ピクシブ百科事典

九頭龍閃

くずりゅうせん

九頭龍閃とは飛天御剣流の技の1つ。
目次[非表示]

九頭龍閃とは、るろうに剣心に登場する架空の剣術の流派、飛天御剣流の技の一つで、奥義「天翔龍閃」を伝授する際の試験用に作られた技である。ネーミングの由来は九頭龍神から。
pixivにおいては、様々なキャラクターが九頭龍閃を放っているイラストに付くタグである。

概要

剣術の基本である9つの斬撃
1.:唐竹(からたけ)、もしくは切落(きりおろし)
2.:袈裟斬り(けさぎり)
3.:右薙(みぎなぎ)、もしくは胴(どう)
4.:右斬上(みぎきりあげ)
5.:逆風(さかかぜ)
6.:左斬上(ひだりきりあげ)
7.:左薙(ひだりなぎ)、もしくは逆胴(ぎゃくどう)
8.:逆袈裟(さかげさ)
9.:刺突(つき)
これらを飛天御剣流神速を最大限に発動させつつ突進しながら同時に放つ技で、一度技が発動してしまえば防御も回避も不可能な技である。
これを破るには技が発動する前に攻撃して相手を倒すしかない。
その技こそが神速を超えた超神速抜刀術であり、飛天御剣流奥義「天翔龍閃」である。

作中における九頭龍閃

本来、防御も回避も不可能なはずの技なのだが、瀬田宗次郎戦では回避されてしまい、雪代縁には九発の剣撃を全て防がれている。
これは、小柄な体格の剣心では九頭龍閃の特性を十分に活かし切れない事が一因であるとされ、会得の際に比古にそれを指摘されている。
もっとも、その比古をして剣心の九頭龍閃は「技自体は完璧」だそうであり、剣心が九頭龍閃を使いこなせないのは飽くまで「威力」の面に於いてである。
宗次郎の場合は単純に神速を超える速度で動けるからこそ躱せたのであり、縁の場合は剣心とほぼ同等の剣速を持つがゆえに防げたのである。
その技の性質からいっても、神速と同等以上の速度を持つ者なら回避も防御も可能ということである。
比古の指摘通り、剣心の九頭龍閃は威力の面で難があり、実際に直撃させた場合でも相手を仕留めきれていない事が殆どであった。
逆に、この技を最も得意とする比古清十郎は、二階建ての家よりも巨大な不二一撃で倒しており、桁違いの威力を誇っている。

余談だが、キネマ版では思わぬ形でこの技が登場した(ネタバレ回避のため詳細は伏せます)。

関連項目

るろうに剣心
剣術
飛天御剣流
緋村剣心
比古清十郎
消したら九頭龍閃

pixivに投稿された作品 pixivで「九頭龍閃」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 412760

コメント