ピクシブ百科事典

上重漫

うえしげすず

上重漫とは、漫画「咲‐Saki‐」に登場する人物である。
目次[非表示]

プロフィール

身長148cm
誕生日1月6日
声優伊達朱里紗


概要

 南大阪代表姫松高校の2年生。団体戦では先鋒を務める。
 黒髪を2つに結った髪に、広いおでこが特徴。そして、地味に大きい(何が?)
 実家はお好み焼き屋さんらしい。

 試合等で失敗すると、恭子からお仕置きとして、その魅惑のおでこに落書き(何故か干支の漢字)をされる。おでこに落書きされた状態で初登場シーンを飾った時には、読者が落書きの意味を理解できなかったために、色々な意味で注目された。

 普段は気弱系のいじられキャラだが、恭子に資質を見出されて1年生からレギュラー入りをしている(昨年は副将を務めた)。
 そのため、カップリングイラストでは恭子と一緒に描かれることが多い。

能力

 強い相手と戦うと爆発力を発揮する(俗称「相対強運」)という能力を持つ。
 瞳の中で導火線が着火する演出が起こり、「789に偏った手(苗字の「上重」はここから来ていると思われる)で和了り始める」予兆の後に、役満クラスの鬼手が到来するのが特徴。
 100%発動するタイプの能力ではないのが弱点だが、一度火が付いたらその勢いは持続し、多少止められても再び点火する。

【微バレ】これが姫松有する爆弾娘、漫ちゃんや!【注意】



2回戦

 今回のインハイ2回戦先鋒戦では、末原からのアドバイスを反芻しつつ、ミーティングで言い渡された「トップとの点差を3万点以内に抑える」お仕事を達成しようと奮起している。
 しかし、東場のタコスやら眠り巫女やらに翻弄され、多くの失点を許してしまう。
「今回も不発だったか…」
 結局、1回戦よりも過酷な「油性ペンで落書き」の懲罰に甘んじた。

準決勝

 全国の漫ちゃんファン待望の能力発動。連続でアガリを見せるも、大爆発の気配を察知したガイトさんに完全封殺モードでロックオンされてしまう。
 一旦は突き離されるも、悔しさと恭子への恩義、そして和了れなかったらデコ油性確定という状況で、「火力を速度に変換する」打ち方に覚醒。ガイトさんからも「なかなか消えない炎」と評された。

 半荘2回の最終成績はプラス2万100点(2位)。先鋒としての責任を全うしたが、トップであるガイトさんとの点差が3万900点であった為に、結局おでこに落書きされてしまった。
 とはいえ、ガイトさん&タコスと同卓しながらプラス収支で切り抜けたことは、本来ならば大活躍である。ゆえに、恭子が漫のおでこに与えたのは油性ペンではなく、口紅で描いた花丸だった。

関連タグ

咲-Saki- 姫松高校 愛宕洋榎 愛宕絹恵 末原恭子 真瀬由子 赤阪郁乃 おでこ ロリ巨乳 先鋒組

pixivに投稿された作品 pixivで「上重漫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1259731

コメント