ピクシブ百科事典

七英雄

しちえいゆう

RPG『ロマンシングサガ2』のボスキャラクター達のことであり同時にラスボスでもある。
目次[非表示]

ロマサガ2における、主人公の最大の宿敵。
ロードオブヴァーミリオンⅡ』『エンペラーズサガ』『インペリアルサガ』にも参戦している。

概要(ロマサガ2)

ロマサガ2の世界における、遥か昔から伝わる伝説の英雄。
あまたのモンスターを打ち倒して人々を救い、そしていずこかへと去って行ったとされる。

しかし、なぜか帝国暦1000年ころには七英雄たちはロマサガ2世界に帰ってきており、特にそのうち一人であるクジンシーは物語のスタート地点であるバレンヌ帝国首都アバロンにも近いソーモンの街を占拠している。
クジンシーがアバロンを襲撃し、皇帝レオンが復讐を誓ったことから歴史は大きく動き出す。

はじまり

元々、彼らは現生人類より遥か昔に繁栄した「古代人」である。(現生人類は古代人たちの時代は召使いであった。)

古代人の魂は寿命がとても長かった。しかし、その寿命が来る前に、肉体が先に朽ち果ててしまうという問題点を抱えていたのである。そこで、より長く生きるために、自分の魂を他の肉体になじませ、事実上相手の肉体を乗っ取って寿命を延ばす「同化の法」を発明し、全員に施す。

こうして半永久的に生きられるようになったが、もう1つ懸念があった。ここまで死への対策をしてきた古代人が死ぬ条件は何か。答えは簡単。殺されることである。そして、世界には凶暴なモンスターが跋扈しており、まさに古代人が恐れていた状況そのものにあった。

だが、そのモンスターを駆逐し、自分たちを含めた古代人みんなに平穏を取り戻そうと、戦いを始めるものがいた。ワグナスノエルである。彼らは、同化の法を改良し、モンスター相手にも同化の法を使えるようにしたばかりか、モンスター側の力もそのまま自分のものに取り込めるものにした。これが「吸収の法」である。単純に生きるためではなく、より強い力を積極的に求められうる秘法へと進化したと言える。

メンバー集め

そして、賛同者も集めた。ワグナスは、いとこのスービエにこの事を伝え、協力してもらうよう持ちかける。スービエ自身は複雑な事情を理解していなかったが、ワグナスに対する信頼は絶大なものであり、さっそく吸収の法を教わる。

ノエルには妹のロックブーケがいた。しかしこの計画を知ると、自分も仲間入りして戦おうと志願する。ノエルは妹をこのような過酷な戦いに巻き込みたくない理由から拒絶したが、自分を仲間はずれにするのかとせがむロックブーケに根負けし、吸収の法を会得する。

自ら加勢しようとする者もいた。暴れ者のダンターグは、単純に強さを求めて吸収の法に目をつける。吸収の法は、モンスター側の特徴を取り込んでしまうため、「愛情などといった“単純に強くなるにはジャマな感情”も勝手に取りこんでしまう」リスクを伴うことをノエルから説明される。しかし彼の応えは簡単だった。「なら、吸収する相手を選べばいいだけだ」と。

ずる賢いボクオーンは、今のメンバーに頭脳的な作戦を立てられる者がいないことに着目し、頭脳派であることを理由に参加を持ちかけた。

そんな中、招かれざる志願者もいた。嫌われ者のクジンシー。強い男になりたいと思っていた彼は、これらのメンバーに「置いていかないでくれ!」とせがむも、周囲からことごとく拒絶される。賭けごとを趣味にして当時の夢が「ロックブーケを思い通りに」なんて考えている時点でたかが知れているが、自分を劇的に強化できる唯一無二のチャンスだった為か、最後は一番温厚なノエルにすがりついて頼み込み、吸収の法を得たのである。それが他の皆にとって、ある意味最大の災厄になるとも知らず···。

