ピクシブ百科事典

七星剣

しちせいけん

七星剣とは、「東方Project」の登場キャラクター、豊聡耳神子が持つ剣の通称。
目次[非表示]

由来

古代中国道教思想に基づいて北斗七星が意匠された直刀のことを総称して、七星剣と呼ぶ。国家鎮護・破邪滅敵を目的として造られ、そのに刻み込まれた北斗七星は宇宙中心である北極星天帝)を守ることを表し、儀式などに用いられた。
複数の剣がそれとして語り継がれており、中国だけでなく日本にも数点の七星剣が歴史的価値を持つ物として現存している。その内の1本は聖徳太子の愛刀で幼少時の守り刀だったとされている。四天王寺に所蔵。
創作物でも『三国志演義』『西遊記』『ONEPIECE 呪われた聖剣』『大怪獣ラッシュ』など様々な作品に登場している。


聖徳太子の愛刀にはもう1本「丙子椒林剣(へいししょうりんけん)」がありこちらも四天王寺に所蔵されている。

そのため後述する神子のイラストにはそちらも使用した二刀流神子も描かれる事があるが数は少ない。神子の立ち絵には剣は1本しか存在しないうえ、神子が持っているのほうが装備アイテムとしての主張が強く、と七星剣との二刀(?)流が主流であるせいかもしれない。


概要

七星剣とは、東方Projectの登場キャラクター豊聡耳神子が持つの通称。公式での名称ではない。
この剣は、東方Project作品中では「七星剣」という名どころか一切名前を付けられて呼ばれていないが、聖徳太子の説話や剣のデザインを元に、ファンからは主にこの名で呼ばれている。

神子さま


東方神霊廟の立ち絵を始めとした公式イラストにて、神子が腰のベルトから伸びた紐を鞘の金具部分に繋ぎぶら下げた状態で、携えている剣のことを指す。この剣のデザインは豊聡耳神子のモチーフとなった人物、聖徳太子肖像画(外部リンク)に描かれている腰の刀の絵を、細部は違うがベルトごとほぼ描き映したものであると推測できる。

考察

武器か否か

劇中では戦闘に使用する事も、まず抜く事すらも無いが、二次創作のイラストでは普通に戦闘時に使用できる刀として描かれているものがある。ちなみに東方求聞口授の裏表紙には、刀身を剥き出しにしたこの剣を握る神子の姿が描写されている。

妖夢VS神子



尸解時の体

東方求聞口授の追加設定によると、神子が尸解仙になる際に使用したのは「宝剣」だとされている。(「物部布都」項)地味に剣が公式で触れられた唯一の記述である。だが、実はその「宝剣」という物が、あの立ち絵の剣を指しているのかは語られていない。
神子たちが行った尸解仙の秘術は「今の人間肉体を完全に捨てて何かの物品にのみを宿らせ、時が来たらその物品が自分の肉体に変化するので、その身体で仙人として復活する」という方法であった。その事から神子は一時、ただの宝剣に自身の魂を宿しただけの存在だった時期があると推測できるため、尸解仙として眠っていた間の神子の肉体そのものをこの剣として扱うイラストも存在する。
ちなみに尸解した際に滅ぼした元の人間の体は、尸解仙として人間化した物品の代わりに、その身替わりの物品そのものに変化する。これは後で尸解仙の道具として使うことが出来るという説があるので、今神子が所持している剣は元が神子の人間の肉体であったとも考えられる(が、そうとも限らないので注意)。

待てど暮らせど来ぬ人を



余談

1017年の中国(北宋代)で道教について纏めた書『雲笈七籤』によると、
尸解の術は、身替わりの物品のランクによって尸解仙になった時の位が決まると言われている。その例として「刀を使えば上位の尸解仙になり、を使えば下位の尸解仙になる」と挙げられている。そういえば人間の時に竹の棒で死んだ振りをした仙人が居たような……?

関連タグ

東方Project 東方神霊廟 東方求聞口授
豊聡耳神子

聖徳太子

pixivに投稿された作品 pixivで「七星剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 384264

コメント