ピクシブ百科事典

三遊亭圓楽

さんゆうていえんらく

噺家は「圓」の字を好んで使う傾向がある。ここでは5代目圓楽について述べる。
目次[非表示]

現在の六代目は楽を名乗っている。→三遊亭楽太郎

概要

ここらでおいとま されました


1932年12月29日(戸籍上は1933年1月3日)生まれ、2009年10月29日没。
本名は吉河 寛海(よしかわ ひろうみ)。東京府東京市浅草区(現:東京都台東区)出身。
円楽一門会総帥・最高顧問。
尚、名跡については「圓楽」とも表記する。
1955年2月に6代目三遊亭圓生に入門、「三遊亭全生(ぜんしょう)」と名乗る。
1958年3月二つ目昇進。
1962年10月真打昇進し「5代目三遊亭圓楽」を襲名。

若い頃は「星の王子さま」の愛称で親しまれ、端整な顔立ちと博識振りで1960年代の演芸ブームの際脚光を浴び、7代目立川談志、3代目古今亭志ん朝、5代目春風亭柳朝(柳朝没後は8代目橘家圓蔵)と共に落語界の「四天王」と呼ばれた。

1985年3月、私財を投げ打って東京都江東区東陽に寄席「若竹」開館(後に諸事情により閉鎖)。

長寿番組「笑点」の司会者として知られる(前身番組の「金曜夜席」時代から出演している)。
1977年3月27日に落語に専念するため一度番組を卒業したが、1982年12月8日に当時の司会であった三波伸介が急死した事に伴い1983年1月9日から司会者として番組に復帰。
以降、2006年に体調不良により勇退するまで、名司会者として同番組を牽引し続けた。

2007年に健康上の理由により落語家及びタレント業から退く事を表明。その後、療養生活に入るものの2009年に肺がんを発症し、同年10月29日に逝去。享年76歳。

後任の桂歌丸春風亭昇太に比べ、失礼な回答をされてもキレるどころか爆笑することが多かった(ただし座布団はとる。下の動画が顕著な例)。
お決まりの罵倒ネタとしては「馬面」「若竹(借金)」「長い小言」などがあげられる。特に笑点で「馬面」と言えば五代目圓楽という印象は強いだろう。
他にも3問目を飛ばして終わらせようとしたり(実はこれは脳卒中の前兆だったとされ、この時は引退の二文字が頭を過ぎったという)、「目黒のサンマ」で「うまい」と言うところを「まずい」と言ったりイワシと間違えたりなどの天然系エピソードから「大らかで懐の深い人」と思われがち。

一方で六代目が「怖いんじゃなくて厳しい」と語る程辛辣な面もある。笑点本番前、弟子の一人でもある出演者の三遊亭好楽に楽屋で稽古を付けていたところ、好楽がうまく指示通りにできなかったことに物凄い剣幕で怒鳴った事がある(すっかり委縮した好楽は本気で廃業まで考えてしまう程落ち込んでしまい、腹の虫がおさまらない様子の圓楽に番組スタッフが恐れおののく中、歌丸が仲裁に入り何とか事無きをえた)。
他にも実際の笑点でもあったことだが、六代目(当時の楽太郎)が問題の答えでウケが取れなかったため「はい、楽太郎はダメ、笑点また来週」と番組を締められたことがある。これを六代目は「公開処刑」と苦笑いしながら紹介している。

また甘い物が好きで、弟子達の前で羊羹の包装をバナナのように剥いてムシャムシャ頬張りながら説教していた豆をつまみながらボロボロこぼしつつ何を言ってるかわからないような小言を語った、歌丸と木久扇と長崎に行った際、イチゴにかけるために置いてあった練乳の缶に口をつけて飲み干した等のエピソードがある。


その他

タレント・ラジオパーソナリティである小林克也と声がよく似ている。
巨人ファンである為、大喜利の際にジャビットくんが描かれた扇子を扇ぐ後継もあった。

関連タグ

三遊亭円楽(曖昧さ回避)

pixivに投稿された作品 pixivで「三遊亭圓楽」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6281

コメント