたぶることに快感を覚えるサディストでもある。拷問などにおいては高電圧の拳で殴る・水を掛けて感電させるなど、自分の能力を存分に用いて行う。
 父親から莫大な資金「賢者の遺産」を相続し、その資金を持って核兵器搭載戦車シャゴホッドの量産とフルシチョフ政権の打倒を画策。自らが権力を握り、再び世界を大戦へと巻き込もうとするも、スネークとの戦いに敗北、稲妻に打たれ、体に巻きつけていたベルトリンクの銃弾が暴発して全身を撃たれつつ試作型シャゴホッドと共に最後を遂げる。その後はザ・ボスが打ち込んだデイビークロケットで亡骸とシャゴホッドもろとも完全に消滅した模様。
 ちなみに、男女両方の愛人がいるバイセクシャルである。そのため、スネークとの決戦時では彼の"男の"愛人に変装することで特殊な反応を見ることができる。本編のムービー部分でもライコフに変装したスネークに対して股間をギュッとする事で見破るという、なかなか生々しい場面がある。

シークレットシアターの「自爆」では、シャゴホットがWIGにぶつかるがシャゴホットの強度不足だったかシャゴホットが壊れてしまうも、大砲の弾のようにスネーク達の近くへ着地するがオセロットによってぶっ飛ばされてしまい本当に人間花火になってしまった
「メタルギアライデン スネークイレイザー」ではライコフや彼に変装したスネークと雷電を誤認してしまい、雷電を酷い目にあわせている。

別名:ソ連産ピカチュウ、あるいはガチホモ大佐

燃える男

燃える男ってやっぱヴォルギン?


 MGSVでヴォルギンに酷似した人物が登場する。全身が黒く焼け焦げている他、ヴォルギンが使用していたライフルの弾が全身に癒着している。ライフルの破片が頭から角のように突き出ている様はさながら鬼のようである。
 全身に炎を纏いながら、燃える馬やガスマスクを被った第三の少年と共に、スネークを執拗に付け狙う。






 その正体はやはりというか言わずもがなというか、ヴォルギン本人。MGS3のラストで暴発したライフルの弾薬帯で自ら蜂の巣にされたものの実は死んでおらず、モスクワ近郊の超能力開発研究所で昏睡状態のまま研究標本として保存されていた。
 しかし、9年ぶりのスネークの覚醒と合わせるかのように蘇生。その身に残っていたスネークへの憎悪と「報復心」に第三の少年が同調したことで発火能力を得て研究所を全焼させた後、第三の少年と共にスネークの収容されていたキプロスの病院を襲撃した。でんきタイプからほのおタイプになったのか…
 その後は第三の少年を通じてスカルフェイスの手先として、スネークへの報復心以外に自我を持たぬ生ける屍のような状態のまま利用され続けていたが、第三の少年がスカルフェイスを裏切った際にメタルギア・サヘラントロプスに踏まれて活動を停止する。
 アフガンの収容所に安置されていたところ、その肉体を回収するために訪れたスネークに呼応するかの如く再び蘇生して襲い掛かるものの、スネークを追い詰めた際に「何か」に気づいて今度こそ本当に活動を停止、DDのマザーベースに収容された。
 ヴォルギン本人ではあるが中の人である内海さんの逝去もあってか、唸り声を除いて台詞らしいセリフは一切ない。

関連タグ

MGS3 ネイキッド・スネーク EVA ザ・ボス コブラ部隊 ソコロフ ライコフ リボルバー・オセロット シャゴホッド 股間認証システム

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルギン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68323

コメント