ピクシブ百科事典

三谷幸喜

みたにこうき

三谷幸喜は、日本の劇作家、脚本家、俳優、映画監督。
目次[非表示]

1961年7月8日生まれ。東京都出身。

概要

喜劇作家として広く知られる。コメディ以外のジャンルを扱う場合も、どこかしらに笑いの要素が入っていることが多い。

1983年、日本大学在学中、劇団・東京サンシャインボーイズを結成。脚本家、役者としてのキャリアを積む。

1989年からテレビドラマの脚本を書き始め、1993年の『振り返れば奴がいる』で初めて連続ドラマの脚本担当を務める。ただし、三谷の脚本が現場でシリアスなものに書き換えられ、三谷はショックを受けることになった。これは三谷が、急遽降板した他の脚本家の代打であったことも手伝っている。
だが、ドラマがヒットしたことにより三谷の発言権が増え、その後『古畑任三郎』『王様のレストラン』といったヒットドラマを送り出していく。

1997年、自作の演劇脚本を映画化した『ラヂオの時間』で、映画監督デビュー。
脚本と監督業を兼任する際は、「脚本と監督」とクレジットするのが常。

作品の宣伝には自身が前面に立ち、バラエティ番組などにもよく出演する。あくまで仕掛け人であることを好み、自分が話題の中心になることは嫌っているが、メインゲストとして呼ばれた場合には色々とやらかす事もしばしば。
三谷が関わる作品には東京サンシャインボーイズのメンバーが頻繁に起用されている。また、気に入った役者を繰り返し起用するため、オールスターキャストとなることが多い。
常連の役者に香取慎吾唐沢寿明佐藤浩市鈴木京香戸田恵子深津絵里西田敏行西村雅彦山寺宏一など。

無名時代にアニメサザエさん』の脚本を手がけたが、カオスな内容にプロデューサーが激怒し降板させられたことが、しばしば語り草になっている。

タラちゃん成長期


なお、俳優として後にTVドラマ版(大きく分けて4シリーズあるが、いわゆる「観月ありさ版」)において伊佐坂先生役での出演を果たしている。ある意味リベンジと言えよう。

1995年から2011年まで、女優小林聡美結婚していた。
仕事上の繋がりはもっぱら演出・脚本家と女優としてであり、俳優としての共演は『鍵師3』の一度のみ。

参加作品

テレビドラマ(脚本)

『超少女!はるひワンダー愛』1986年
やっぱり猫が好き』1988-1990年
世にも奇妙な物語』「息子帰る」1991年
振り返れば奴がいる』1993年
古畑任三郎』1994-2006年
王様のレストラン』1995年
3番テーブルの客』1996-1997年
『総理と呼ばないで』1997年
『今夜、宇宙の片隅で』1998年
『合い言葉は勇気』2000年
HR』2002-2003年
NHK大河ドラマ新選組!』2004年
わが家の歴史』2010年
NHK大河ドラマ『真田丸』2016年

映画(監督と脚本)

ラヂオの時間』1997年
『みんなのいえ』2001年
『THE 有頂天ホテル』2006年
ザ・マジックアワー』2008年
ステキな金縛り』2011年
清洲会議』2013年

映画(脚本)

12人の優しい日本人』1991年
『竜馬の妻とその夫と愛人』2002年
『笑の大学』2004年

その他(脚本)

『連続人形活劇 新・三銃士』2009-2010年

出演

ドラマ・映画
犬神家の一族』2006年 - 那須ホテル主人
西遊記』2007年 - 国王
NHK大河ドラマ『功名が辻』2006年 - 足利義昭
『連続人形活劇 新・三銃士』 - オレイリー(声)
『世にも奇妙な物語 20周年スペシャル・春 ~人気番組競演編~』「台詞の神様」2010年 - 三谷幸喜(本人)役
サザエさん2』2010年 - 伊佐坂難物(伊佐坂先生)

バラエティ
トリビアの泉』・・・トリビア品評会メンバーとして参加
ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!
・・・動画のネット配信で世界的に話題になった「サイレント図書館」シリーズ第一段に登場。ゲストながら驚異的な引き運によって罰ネタを引き抜き、結果滅茶苦茶な目にあった。

関連タグ

演劇 脚本家 俳優 映画監督
フジテレビ NHK

外部リンク

パルコプロデュース・三谷幸喜作品 オフィシャルサイト
三谷幸喜 (@mitanikoki) は Twitter を利用しています
三谷幸喜 - Wikipedia
三谷幸喜とは - はてなキーワード
三谷幸喜データバンク

pixivに投稿された作品 pixivで「三谷幸喜」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16623

コメント