戦いの歴史

こうして吸収の法を得た7名は、モンスターを次々と駆逐していく。
やがて七英雄と呼ばれ、古代人からはまさに「英雄」のような存在であった。
しかし、強大なモンスターを駆逐したということは、すなわちそれ以上の力を持っていることに他ならない。

そして、ついに恐れていたことが起こった。
この「モンスターより強大な力」が、古代人に対して向けられ始めたのだった。

折しも、世界は異常気象が頻発し、このままこの世界に住み続けること自体が危険な状況となっていたため、古代人たちは別次元へと逃げる準備をしていたのである。これに乗じる形で、転送装置のテストという形で七英雄を呼び出して、転送させた。

自分たちが逃げる予定の世界とは違う、全くの別次元へと追放する為に。

せっかく世界を救う為に戦ってきた仕打ちが、これだった。
このことを深く恨んだ七英雄のメンバーは、いつの日か古代人に復讐しようと心に決め、この世界に戻ってきたのである。

戻ってくるには長い年月を要した。そして、いざ戻ってきてみると、古代人のほとんどは別の世界に逃げていた。
そこで、古代人が逃げた世界がどこなのかを調査するため、メンバーの何人かは世界中に遺されているはずの転送装置を捜し求め、モンスターを使役して世界に手を広げた。

もっとも、メンバーの中には復讐に興味を示さない者も出始めていた。
ダンターグは元々強さだけを追い求めていたため、復讐などという面倒なことに全く関心が無く、ひたすら己の強化に明け暮れる日々を過ごしていた。
ボクオーンはその頭脳をいつしか悪用するようになり、麻薬作りと金儲けに走る。
クジンシーに至っては、これまで吸収してきた相手が異世界の死神だったことをいいことに世界征服を考え、人間たちの生命力を弄んで吸い取るようになっていった。
挙句、バレンヌ帝国に手を出したことで、帝国が「古代人から授かった秘法」である伝承法を身に付け、打倒七英雄を掲げて戦いに出るようになり、これが七英雄を破滅に追いやる決定的なきっかけとなってしまった。

なお書籍『ロマンシング・サガ大全集』では「同族を見返したがっていたクジンシー・ボクオーン・ダンターグだけでなくワグナス達も増長し始めたため追放された」と記述されている。

古代人を危機に追いやったモンスターの正体

このような事になった発端は、「古代人にとっての脅威であるモンスターをどうにかしたい」というものだったことは、先述の通りである。

では、これらのモンスターたちはなぜ生まれたのだろうか。
アプリ版の追加シナリオで、その真実が明らかになっている。

昔のモンスターの記憶が再現されている特殊な空間「追憶の迷宮」。ここで、当時のモンスターたちの声を聞くことができる。

「戦を無くすため、戦をするというのか。‥‥もっと賢く立ち回ったら良いものを。
 英雄の居場所など、戦場以外にありはしない。
 戦を無くせば、貴様らは自らの居場所も無くすのだ。
 せめてもの情けだ、七英雄、戦場で散れ!」

「きさまらのその異形の姿‥‥魔物を取り込んだのだな。
 他者の血肉を我がものとする‥‥なんと邪悪な術よ。
 これほどの力を得るために一体、いくつの生命を食らってきたのだ!?
 罪深き英雄よ、その罪ごと、貴様らを食らってやろう!」

「何人もの意識が混ざっているな。本当のお前は、最初のお前は一体、どこにいるんだ?
 志を問うのも馬鹿らしい。同化の法で永遠の命か。
 あっはっはっは! それは能力かね? 私には呪いに見える。
 半妖の肉体に、いびつな魂‥‥あわれなり七英雄。
 魔物を吸収する前の、最初の、本当のきさまらは、一体、どこにいるのだ?
 その呪いから、解放してやろう。死をもって!」

