ピクシブ百科事典

中村主水

なかむらもんど

「必殺シリーズ」に登場する人物。シリーズの大半の作品に出演している、「必殺」の代名詞。
目次[非表示]

概要

江戸町奉行所の同心。初期は北町、後に南町奉行所勤務。
元々は佐渡島の牢番だったが、出世の見込みありとして江戸に転属になった。
だが典型的な昼行燈であり、仕事を真面目にやらず、勤務中に居眠りしたり、失態を犯しては左遷を何回も食らったりしている常習犯
家庭においても冴えないムコ殿であり、妻・りつや姑・せんに、薄給であることや、後継ぎができないことでいびられる日々を送るという、どこにでもいそうなありふれた小役人である。

が、裏の顔は・・・

この世に蔓延る悪を裁く、闇の処刑人『仕事人』の一人である。
仲間内からは奉行所の同心であることから、『八丁堀』と呼ばれている。

以前は正義感に燃える若い同心であったが、老中・若年寄・大名・大奥・旗本など権力者には大変弱いくせに市民には居丈高に振る舞い、権力者絡みな事件には事なかれ主義一辺倒な奉行所の実態を知り、大いに失望していた。
自らの職場に大変うんざりしていた主水は、かつて佐渡島の罪人であった棺桶の錠念仏の鉄に再会し、『仕置』を共にしたことで、消えかけていた正義感に火が付き、闇に紛れ悪を断つ、『仕置人』の一人となった。
その後、多くの仲間との離反集合を繰り返し『仕留人』『仕置屋』『仕業人』『商売人』『仕事人』など様々なグループに所属しつつ、法で裁けぬ悪を人知れず葬り続けた。

剣術の腕は超一級であり、数多くの流派の免許皆伝を会得するほどである。
『仕置』に使う得物も、その腕からを振るう事が多かったが、中の人の加齢による体力低下事情で、脇差を使った突きでの一撃必殺を多用するようになった。

彼のその後・・・

2010年に主水を演じた藤田まことの急逝により、仕事人2010では突如江戸から西方への異動となり小五郎含む仕事人の面々の前から中村家ごと姿を消している。
置き手紙には菊の花の絵が描かれ『西方』のワードは藤田まことが亡くなった事を暗喩した演出と思われる。
主水の死ではないのだが、今回は全体的に主水との永遠な別れを意識した流れになっている。

TVスペシャル「(秘) 必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族」ではどうやら中村家は存続しているようで明治維新以降は代々警察官の家系にあるとされる。
ちなみに現代版の当代にあたる中村主水もまた婿養子であるが直系子孫なのかは謎。少なくとも何らかの形で主水の子孫は生まれてきたと思われる。ちなみにこの代の主水は警察官ではなかった。
主水の愛刀も家宝として受け継がれていたが、手入れがされていなかったのか錆び付いて抜刀すらできなかったが、現代に復活した『仕置』で封印が解けるが如く抜刀した。

関連タグ

必殺シリーズ 必殺仕事人 藤田まこと ムコ殿 昼行燈

pixivに投稿された作品 pixivで「中村主水」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104591

コメント