ピクシブ百科事典

暴走族を描いた漫画、『疾風(かぜ)伝説 特攻の拓(ぶっこみのたく)』の有名な1コマ。
吹き出しの“”の部分の言葉を入れ替えてネタにされていることが多い。
特徴的なこのルビは初出の時に振られたものだがその後にこの言い回しが使われる際には「踊る」が普通に「おどる」になっている。
族の漫画だけに無謀な暴走の果てに、と思いきや…

AA

        〃                           〃
       ___  |                       事
  ち  ノヽ  |         ___        |  故
  ま  、_          ,r‐':::::::::::::::::::::::`:丶、  |  〃
  っ  ].車        {:::::::::::::::::::::::::::::::: ::::::::ヽ. |  る
  た   ̄~          ゞ:::::::::::::::::::;..-‐┐:::::::::::i    奴
  ん 〃     |       !`゙`'"´´    .!:::::::::::::    は
  だ         ヽ  l   、 ,、 ,.::   ゙i::::::::::::l     :
  よ   と      ) ノ r---.ハ,.――、_」:r=、:::     :
   :    〃    (.(.  ::::::::::八:::::::::::::「 ̄ } }::l  \
   :  lコ.マ   l   `ー-、゙ーrイ `ー‐‐′ ∵':::j     `ー―
     止用        )ハ`__     丿^゙Y
\    〃 っ ,.へ(     ((_ // ̄`    /  
  `ー――‐'´           ‘゙ ヽ   _/     、
                      `T´  _,--‐'´ ̄`ー‐、_
                   _r‐「 「 ̄   

経緯

横浜の他の族を潰すことを目論む「魍魎」の頭領、一条武丸はかねてより因縁のあった「爆音小僧」に目をつけ、あちこちでその団員をボゴしていった。(誤字にあらず)
これに怒り心頭の爆音小僧の頭、鮎川真里(まさと、通称マー坊)はこちらから乗り込んでやろうと魍魎のたまり場に向けて走っていたが、そんな彼を後ろから追う者が。
“待”ってたぜェ!!この“瞬間(とき)”をよぉ!!
他でもない、武丸本人が後ろからツルハシを道路でギャリギャリいわせながら追ってきていた。
そのまま仕掛けられ、なし崩しに国道一号線路上でおっ始める二人。
抗争以前から右腕を骨折していながら構わずケンカを売っていた武丸はマー坊に押されるが、「キレた」武丸は折れた右腕でぶん殴るなどの無双状態に。
そしてツルハシを振り上げる武丸。念のため言っておきますが、作中でもこんなことを躊躇なくやろうとする人はこの人ぐらいです。
と、その時、反対車線から突然トレーラーが武丸に向かって暴走してきた。それに対し武丸、フロントに向かってツルハシで殴りかかるがそのまま体を持って行かれて荷台がへこむぐらいの衝撃で激突して動かなくなった。

時間は少し遡る。「夜叉神」の総会長の鰐淵春樹が車で走っていたところ、中の人を知ってか知らずか後ろから煽ってくるバイクが二台。
そのケンカを買ってバイク相手に全く寄せ付けない爆走をしていたが段々うざったくなってきた鰐淵、進路を塞ぐようにドリフトをかました。
それにビビったバイクが避けたところにトレーラーが。突然飛び出してきたバイクに泡食ったトレーラーの運ちゃんが急ハンドルを切ったところ反対車線へ飛び出してしまう。そして何故かそこにはツルハシを持った少年が

「俺は単車はおろか…コンテナとも接触すらしてねえんだぜ…
 “事故”る奴は…“不運(ハードラック)”と”踊(ダンス)”っちまったんだよ…
トレーラーが事故ったのを悟った同乗者に対し鰐淵はそう言い、その場を後にした。その踊ったのが武丸とは知る由もなく。

救急車に搬送されようとする武丸をなかば呆然と見守るマー坊ら。さしもの武丸でもこれでは…
と思いきや担架から身を起こした武丸、「“マサト”ォ…てめー…“ハラワタ”引きずりだしてその口に突っこんでやっからよォ…」とまだまだやる気だった。
それでも重症には違いなく、そのまま病院へ搬送されていった。
かくしてこの抗争はこの一件をもって沈静化するが二人の因縁はこの後も続いていくことになる。

pixivに投稿された作品 pixivで「不運(ハードラック)と踊(ダンス)っちまった」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195877

コメント