「我らを倒して世界を救うだと?
 ‥‥笑わせるな。世界に生きるは人のみにあらず。
 きさまらには聞こえぬのか。大地の震え、風の泣く声‥‥
 いずれ世界は大きく変動する。
 魔物の進攻も、世界の変動も、自然の理を破り続けるきさまらへの神の裁きと知れ!」

···もうお分かりだろう。古代人が寿命を無理やり延ばそうと手を出した「同化の法」自体が、世界のバランスを歪め、モンスターを生み出したのである。
異常気象も、元をたどれば「同化の法」の副作用だということになる。
無理やり自然の摂理を捻じ曲げた古代人が、モンスターに襲われ、異常気象によって世界から転移せざるをえなくなったことは、因果応報としか言いようがないものだったのだ。

強敵と呼ばれる所以

七英雄は、自らの活動をより確実なものとするため、もう1つの秘法を施している。

それは、「自分の本体を秘密の場所に保管しておき、普段はかりそめの肉体で活動する」こと。
そして、かりそめの肉体が倒されても、本体が無事ならば、長期間(クジンシーの場合は基本的に数千年)の休眠期間を経て復活できるのだ。

そのバックアップ体制はかなり堅牢で、本体を隠してある場所に通常は誰もたどり着けないのはもちろんだが、かりそめの肉体で活動できるメンバーが最後の1人になった場合、あらゆる調査や戦いを放置してでも本体を守る「血の誓い」だった。

バレンヌ帝国が直接の被害を被った相手であるクジンシー以外の七英雄、それも人間に大きな被害を出している訳でもないダンターグやノエルらも含めて全員を倒さなければならなかった理由は、ここにある。
クジンシーを倒しても、他のメンバーが本体を守っている限り、数千年の時を経て復活してしまう。
そのため、七英雄を次々と倒して最後の1人まで追い詰め、本体の守りに移動したところを突き止め、叩かなければ戦いは終わらないのだ。

しかし、本体を突き止められた七英雄が、そのまま黙って本体を破壊されると思ったら、大間違いであった。

数々のバックアップ対策を破られた七英雄がとった、最後の手段。それは···

「メンバー同士の本体を全て吸収・融合させ、全ての力を結集して戦う」という、とんでもないものだった。

かつてモンスターを駆逐した七英雄は、強大なモンスターを数多く吸収しており、単体でも非常に強大な力を持つ。
それが7体も融合して、それぞれが襲い掛かってくるわけである。
生半可な準備では勝てる道理がなく、多くの挫折者を生み出したみんなのトラウマである。

なお、最後の1人を倒す前に、皇帝自身がプレイヤーへ向けて警告している。

「この先は引き返せないぞ。」

人の話は、よく聞いておこう。

ゲーム上での強さ

ロマサガ2の発売は1993年であるが、20年以上の時を経て未だに日本RPG史上最強のラスボスの一角として語られ続ける存在にして、ゲームバランス無視級の極悪ボスの代名詞として名高い
ぶっちゃけ、発売当時はハメ無し正攻法撃破が普通にやりこみ扱いされたというレベルである。
実際のところ、SFC時代のトラウマボスとしてはメタルマックス2テッドブロイラーと双璧を為す、或いは上回る程の存在感と知名度を誇る。
成長がカンストした状態でも、戦い方が悪ければ、容易に叩き潰される。

