ピクシブ百科事典

三島由紀夫

みしまゆきお

日本の小説家、劇作家、思想家、評論家。戦後の日本文学界を代表する作家の一人。1925年 - 1970年〈45歳〉
目次[非表示]

三島由紀夫〈Yukio Mishima〉
(みしまゆきお)
本名:平岡公威〈Hiraoka Kimitake〉
(ひらおかきみたけ)

人物

1925年(大正14年)1月14日 東京生まれ。東京帝国大学卒(本籍地は兵庫県)の小説家、小説家、劇作家、思想家、評論家。高級大蔵官僚家の子 幼いころより、病弱神経質、(不本意であったが)女装的格好をしてすごし、独自の夢想的人格形成をした。戦時中に、志願兵として徴兵検査を受けるが、華奢な体のせいで不適格となる。その後、父親のコネもあり大蔵省へ入り大蔵職員になるが、仕事に必要な体力が追いつかず、徐々に執筆活動に専念した。

小説家になると独自の雰囲気を持つ小説を発表し一躍人気作家に躍り出た。その後、その独自な性格を生かした仕事(戯曲、評論、)をはじめると、徐々に「天皇、日本国家、日本人」を追及しだし、やはり独自の国家論、や日本人論を展開するようになった。現在では考えられないが当時の政治状況は日本社会党陣営が「安保闘争」を一応主導し、日本共産党陣営が「全共闘支持派全学連」による学生デモ、「人民軍」創設を一応公約として活動していた時代であった。(「全共闘」以前の「全学連」での執行部は「ブント(共産主義者同盟)」という組織があったが、これは全共闘執行部とは別物である。)

我慢できなくなった三島は、1960年後半に「左翼妥当。祖国防衛の決起隊」を目指した、軍隊的組織の「楯の会」を結成する。当時の自民党政権の佐藤栄作総理が資金援助を申し出たが、三島は拒否した。その後突如として、1970年(昭和45年)11月25日に、楯の会メンバーと共に陸上自衛隊東部方面総監部に乱入し、決起を促す演説をしたあと、割腹自殺をし死亡した。(三島事件)

病弱な 幼少・少年期・青年期

イメージがかなり違うかもしれないが幼少期の由紀夫は稚児のような格好で過ごしていた。三島の家は華族階級の習慣が残っていたので幼少期で女装していたのだ。(古い権力階級などでは子供時代に女装する習慣があることは世界的に見てもは珍しいことではなかった)しかも病弱であり、少年期から青年期に至ってもかなり細い体格であった。このためか三島自身は『強い漢』にあこがれていたと後に述懐しており、中年~晩年にいたるとボディービルを始め、強靭な肉体を手に入れた。(ガチムキ
どうやらその肉体には相当の自信があったらしく、取材等でカメラマンが何も言わずに三島にカメラを向けるとたびたび勝手に服を脱いで裸になろうとしたというエピソードがある他、自身の全裸写真集『薔薇刑まで出版してしまっている。

西洋風愛国者~明治崇拝者~『強いもの』にひかれて

政治信条としては国粋主義的思想であった。後醍醐天皇を奉じて戦った南北朝時代の楠木正成や、江戸時代の泰平の世にあって戦国時代の遺風に殉じ「上方風の打上がりたる武道」を痛烈に批判した『葉隠』の美学に憧れていた。
一方で、古代ローマ古代ギリシアに心酔し南欧風の洋館を建てフランス料理を好むなど西洋趣味でもあった。英語もかなり堪能で、海外からの取材には通訳を介さず応じた。

楯の会

三島は自費で『軍隊楯の会)』も作ったりした。
これは戦後高度経済成長する日本がかつての日本的帝国文化精神の清さが薄れ、年功序列、エログロナンセンスの繁栄丸出し(に見える)、封建的民主主義などのことが耐えられなくなったからだともいわれる。

交友関係

森鴎外を深く尊敬していた。太宰治の作品を嫌っており、大宰本人に対して面と向かって「僕は太宰さんの文学は嫌いなんです」と言い切ったというエピソードがある。生前は美輪明宏と交流が深く、江戸川乱歩作の「黒蜥蜴」を戯曲化して美輪に主演を依頼したのを皮切りにして、自決事件の直前まで公私共に長い付き合いを重ねていた。

同性愛者であったが、日本画家の重鎮・杉山寧の娘・瑶子と結婚して子供ももうけているため、バイセクシャルであったとも言われている。(一説にはこの結婚自体が両親に対して自身が同性愛者であることを隠蔽するための偽装であったとも)

“軍人”三島由紀夫

 尚、先述の楯の会の活動を通じ、陸上自衛隊対心理情報課程(不正規戦・情報戦を行う人員を育成する課程)に所属する山本舜勝一等陸佐(退役時陸陸将補)を顧問として、同会会員に市街地における不正規戦訓練を実施し、また、クーデターを視野に入れた活動をも実行していた事を山本一佐は著作「自衛隊 影の部隊」で主張している。山本元一佐は再三クーデター実行の誘いをしてくる三島に、“今はその時ではない”として退けたが、その際に部下であった若手の陸上自衛官から三島の意に沿わない事への不満が電話で伝えられ、“兵員の心理掌握に関しては自分を超えていたかもしれない”と作家としてではなく“軍人”としての顔の三島を回顧している。

尚、対心理情報課程は現在は廃止され、近年の陸上自衛隊における情報科の創設まで“表立った防諜要員の養成機関”は存在しなかった。

また、楯の会は本来、兵力の限られた自衛隊の補完機関としての“民間の祖国防衛隊”という準軍組織(欧米でいうフライコーアのような公的ではない軍備)のような方向を目指しており、政界・財界の広範な支援を以て、自衛隊が担っているものの専門性を高度に有しない沿岸の警備、或いは思想侵略からの国民の防備・状況によっては市街地での治安活動などの任務に投入される“不正規軍”になることが想定されていたが、三島の思想を理解しない政財界からの“私兵のレッテル貼り”を受けたことによる三島の絶望から、政財界と言った“社会との横の繋がり”を排した自分たちのみによる“縦の構造”による尖鋭化による防衛行動への決心の表れとして名称に“楯”の字を用いた、と山本一佐は主張している。

しかしながら三島の日本社会の絶望と思想侵略への憂慮は、予言の様に現実として我々の前に現れつづけている。ある意味に於いて三島由紀夫は“偉大な作家”というよりは戦後に現れた数少ない“先見性に優れた軍人であった”と考えることも出来る。


主な作品

小説

戯曲

古典


関連タグ

小説家 文豪 憂国忌
帝都物語 美輪明宏 陸上自衛隊
同性愛 男色家 楯の会 ボディービル

彼をモデルにしたキャラクター

ゴトウ(真・女神転生)
サラマンダー公威(よんでますよ、アザゼルさん。)
石馬戒厳刃鳴散らす

その他

民社党・・・「縦の会が決起するときに協力できそうな勢力は、現時点では「民主社会党(民社党)」だけだ。」とコメントしたことがある。

pixivに投稿された作品 pixivで「三島由紀夫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167461

コメント