ピクシブ百科事典

世界陸上

せかいりくじょう

1983年から国際陸上競技連盟( 国際陸連、IAAF )が主催する陸上競技大会。セリク。
目次[非表示]

「このあとすぐ!!!」

「世界陸上」とは

 この大会正式名称は「世界陸上競技選手権大会( IAAF World Championships in Athletics)」であり、基本的に8月に行われる。
 この大会が行われるきっかけとなったのは1980年モスクワオリンピックへの一部国のボイコットをもとに1983年開始され、当初はオリンピックと同様4年に1回であったが、1991年より隔年開催される。歴史としては浅いものの、オリンピックよりも参加する地域の総数が多く、世界的に最も著名で権威ある陸上競技の大会とされる。
 ちなみにキャスターを務める織田裕二が「たかがオリンピックですから。世界陸上が真の実力ですから」と言い放ったのもまあ……言い過ぎではないかもしれない。陸上競技選手ファンにとっては、それくらい重要な大会ということである。
 略称「セリク」。現在では隔年、奇数年に開催されている。

開催地のリスト

 この項目では開催地域のリストを掲載する。

開催年開催国開催地特記事項
1983フィンランドヘルシンキ
1987イタリアローマ
1991日本東京この年から隔年、9月終了
1993ドイツシュトゥットガルト
1995スウェーデンイェーテボリ
1997ギリシャアテネ
1999スペインセビリア
2001カナダエドモントン
2003フランスサン=ドニ
2005フィンランドヘルシンキ
2007日本大阪
2009ドイツベルリン
2011大韓民国大邱
2013ロシアモスクワ
2015中華人民共和国北京市
2017イギリスロンドンここから予定
2019カタールドーハ9月開催予定
2021アメリカ合衆国ユージーン (オレゴン州)

日本における放送

 日本国内では1997年アテネ大会からTBS系列( JNN )が独占放送するようになり、上述の織田裕二迷言・珍言が話題を呼ぶ熱血キャスターぶりで、広くお茶の間に浸透する大会となった。また試合の中継のタイムテーブルを公開せず、「このあとすぐ!」と言いつつ何時間も引っ張り続けることでも有名であり、海外、特にヨーロッパでの開催においては時差の関係上ひどいことになっていた。

キャッチコピー

 現代においては世界的な競技会での活躍が期待される日本人選手がマラソンなどの長距離などに偏っていたことから、日本における陸上競技人気も国内国外含め選手の知名度も非常に低かった。
 ところがこの大会がTV放送時に、有力選手にキャッチコピーを付け紹介したことで、多くの選手が名を知られるようになった。
※例
 末續慎吾マッハ末續
 為末大侍ハードラー
 朝原宣治燃える走魂
 アレン・ジョンソンハードルなぎ倒し男
 マリア・ムトラモザンビーク筋肉聖母
 バージョン・ジャクソンアメリカの小さな大ハードラー
 マルク・ラキルムッシュ独占禁止
 ちなみにウサイン・ボルトには2005年あたりは「カリブ怪物」というコピーがつけられていた。
 ところが2009年には日本陸上競技連盟( 日本陸連、陸上競技の普及・振興を主たる目的とし日本国内の陸上競技を統括する公益財団法人 )から「選手に勝手なキャッチコピーを付けるな」とTBSが通達を受けるハメに陥った。

ついでに

 「なんだか近年は織田さんがおとなしくなってしまった…」と残念がる視聴者も多いかもしれない。実はこれも上述のキャッチコピーと同様2011年に日本陸連から「普通のテンションで中継しろ」と通達を受けるハメに陥ったせいである。

関連タグ

陸上 世界選手権

参照

wikipedia:同項目日本における世界陸上競技選手権大会の報道

pixivに投稿された作品 pixivで「世界陸上」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29374

コメント