具体的に挙げるその強さ

「無対策で複数名にダメージ400〜500、単体ダメージ4桁は当たり前のように飛んでくる(HPカンストは999)」
「全体攻撃に麻痺の追加効果まで付いているサイコバインド」
「無対策では男性キャラクターをほぼ100%魅了するテンプテーション」
「無対策で直撃、或いは行動不可能(戦闘不能・麻痺・睡眠等)時に喰らうと以降リカバリー不可能なソウルスティール」
「無対策で直撃すると敵に放つべき技が味方に飛んでくるマリオネット(それが全体攻撃ならば即全滅)」
「錯乱状態になる混乱+透明化(最低でも1ターン治療不可)効果のアストラルゲート」
等々、ぶっ壊れ技のバーゲンセール状態。
それ以外にも凝視(麻痺or魅了)、デッドリードライブ(全体能力低下)、動くな(全体麻痺)、催眠(全体睡眠)、ホラー(混乱)、プリズムライト(魅了)等々、搦め手も満載。
正直、これだけでもお腹一杯なのだが、一番の問題はこれらが1ターン中に最大7連続で飛んでくることである
いくらボスが七人分融合しているとは言え、容赦無さすぎじゃないですかね・・・・・・

もっとも、見切りや耐性等で無効化出来る攻撃も多いので、実際に被害を受けるのはせいぜい3〜4回程度。
それまでの進行にもよるらしいが、7回行動されることはさすがにそうそうない。
だが、むしろその程度まで抑えられるレベルに準備をしていかないと勝負にならないという方が正確ではある。
んなこたァ知る由も無い数多のちびっ子たちが涙を呑んだのもむべなるかな、と言ったところか。

こんな奴どうやって倒すの?

A:ずっと俺のターン! ・・・・・・これが一切の誇張も歪曲も捏造も無い事実だから困る。

クイックタイムという術がある。
効果は使用ターンの敵の全行動を強制的にキャンセルし、次ターンに確定で先制行動できるというもの。
後は概ね予想は出来るだろう。毎ターン使っていれば相手は何もできないので、その間に殺っちゃえばいいのである
もっとも、消費するJPは36と莫大なので(JPカンストは250)、それなりの育成は必要ではある。
使い手が1人で足りなければ、2人・3人と用意しておけば、間違いない。
卑怯、邪道と笑わば笑え。当時を知る者なら「こうでもしないと倒せなかったんだからしょうがないだろ!」と口を揃えるだろう。

当時はインターネット等の情報ツールが存在するわけもなく、各種攻略本においてもネタバレとなるラスボスの情報は伏せられているのが常だった。
つまり、七英雄の攻略情報はせいぜい学校内での情報交換くらいしか存在しなかったのである。
そして、実際に七英雄撃破に成功したクラスメート達は口々にこう言った。クイックタイムと。
それを責める者など誰もいなかった。それを使わずに倒せた者など誰も居なかったからだ。
術法研究所を建設しなかった脳筋プレーヤーたちは幾十・幾百と叩き潰され、泣く泣く最初からやり直した。
特に、前作ロマサガ1が、物理攻撃に大きく偏重したバランスで、術法は補助以外に使い道がほぼないものだった為、術の育成を怠るプレイヤーが溢れていたのも原因である。
正面から正攻法で撃破するには、数々の補助術を余すところなく使いこなさなければならないのだが、それまでのボス対策にそこまでの徹底さが必要とされていないため、補助が普段から重要な女神転生シリーズなどとは異なり、補助術の開発がザルだったプレイヤーは非常に多かった。
そして攻撃手段に乏しい水術を、ただラスボス戦の為だけに「生命の水」で鍛え続けた。
「使わずに行けるところまで行ってみよう」と試した奴らは、七英雄が漸く本気を出すか出さないかといった辺りで押し潰される現実に戦慄した。

そして、激闘の果てに勝利を掴んだプレーヤー達は、エンディングで流れる歴代皇帝達の雄姿とアバロン帝国史を背景に感慨に耽るのである。
一部のプレーヤーにとっては「ああ、初見でクリア出来ていたら、あの皇帝たちがこの場に居たはずだったんだな」という、ちょっぴり苦く切ない思いと共に。

ちなみに、研究と解析が進んだ現在は乱数調整(状況再現)無しで一人旅ノーダメージ撃破可能な戦術が確立されているという。それでも勝率は10%ほど(ノーダメージを除いた撃破だけならもう少し上がる)らしい。やはり狂人であったか。
しかし、なんでロマサガ界隈はこういった無茶なレベルのやりこみがゴロゴロしているのだろう・・・・・・

