ピクシブ百科事典

不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー

ふめつのせいれいぱーふぇくとぎゃらくしー

不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシーとは、TCGデュエル・マスターズのカードの一種であり、殿堂入りカードのカードだった。漫画・アニメ共に白凰が使用した。
目次[非表示]

カードとしての能力

不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー 光文明 (7)
クリーチャーエンジェル・コマンド 9000
シールド・フォース(このクリーチャーをバトルゾーンに出す時、自分のシールドを1枚選んでもよい。そのシールドがシールドゾーンにある間、このクリーチャーは次のSF能力を得る)
SF-このクリーチャーは「ブロッカー」を得る。
SF-このクリーチャーがバトルゾーンを離れる時、バトルゾーンから離れずにとどまる。
W・ブレイカー


概要

遊戯王をやっている人にはDM版毒蛇神ヴェノミナーガと言えばわかりやすいだろうか。
自身が場に出る時自分のシールドを一枚選び、そのシールドが存在する限り戦闘破壊やバウンスを含める場から離れるあらゆる効果に耐性を持つ。まさに不死身。おまけに自身が7マナでパワー9000という能力の高さ。
要はシールドを破壊すればいいのだが、それが容易いのならこのカードが殿堂入りなどしなかっただろう。自身がブロッカー能力を手に入れるためシールドの破壊は困難を極める。さらには、パワーが0になったクリーチャーはルールによって破壊されるのだが、こいつはSFが適用されている限り、破壊置換効果が自己完結するためパワーが0になろうとも破壊される事が無い。
一応アンブロッカブル(ブロックされない能力)や2体以上で特攻してシールドを破壊すればSFは無効になる。その他にも遊戯王ではヴェノミナーガを痛み分けで倒す様に、「神羅スカル・ムーン」、「恐気の覚醒者ランブル・レクター」等の置換効果で破壊する方法がある。
とこのように対策が無いわけではないのだが、基本シールド破壊以外に倒す手段は無いので、相手にすると非常にやっかいなクリーチャーである。特に除去呪文に頼る除去コントロールはこいつ一枚で壊滅する事も。
その強さから2009年12月19日に殿堂入り。こいつを入れたデッキは衰退する事となった。
しかし、2017年1月30日に殿堂入りを解除にされ、公式大会に4枚デッキに入れられるようになった。

背景ストーリーでの扱い

第1回戦国武闘会からの常連選手であり、過去の優勝者でもあるらしい。
後に「ボルバルザーク・紫電・ドラゴン」と融合した「超聖竜シデン・ギャラクシー」が登場。世界を「超銀河弾」による崩壊から守るため、「超銀河剣」を振るい、ライバル「暗黒皇グレイテスト・シーザー」を打ち倒した。

派生カード

このカードの調整版のような能力を持つサイキック・クリーチャー、「時空の不滅ギャラクシー/撃滅の覚醒者キング・オブ・ギャラクシー」が存在する。

関連タグ

デュエル・マスターズ デュエルマスターズ
光文明 エンジェル・コマンド
殿堂入り
超聖竜シデン・ギャラクシー
白凰

pixivに投稿された作品 pixivで「不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6560

コメント