ピクシブ百科事典

九段下舞佳

くだんしたまえか

「ときめきメモリアル2」の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

誕生日:1月20日
血液型:B型
身長:167cm
体重:48kg
スリーサイズ:B89 W56 H86cm(3年間変化無し)
好きなもの:お仕事
嫌いなもの:暇
CV:山田美穂(現・山田みほ

概要

麻生華澄の友人でひびきの高校OG。幼年期にも登場してたりするが、名前が判明するのは高校に入ってから。攻略可能な隠しキャラの1人。

バイトに明け暮れる毎日で、主人公と本格的に出会う事になるのは、情報誌「ひびきのウォッチャー」に掲載の通販で購入した商品を宅配便で届けた時。攻略自体は非常に簡単でこの通販を季節毎に利用する事で、3年間4回の全12回利用で卒業式を迎えると50%の確率で告白される・・・

・・・が、彼女の場合、卒業式前後で誰からも告白されないまま、一端バッドエンドの曲がかかってから途中でインターホンが鳴って登場、という流れで、知らなければ曲がかかった時点で攻略失敗と思いリセットした人間もいた事だろう。また条件を満たしても、50%(その他イベントをこなす事で70%まで上昇)の確率での告白なので、寿美幸並みにリアルで運が悪ければ永遠に攻略できない事になるだろう。

その他、喫茶店でウェイトレス、プールで監視、伊集院邸で給仕等、数多くのバイトをこなしており、これらは他のキャラとのデートの際に一定の確率で出あう事(会う事で舞佳の告白の可能性が2%ずつ上昇)になり、(華澄以外の)そのキャラのときめき度が大幅に下がるという、そのキャラを攻略してる時にははた迷惑な存在である。

名前の由来は当時のコナミコンピュータエンターテインメント東京の所在地による。間違えやすいが「まいか」ではなく「まえか」(中の人も「収録までそう思ってた」とクリア後のフリートークで語っているほど)。

実は、2における最大の謎に関する秘密を握っている人物でもある。

以下ネタバレ

ネタバレ

ひびきの高校の「伝説の鐘」は主人公たちの在学時には既に鳴らなくなっていた事でも知られるが、実は壊して鳴らなくしてしまったのは彼女である(いわく「若気のいたり」)。華澄が「私がいた頃には鳴らなくなった」と証言しているので、在学時の悪業なのだろう。

そんでもって、彼女は主人公の家で告白するが、なぜかこの時主人公の家に鐘が鳴り響き「さっき私が治した」とのたまう(主人公曰く「反則」。ごもっともである)。ひょっとしたら他のキャラの告白で鳴ってるのも彼女が治したからなのかも知れない(実際続編の『4』においても、ひびきの高校で告白するキャラの場面で、舞佳らしきキャラがモブで登場している)

あるキャラとの同一人物説があり、とあるキャラのエンディングにも登場してる・・・ようである。

関連イラスト

バイト番長



関連タグ

ときめきメモリアル2
フリーター お姉さん

pixivに投稿された作品 pixivで「九段下舞佳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46934

コメント