インペリアルサガ

原作同様の7人が登場するが、多数の世界の住人やモンスターをかき集めた異世界「ディスノミア」において、彼らは新たなモンスターの吸収に着目する。しかし、ヴァダガラの瘴気に染まったモンスターを吸収したことで、自分たちもヴァダガラの瘴気に冒される者は多かった。

異世界に飛ばされた現状から、原作以上にメンバーはバラバラな行動を取ることになる。自力で次元の檻を破ってもとの世界へ帰ろうとする者、瘴気に冒されるままに復讐心を過剰に強める者、どうにか正気を保って活動を続けようとする者。

第2章では彼らの本体と戦うことになる。しかし、中堅レアリティ以上の家臣が揃っていればこう思っただろう。「弱過ぎではないか」と。

これはワグナスが一計を講じたため。本来は、自分たちの本体ボディを集めてそれらを合体させたのが集合体である。しかし、本体のダミーを用意して合体させ、偽の集合体を作ることで、アルタメノスの皇帝に「七英雄の本体を倒したから二度と七英雄は襲ってこない」と思わせるための撹乱作戦であった。のちに成層圏へ逃げたワグナスが捕捉されたことで、この計画は帝国へ知れる事となる。

また、モンスター体とは別に、もともとの(モンスターを吸収する前の)古代人であった頃のメンバーも登場する。

pixivのタグとしての使用

pixivのタグとしては2つの意味で使われる。

アークシステムワークスの2D格闘ゲームブレイブルー
登場するのは「六英雄」であるため混同に注意。

個々の七英雄

虹英雄


メンバーは

七人のうちの一人以上を描いた絵につけられる。紅一点のロックブーケが特に人気のようだ。

集合体『七英雄』

七 英 雄


最終ボスたる、七英雄全員の生命の源体も『七英雄』と呼称する。
上記の通り、未対策で挑むと地獄を見る、或いは泣く泣く最初からやり直す羽目になるくらいには強い。
このタグがつくイラストには、様々な他版権のキャラを代わりに埋め込んだものも多い。

余談

それに関連してクソゲーオブザイヤー2008にノミネートされた7作品を指すこともある。
その内訳は『メジャーWii 投げろ!ジャイロボール!!』『奈落の城 一柳和、2度目の受難』
『大奥記』『神代學園幻光録 クル・ヌ・ギ・ア』『プロゴルファー猿』『ジャンライン』
『メジャーWii パーフェクトクローザー』の7つである。

さらにオマケのひとこと

書籍『ロマンシングサガ大全集』において、「七英雄それぞれの名前はJR山手線の駅名の逆読みが元」と明記されている。
新宿恵比寿五反田上野新大久保池袋品川

関連イラスト

七英雄
七英雄




関連タグ

ロマンシングサガ2 ラスボス
クジンシー ボクオーン ダンターグ スービエ
ロックブーケ ノエル ワグナス オアイーブ サグザー

新宿 新大久保 五反田 恵比寿 池袋 上野 品川

そっくりさん?

アーカード
彼の場合は吸血行動によって対象の命を自身に隷属させ、致命的な攻撃を受けた際には隷属した命にダメージを肩代わりさせており、並の吸血鬼のようには簡単に倒せない。
また「拘束制御術式」を解放する事で異形の存在へと変貌し、隷属させた命を顕現させ、その生前の能力を再現する能力も持つ。

また、「人類を守るために敵である魔物と合体して戦ったが、やがて人類から疎まれる」というキャラデザインのコンセプトには、永井豪の漫画デビルマンも影響を与えていると思われる。
他にも、七英雄の能力や戦闘方法がONEPIECE王下七武海似ているという意見もある。

pixivに投稿された作品 pixivで「七英雄」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1764316

コメント