ピクシブ百科事典

ヴォルフガング・クラウザー

ゔぉるふがんぐくらうざー

ヴォルフガング・クラウザーとはSNK(SNKプレイモア)が出した格闘ゲーム、『餓狼伝説2』のラスボスを務めた架空の人物である。
目次[非表示]

“ I'll chisel your grave-stone,Sleep well.”
「貴様の墓は私の手で名を刻んでやろう、安らかに眠るがよい…」

プロフィール

出身地:ドイツ
生年月日:不明(年齢不詳)
身長体重:200cm145kg
好きな食べ物:何でも
嫌いな物:虚構・虚勢
大切なもの:騎士道精神
特技:ギャンブル(意外とセコイ)

人物

正しくは「ヴォルフガング・クラウザー・フォン・シュトロハイム」であるのだが、あまりに長いのでクラウザーでファンの間では通っている。
長い名前の理由は、ドイツの古城「シュトロハイム城」の主であるため。
名前が違うので意外と思う人も居るようだが、ギース・ハワードとは腹違いの兄弟。
ギースはその昔、父親へ対する復讐を果たすために単身ドイツに乗り込むも、幼いクラウザーに敗れている。ちなみに、その父親はクラウザーの手により殺害されている。(その父親はクラウザーの実の父でもある)
ギース自身も彼を恐れていて対決を避けており、餓狼シリーズにおいて事実上最強の存在として君臨している。

ボンガロではリヒャルト・シュトロハイムという名の息子がいたとされている。
このリヒャルトはアンディ・ボガードに瓜二つで、過去に修業を兼ねた真剣勝負の中で誤って自身の技を暴発させてしまい死なせてしまった為、アンディを攫い、彼を無理やりシュトロハイム家の次期当主にしようとする奇行に及んでいた。

嫌いな物が「虚構・虚勢」で大切なものが「騎士道精神」と威厳に満ちた、まさに「帝王」と言う雰囲気を醸し出す人物。
そして彼を語る上で外せないのは、ステージBGMであろう。
大聖堂を思わせるシュトロハイム城大ホールに流れるは、かのモーツァルトレクイエムから「怒りの日」。対決前に発せられるクラウザーのセリフ(上記の英文がソレ)と相まって、最終決戦を壮大な雰囲気にさせている。
彼自身もモーツァルトやゴッホなどの天才的な芸術家を崇拝している。

配下に、三闘士としてビリー・カーンアクセル・ホークローレンス・ブラッドがいたが、ビリーはギースのスパイとして 入っただけ(尤もそれは後付け設定で、当時、ギースは本当に死んでいた設定になっていたので、ビリーはテリーへの復讐を兼ねて已む無くクラウザーと組んでいる設定になっていた、)アクセル・ホークは悪に馴染めないからと離反された。唯一ローレンスのみが残ったが、忠誠心はさほど高くない。

ちなみにストーリー上では、テリー・ボガードとの決戦の後にクラウザーは不可解な自害で自らの命を絶っている。
その為、その後の『餓狼伝説SPECIAL』と『RealBout餓狼伝説SPECIAL』はストーリーの無い、お祭り作品となっている。
・・・・と旧SNKの公式にあったのだが、SNKプレイモア公式の携帯小説版では自決はしたが 死ねず、ギース亡き後も生きており、サウスタウンを訪問してアメリカ進出の足がかりとし、また戦利品を手に入れようとしたが、難なく手に入るのは彼の騎士道精神や美徳に反するとしてあっさりと手離し、テリー・ボガードとの再戦を望んだとある。生きているのか死んでいるのかはっきりしない男である。・・・帝王の名が泣くぞ。

『餓狼伝説2』及び『スペシャル』では細めだったのだが、出る度に何故かごつくなっていった。またドイツ人なのに何故か英語で喋る(まあ、担当声優のB.J.LOVE、マイケル・ビアード両氏はアメリカ人だから仕方ないね)。

アニメ版では異様なまでに若い姿で登場している。ちなみに声優は鈴置洋孝氏。

額の傷は、かつてボガード兄妹の義父であるジェフ・ボガードと対戦した時にパワーウェイブを受けて付けられたものらしいが、地を這う飛び道具が額にヒットする状況って一体・・・。(本当はバーンナックルの誤植だがスタッフが面白いからパワーウェイブでいいや、としたらしい)。

クラウザーさん・・・では無い!!

