ピクシブ百科事典

上杉景勝

うえすぎかげかつ

戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将・大名。
目次[非表示]

概要

生年……弘治元年11月27日(1556年1月8日)
没年……元和9年3月20日(1623年4月19日)

上杉謙信を家祖とする「米沢上杉家」の2代目であり、上杉宗家(上杉重房を初代として)17代目に当る。豊臣政権時代は「五大老」の一人となり、江戸幕府成立後は出羽米沢藩の祖となった。

生涯

弘治元年(1555年)、越後国(現在の新潟県)坂戸城主であり、上田長尾家の当主である長尾政景仙桃院(綾御前)の次男として生まれる。幼名は喜平次。

初めは早世した兄・長尾義景に代わって上田長尾家を継ぐ筈であったが、永禄7年(1564年)に父・政景の死を受け、叔父・上杉謙信の養子となり、元服して名を「長尾顕景」とした。初陣は永禄9年(1656年)の関東出兵で、天正3年(1575年)、名を「上杉景勝」に改めた。

天正6年(1578年)、その謙信が後継者を明確にしないまま急逝する。その為、相続を巡って北条氏から養子に来ていた義兄・上杉景虎(実父は北条氏康)と争う「御館の乱」が勃発。当初こそは実家である北条氏とそれと手を組んでいた武田勝頼のバックアップにより景虎側が優勢であったが、景勝側は後に甲越同盟で武田氏と和睦して北条氏を牽制する等をして次第に形勢を返し始め、遂に天正7年(1579年)、追いつめられた景虎が自害。天正8年(1580年)に景虎側の残党である本庄秀綱や神余親綱らを鎮め、上杉家当主となった。

しかし御館の乱は、それまで精強を誇っていた謙信時代の軍事力を著しく低下させ、更には乱の鎮圧後の恩賞問題によって、景勝側について乱の制圧に大いに貢献していた新発田重家が恩賞の不満に怒り、蘆名盛隆や伊達輝宗の支援を得て、新発田氏の一門衆の他、加地秀綱らの加地衆や、上杉景虎を支持していた豪族を味方に引き入れて独立して景勝に抵抗する等、上杉家の混乱を大いに来たさせる等の影響を及ぼした。また、乱鎮圧後の翌天正9年(1581年)に織田信長の家臣・柴田勝家佐々成政の軍勢が侵攻。謙信が足利義昭の信長包囲網に加わっていた為の反撃であった。柴田軍の侵攻が進み、天正10年(1582年)には越中を完全に柴田軍に制圧(魚津城の戦い)されて上杉家は窮地に立たされるが、魚津城が攻略される前日の6月2日に本能寺の変が起こった事により柴田軍は引き上げて、九死に一生を得る。

その柴田勝家の侵攻の際、新発田重家は織田信長とも内通して更に抵抗を強め景勝を苦しめたが、本能寺の変、並びに蘆名盛隆が家臣に殺害された事、伊達輝宗が亡くなった事で重家は後ろ盾を失って次第に勢いが後退。天正15年(1587年)に景勝は漸く新発田重家を討ち果たす事に成功した。

その後、信濃を巡って北条氏直と対立するも、北信濃4郡の割譲を条件に北条氏と講和した(天正壬午の乱)。またその頃から豊臣秀吉に誼を通じて従うようになり、領内の混乱を鎮静化し、真田昌幸を一時従属下にした。文禄元年(1592年)の朝鮮出兵に参陣し、朝鮮半島へ渡った。文禄4年(1595年)には五大老に列し、慶長3年(1598年)、秀吉の命で亡き蒲生氏郷に代わって東北監視の為に会津120万石に加増移封された。

慶長3年(1598年)8月に秀吉が亡くなると景勝は徳川家康と対立。直江兼続の書状を機に、家康は会津へ上杉討伐に出陣し、この間に石田三成が挙兵。西に引き返す家康を景勝は追撃せず、西軍方として東軍方の伊達政宗最上義光に攻撃を仕掛けた(慶長出羽合戦)が、関ヶ原の戦いで東軍の勝利となり、家康に降伏した。この戦いには、豊臣に削られた分を、取り返し、恩を売って認めさせる思惑があったと言う説がある。

慶長6年(1601年)、出羽庄内、会津を没収され、30万石の米沢へ減移封される。以降は領内の立て直しおよび米沢藩の藩政確立に尽力。江戸幕府との関係を徐々にだが着実に改善していく。

慶長9年(1604年)に正室・菊姫が死去するが、同年5月には側室・桂岩院との間に嫡子・上杉定勝(後の米沢藩2代藩主)が生まれた。

慶長19年(1614年)の大坂の陣では家康側の将として参陣。鴫野の戦いではおよそ二倍の兵力差を覆し大功を上げたという。

元和9年(1623年)3月20日に米沢城で死去。享年69歳。

景勝の没後、米沢藩は後に4代目藩主・上杉綱憲の末期養子が認められた事と引き換えに30万石から半分の15万石(後に12代藩主・上杉斉憲の代で18万石に回復する)する等、苦難の連続を極めたが一貫して改易される事無く、明治維新による廃藩置県が行われるまで続いた。

人物

  • 無口無表情の寡黙な性格であったとされる。部下達も彼を恐れ、景勝の前ではみんな無駄口せず静かにしていたという。
  • ある時、飼っているが自身の物真似をする姿に笑みを見せたが、これが生涯でただ一度だけ家臣たちの前で見せた笑顔だったとまでいわれている。
  • かなりの愛刀家であったとされる。卓越した鑑定眼を持ち、特に気に入ったものから選抜した「上杉景勝御手選三十五腰」と呼ばれる目録にまとめており、収集物には国宝や重要文化財が多数含まれている。
  • 正室は先代の宿敵である武田信玄の五女・菊姫。夫婦仲については諸説あり、景勝の男色嗜好女性嫌いの性格から不仲であったとされる一方で、家臣ともに厚い信頼を寄せていたともされる。『上杉家御年譜』では病床に伏した菊姫のために神社仏閣への祈願や名医を招いたりと尽力し、逝去した際には家臣ともどもひどく悲嘆したとも記されている。
  • 直江兼続とは幼少の頃からの主従関係で、景勝の下で上杉家の家老として執政を長きにわたり務め続けた。景勝の嫡子・定勝は実母が早世したこともあり、幼少期は直江夫妻に養育されたという。
  • 前田慶次を慶長年間から配下に迎えている。秀吉の開いた宴会で慶次が出席者の前で猿真似をしてふざけていたが、景勝の前だけは大人しくしていたという。
  • 真田昌幸の次男・真田信繁(幸村)が人質として上杉で過ごした時期があるが、景勝は信繁のことをかなり気に入り好待遇だったという。


関連イラスト

【大河ドラマ】殿がお笑いになったようです【天地人】
【リク6】夏の新作持ってきましたよw
自引き祈願!
景勝殿



関連作品

 天地人(大河ドラマ)
 殿といっしょ(漫画)
 戦国大戦(ゲーム)
 炎の蜃気楼(小説)
 100万人の戦国無双(ソーシャルゲーム)
 戦国無双4(ゲーム)⇒上杉景勝(戦国無双)

関連タグ

 日本史 戦国
 上杉謙信 長尾政景 上杉景虎 新発田重家
 豊臣秀吉 直江兼続 前田慶次 真田幸村

pixivに投稿された作品 pixivで「上杉景勝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 968101

コメント