ピクシブ百科事典

一卵性双生児

いちらんせいそうせいじ

全く同じ遺伝子を持つ双子。

概要

1個の受精卵が分裂して双子になったもの。言うなれば天然のクローンである。

全く同じ遺伝子を持つため基本的に性別血液型などが同じで、身長や顔貌などの外見も非常に似通っていることが多い。
産んだ母親でさえ育児中に「あれ?どっちだっけ?」となってしまうこともあるようだ。
フィクションではそっくりな事を利用したイタズラや策略はお約束。

また遺伝情報が同じなので身体能力学力も似てくることが多い。

ただし、成長過程で身につくものが別々であるため、必ずしもまったく同じになるというわけではない。幼少時は家族でも見分けがつきにくかった外見も、成長して別の環境で過ごすと微妙に違ってくることが多い。

指紋や虹彩、静脈パターンもよく似る傾向はあるが基本的にこれらは後天的なものであることから異なる発達を見せるため、生体認証の障害にはならない。ただし、DNAが全く同じなのでDNA鑑定で見分けをつけることはできない。

ちなみに一卵性双生児は1000出産あたり4組の割合で誕生し、民族人種による差はないとのこと。

関連タグ

双子
二卵性双生児

pixivに投稿された作品 pixivで「一卵性双生児」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16496

コメント