ピクシブ百科事典

ヴォルフガング・グリマー

ぼるふがんぐぐりまー

ヴォルフガング・グリマーとは、漫画・アニメ『MONSTER』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

CV:田中秀幸/河原木志穂(幼少期)

フリージャーナリスト。
細身の長身、大きな鷲鼻に常に笑顔が特徴。
東ドイツに存在していたと言われる謎の孤児院・511キンダーハイムで行われた非人道的な教育等を追究している人物。ドイツ統一前はジャーナリストという表向きで、世界各地でスパイ活動をしていた。
彼自身も511キンダーハイムの出身者であり14歳まで暮らしていた。キンダーハイムを出る以前の記憶はほとんど無く、現在の名前も引き取られたスパイ養成機関で付けられたもの。
温和で人当たりの良い人物であるものの、感情を自然に表現することができず、彼の行う感情表現は全て訓練によって身に付けたものでしかない。
スパイ時代に妻子がいたが息子は事故死、妻との関係もそれを機に破綻。「あなたの中には何もない」と言い残し彼のもとを去っていった。

超人シュタイナー

孤児院で受けた実験の影響から、窮地に陥ったり激しい怒りにかられるともう一つの人格が表われ、凶暴性と超人的な力を発揮して敵対する者を殴り殺す。
グリマーはこれを孤児院時代の唯一の記憶であるテレビアニメのタイトル、およびその主人公になぞらえ『超人シュタイナー』超人ハルクがモチーフと思われる)と呼んでいる。
同様の症状を持つ子供が他にもいたようだが全て自殺しており、彼のように40歳まで生き延びた者は奇跡的な例である。


関連タグ

MONSTER

pixivに投稿された作品 pixivで「ヴォルフガング・グリマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1624

コメント