ピクシブ百科事典

七海るちあ

ななみるちあ

七海るちあとは、漫画「マーメイドメロディーぴちぴちピッチ」の主人公。
目次[非表示]

cv:中田あすみ

概要

北太平洋のマーメイドプリンセスでピンク真珠の持ち主。巨乳。
マーメイドの時は明るい金髪のツインテールに青色の目、人間の姿では茶色の目に、やや癖のある
セミロングをツーサイドアップのように結い、赤いリボンをつけている。
普段の姿の場合、外ではいつも真っ赤なブーツを履いている。ちなみに人間姿とマーメイド姿にはどちらもアホ毛がある。
マーメイドプリンセスで唯一、真珠の色と髪、瞳の色が同じではなく、髪型が大きく変化するのも彼女のみ。(他メンバーは後ろ髪が長くなる、もしくは頭髪の色が明るめになる程度で大きな変化はない。)
背丈は波音より高く、リナより低い。
人間以外の動物や、鳥、水に生息する生き物とテレパシーが出来る(これはマーメイドなら誰しも使える力である。)
おっちょこちょいでドジだが、天真爛漫で一途な性格。だが、あまりにも一途なのか、海斗に対して嫉妬深くなる(それが原因で海斗と喧嘩することが多い)。
料理が得意ではあるが、アニメ第37話では、海斗にパンを作るのを頼まれた際、家庭科の時間で別のことを考えてしまい、失敗している。

第2期では、沙羅に変わって誕生した新しいインド洋マーメイドプリンセス・星羅のココロのカケラを集めることになった。原作ではミケルとの戦いの後、戦いの間中星羅の真珠も自分のペンダントに収めていた負荷のせいか急激に衰弱、死の一歩手前でアクア・レジーナに救われ、彼女に替わって海の女神となる。

変身した姿

ピンクパールボイス」の掛け声とともに、ピンク真珠の力でアイドル姿に変身する。

海の歌姫
るちあ


肩の所がストラップになったレオタードにプリーツスカートがついたようなコスチューム。
基本カラーは薄いピンク色で、胸元から腹にかけて並んだボタンのような飾りが特徴。
ブーツはふくらはぎ付近に胸元と同じ形のリングがはまっており、正面でフリルが開いている。

二段変身

超深海シンデレラ


前髪の上に額飾りがつき、ストラップから腹にかけてピンク色のフリルが追加され、スカートの上の段(色が濃い布)の後ろが長くなり、スカートの色が薄くなる。また、後ろ腰に赤味の濃いピンクのリボンが追加され、手袋やブーツのフリルが2枚になり、左手首のビーズリングがブレスレットに変化する。

第二期最終局面ではどっかの青い巨人のように、ラスボスさえ救って見せた。

プロフィール

生年月日1989年7月3日
血液型O型
身長156cm
好きな食べ物エビ
嫌いな食べ物レーズン


余談

るちあは主人公とは思えないほどの低音の声の持ち主であり、ファンからの歌の評価はあまり良くない。ピュアでは大分ましになった。

関連タグ

マーメイドメロディーぴちぴちピッチ

pixivに投稿された作品 pixivで「七海るちあ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 459880

コメント