昨今においてクラウザーと言えば、漫画『デトロイト・メタル・シティ』のクラウザーさんの方が圧倒的に有名になっている。
しかしながら、こっちのクラウザーの登場は1992年。あっちのクラウザーさんの漫画は2005年連載開始なので、決して漫画のクラウザーさんの名前をパクった訳では無いので、間違えないように。

モデル

SNKから公式にアナウンスされている、クラウザーのモデルはプロレスの神様「カール・ゴッチ」。名前もゴッチ氏が一時期「カール・クラウザー」を名乗っていたことに由来すると見られている。
その為か、次第に結構プロレスを思わせる技が増えていった。特に『KOF96』と『KOF98UM』は顕著。

性能

攻撃力とリーチは非常に優秀だが、図体がでかい為当たり判定が大きいのも悩み。
上下に打ち分ける「ブリッツボール」で牽制しながらレッグトマホーク等の技を当てていく戦法が主となっている。

餓狼伝説シリーズ

プレイヤーキャラとして初登場した『餓狼伝説SPECIAL』はブリッツボールや超必のカイザーウェイブを使った 圧倒的な空間制圧能力を持つが、ライン移動されしゃがまれるとライン攻撃が当たらなくなる為事実上詰む事態が起こる。しかし1ラインだとかなり強い方。
餓狼シリーズで再登場した『リアルバウト餓狼伝説SPECIAL』では、格ゲー史上初100ドット超え(大凡キャラ2人分)かを吸い込むコマンド投げ「ギガティックサイクロン」を習得した。

KOFシリーズ

性能的に恵まれている場合が多く、エキストラモードとの相性もよい。ただし技のコマンドに似通ったものが多いため暴発しやすく、コマンド入力に正確性が要求される。またノーゲージでの安定した対空技がなく、対空の使い分けが必要で若干ゲージに依存するが、追い込まれた状況での逆転力が強いため大将に向いている。またノーゲージの無敵技自体はあり、切り返しや割り込みは強い部類に入る。

『KOF96』では、各技の威力もでかいが隙も大きいと言うハイリスクハイリターンなキャラとなっており、特にカイザーキックをかますと着地から立ち上がるまで隙が出来てしまいそこから攻撃されまくって最悪KO負け・・・なんてことも。
やたらと投げ技が増え、プロレスラーの様になった(モデルがプロレスラーだからと言えばそれまでだが)。
この作品ではカイザーウェイブの判定が強く、絶対に消されない。ゲーニッツのよのかぜに相殺されず、極限流の覇王翔吼拳なども一方的に貫通する。
ちなみにかのゲーメストによるキャラ性能評価では、クラウザーを含めたボスチーム(他はギース・Mr.BIG)全員が完全なる平均点だった。ボス…チーム…?

『KOF98UM』では正直ぶっ壊れキャラ。上下に打ち分ける飛び道具持ち、崩し、1フレ投げ&無敵投げ、奇襲、当て身、飛び道具ガード不能(バグ?)、対空、どれを取ってもほぼ欠点が無く、さらに小技からの大火力コンボ持ち。 明らかな調整ミスと言われ、単独で最強と言われている程強い。強いて弱点を挙げるなら、ゲージ依存が強い事位。闘劇でも圧倒的な使用率を誇っていた。
強すぎたためか、調整版である『ファイナルエディション』では全体的に弱体化された。

悪夢の「カイザージャンプ」。

ゲーム上でのクラウザーを語る上で、外してはならない話題がカイザージャンプ。
これは『餓狼伝説SPECIAL』において、彼の超必殺技カイザーウェイブのコマンドが(右向き時)左タメ右上+ACと言うコマンドだったため、
タメが不十分だったり、ボタンを押すタイミングがちょっとでも遅いと、相手に向かって豪快に昇りジャンプボディプレスをかましてしまうことになり、これが「カイザージャンプ」と呼ばれた。
更に、上手く出せたとしても飛び道具で消せるし、何よりそんな事をしなくても、ライン移動で安全に躱せるので、リスクとリターンが全く見合わない。
『リアルバウト餓狼伝説SPECIAL』でもコマンドが左タメ右上+BCだったため同様の事態が起きたが、それ以外では上方向への入力は必要ないためジャンプが暴発することはなくなった。

関連動画



今にして思えば、これを格闘ゲームのボスBGMに採用することを決めた、当時のSNKのセンスには脱帽させられる。

関連イラスト

餓狼伝説2 - ヴォルフガング・クラウザー


こう見ると、格闘家というより皇帝としか思えない。

ライン非道攻撃


かなりデフォルメされてこそいるが、概ね原作そのまま。この攻撃をスカらせて、脅威の間合いを誇るコマンド投げを狙うのがクラウザーの切り札だったりする。

COOOOOOLビズ


右端にいるクラウザーがどう見てもONEPIECEフランキーしか見えなくもない。

関連タグ

テリー・ボガード・・・オフィシャルストーリー上で敗れた相手。
ギース・ハワード・・・腹違いの兄。
キム・カッファン・・・ある作品でのEDでは、彼のセコンドになる。

餓狼伝説

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルフガング・クラウザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25788

コメント