ピクシブ百科事典

三村信史

みむらしんじ

三村信史とは、小説『バトル・ロワイアル』の登場人物。
目次[非表示]

概要

城岩中学校 男子出席番号19番

容姿

身長172cm。クラスで唯一の左利き。
切れ長の目をしたイケメン。短い髪を立てていて、左耳にピアスをしている。左利き。

詰め込み 【三村ver.】



性格

学業成績は良くないが切れ者で、コンピューターに知識が深い。海外から様々な情報を仕入れており、博識で中学生離れした思考をする。運動神経も抜群で、バスケットボール部の中心選手。その活躍ぶりから「ザ・サードマン」のニックネームを持つ。

ファンクラブがあるほどのモテっぷりで女性関係も派手であり、既に三人と経験済みであるが、プレイボーイであるとの噂が立ちクラス内ではそれほど支持を得ていない模様。一方でオカマキャラの月岡彰に惚れられており、三村自身は彼のことを煙たがっている。

瀬戸豊は小学生時代からの親友であり、お互いに心底信頼し合える間柄。他に七原秋也杉村弘樹とも仲が良い。特に七原は三村を高く評価しており、再三にわたり言及していた。

前述のコンピューターの扱いやバスケットボールなどを彼に手ほどきした叔父に心酔している。その叔父は反政府活動家であった。既に他界しているが、その死が事故として処理されたことに疑念を持っており、国家体制への反発心は強く、プログラムでは政府への抵抗を決意する。

読者からの人気が高く、また原作者自身もお気に入りのキャラクターとして挙げている。

「速攻!」

原点



プログラム中の行動(ネタバレ)

激情に駆られた七原を諌め、表向きは政府の主張に賛同しつつ怪我人の発生を理由にプログラムの延期を申し出るなど、機転を回すも裏目に出るや怒りを押し殺し参加。
豊を助けると共に優れた頭脳とありあわせの道具で政府のコンピューターに対するハッキングを行うが、首輪の盗聴により失敗。
そこから更なる策を巡らすが飯島敬太と出会い、威嚇射撃を加えるも誤って射殺、そこから疑心暗鬼を招き豊の説得には成功するも桐山和雄と交戦、政府に対する攻撃を諦め桐山を全力で倒そうとするも力及ばず死亡。
中学生離れした文武両道の実力者、人格者ではあったが自分自身の能力の高さに過信が有り、盗聴に飯島との決裂等などには中学生らしい未熟さが垣間見える。

関係人物

三村の叔父・・・三村が敬愛している叔父。父親の弟。二年前に死亡。三村の左耳のピアスは、彼の形見分け。狭い借家に一人で住んでいた。今日の三村の形成に、多大なる影響を与えた人。バスケをはじめ、コンピュータの基礎、ケンカのやり方など、三村に全てを教えてくれた。一緒に、山に登ったりも。三村は、三村が小学校のときにくれた、古いポケットナイフを今でも愛用している。何についても、的確な答えを持っている。(三村談)
”必要なときにはゆっくりしていればいいさ。しかし、必要なときには神経を張りつめてろ。要は、その判断を見誤るなってことだ”

三村郁美・・・三村の妹。おませ。三つ下(小学六年?)
「おにいちゃんは恋愛結婚したい? お見合いでもいいと思う?」

三村の父・・・管理職。一般人民職階等級では、一等労働者。外に、女を作っているらしい。妻とは、普通に会話する。必要なことは、互いにやる。でも、信じあうことも、助け合うこともなく、静かな愛憎を重ねている。三村いわく、凡欲な男。

三村の母・・・夫に、女がいることを知りながらも、責めることをしない。夫とは、普通に会話する。必要なことは、互いにやる。でも、信じあうことも、助け合うこともなく、静かな愛憎を重ねている。創作生け花だか女性サークルだか、次から次へと新しい趣味を作って、自分の世界に閉じこもっている。

関連タグ

バトルロワイアル バトル・ロワイアル

pixivに投稿された作品 pixivで「三村信史」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75816

コメント