ピクシブ百科事典

亀山薫

かめやまかおる

亀山薫とは、ドラマ「相棒」の登場人物である。 演:寺脇康文

テレビドラマ相棒』の主人公の一人。
演:寺脇康文

右京さん!何勝手に編集してんスかぁ!

警視庁特命係員。階級は巡査(巡査長たる巡査)→巡査部長
Season7までの右京の初代相棒。係長の右京を除けば、2015年現在、最も長く特命係に在籍していた人物である。

刑事部捜査第一課入りを果たすが、指名手配犯を捕まえようとして逆に人質にされるという失態を起こし、特命係に追いやられる。特命係に左遷された当初は杉下右京とはそりが合わず、時に右京の強引さや策略に騙されたり振り回されたりして違和感を抱くこともあったが、右京の心情や思慮に触れる中で右京を認め、彼の良き相棒となった。

性格は曲がったことが嫌いな熱血漢。その一方で人情にも厚く、それによってうっかり流されてしまうことも少なくない。子供の扱いにも長けており、悪戯盛りの悪ガキともすぐ意気投合して仲良くなれる才を持つ。

体育会系の経歴にしては意外にも味覚および嗅覚がかなり鋭く、事件の凶器発見に貢献したり、ワイン評論家を驚かせたりする程。また、勘も非常に鋭く「思い出したように出る神がかりに近いヤマカン」で事件の解決に大きく貢献する時が稀にあるが、何かと事件に巻き込まれやすいトラブル体質でもあり、幾度か犯人に人質にされ窮地に陥ったことがある。
さらに霊感もあり、「全裸女性幽霊」を目撃したのがきっかけで白骨死体を発見し、幽霊や超能力に興味を持つ右京から「いささか嫉妬を覚えますねぇ」と言われた事もある。

Season7のある事件で殺された親友への思いに接し、その親友が活動していた国:サルウィンを訪れた際、腐敗が蔓延しているこの国の子供達に正義の精神を理解してほしいと感じ、それを教えるために警察官を辞め、妻の美和子と共にサルウィンへ旅立った。

関連タグ

相棒 杉下右京 伊丹憲一 亀山美和子
これが日常だったあの頃

pixivに投稿された作品 pixivで「亀山薫」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1143306

コメント