ピクシブ百科事典

七原秋也

ななはらしゅうや

七原秋也とは、小説『バトル・ロワイアル』の主人公。
目次[非表示]

「オーケイ、今度は乗ってやるぜ。こっちが勝つまで、続けてやる」

概要

城岩中学校3年B組 男子出席番号15番

容姿

二重瞼の優しげな目をした美少年で、ウェーブのかかった長髪を肩口まで伸ばしている。
170センチ。58キロ。若干痩せ型だが、筋肉質な体格をしている。

人物

誕生日は10月3日で血液型はB型。
明朗快活、前向きで誰にでも優しい。プログラム中であってもクラスメイトを最後まで信じようとしたが、川田章吾にたしなめられる場面もあった。
両親は既に他界しており、五歳から孤児院で育った。幼馴染国信慶時とは親友で、他に三村信史瀬戸豊杉村弘樹と仲が良い。中川典子内海幸枝をはじめクラスの女子から絶大な支持を得るなどモテモテであるが、本人はニブチンであり自覚していない。また、少なくとも国信、滝口優一郎旗上忠勝、内海、谷沢はるかとは同じ小学校出身であることがわかる。
運動神経が良く、小学校時代はリトルリーグに所属し、天才ショートストップとして名を馳せ「ワイルドセブン」の異名を取ったがトラブルを起こしたことで退部になり、現在はロック音楽に傾倒し音楽部でエレキギターを弾いている。

プログラムのルール説明中に親友である国信の死を目の当たりにし、彼の意中の人だった典子を絶対に守ることを決意する。
プログラム中に元渕恭一に危うく殺されそうになったところを川田に救われ、川田も同じようにプログラムに反感を抱いていたことから意気投合。川田の脱出プランに乗り、典子、川田と3人で行動する。そしてより多くのクラスメイト達と共に脱出できることを目指し、とにかく仲間を集めようと尽力する。

関係人物

新谷和美・・・七原秋也が慕う女性、”和美さん”。音楽部で、七原と去年まで(卒業するまで)一緒にいた、七原より一つ上の女の子。背は高め、七原と同じくらいなので、170程度。ちょっと太めで、首の横でざっと髪をまとめる。いつも世間ずれした大人びた表情を浮かべていた。
部唯一のサックスプレイヤー。ロックサクソフォンを吹かせると、誰よりもうまい。サックスの前には、ギターもかじっていたらしく、七原にギターコードの弾き方を教えることも。七原に告白されるが、付き合っている人がいるため、断る。彼氏と一緒に、音楽科のある高校に進学。大のロックファン。
「あたしもちょっとやっていたのよ、サックス始める前にね」

安野良子先生・・・”慈恵館”の現館長。母親が、前館長だったため、引き継ぐ。きれいな女性。七原五歳時に高校生だったことからして、二十代半ばから後半? 熱心なクリスチャン。

安野先生の祖父・・・両親を失った七原にとって、たった一つの権威。保護者。よく、七原にお説教をした。

”慈恵館”雑用係・・・三年前まで、”慈恵館”で、雑用係をつとめる。陽気な四十過ぎの男。薄くなり始めた髪を、うなじの上で跳ね上がる形になでつけていた。現在は、南樺太の強制労働キャンプにいるらしい。去り際、慶時に、古い自動巻きの腕時計を、秋也には、ギブスンのエレキギターとロックのテープをくれた。
「また帰ってくるよ、秋也。慶時。ツルハシでも振りながらしばらく”監獄ロック”でもうたってるさ」

”エディ”・・・”慈恵館”で、飼われていた犬。自動車に、ひかれてしまう。

七原父・・・鼻の下にひげを生やし、普通のサラリーマンっぽくない。どうやら、法律関係の仕事。夫婦仲は、たいへんよかったようだ。七原、幼少時、交通事故で、共に死亡。

七原母・・・はっきり喋って、きびきび体を動かして、子供心にも、何だかかっこいい、と思ってしまう女性。顔は、新谷和美と、よく似た感じだった。七原のことを、よく抱きしめてくれた。夫婦仲は、たいへんよかったようだ。七原、幼少時、交通事故で、共に死亡。
「パパはね、ほうりつのおしごとを、しているのよ。困っているひとを助けるのが、仕事なの。この国ではね、それはとても大切なことなの」

関連タグ

バトルロワイアル バトル・ロワイアル
主人公
中川典子 川田章吾

pixivに投稿された作品 pixivで「七原秋也」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61794

コメント