ピクシブ百科事典

乾電池

かんでんち

恐らく一次電池で一番普及しているタイプ。
目次[非表示]

概要

電解液を固体に染み込ませて担持させ、扱い易くした一次電池である。

単1~5、ボタン電池、コイン型、9Vの006P電池などがある。

ちなみに

現在の乾電池を発明したのは、明治時代の時計技師、屋井先蔵という日本人である。先蔵は
1885年に自ら発明した電気時計の動力源だった液体電池(湿電池)が寒冷地で凍結して使い物にならないのに不満を持ち、乾電池の開発に着手。2年後の1887年に「屋井式乾電池」の発明に成功した。しかし、当時の特許申請料は高額で、貧しかった先蔵は特許を取得することが出来ず、その間、乾電池の価値を知った外国人が自分が発明したと主張したため、先蔵が乾電池の最初の発明者であることを、長い間多くの人が知らなかった。結局、先蔵が特許を申請できたのは発明から6年後の1893年である。

現在ではあちこちの店舗でこれでもかと言うほどに販売されており、ハッキリ言って作り過ぎている状態である。
また、近年では単1~単5までのシリーズは繰り返し充電が可能なタイプも発売されている。
それによって大量に乾電池を買い込む必要がなくなり、最初こそ充電器とのセット購入により高くなるが長い目で見るとコストは安くなる。

関連タグ

電池 バッテリー 道具 電気

pixivに投稿された作品 pixivで「乾電池」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45641

コメント