ピクシブ百科事典

井上雄彦

いのうえたけひこ

日本の漫画家。
目次[非表示]

概要

本名は「成合雄彦(なりあいたけひこ)」
昭和42年(1967年)1月12日生まれで、鹿児島県大口市(現:伊佐市)出身。血液型はB型。

子供の頃からを描くことを好み、高校の終わり頃から漫画家になることを意識するようになり、幼少期から特に好きだったのは水島新司ドカベンで、他にも影響を受けた作家に池上遼一小林まことなどを挙げている。

高校3年生のときに芸大への進学を前提に美術予備校の夏期講習を受けたが、「金がかかる」という理由から進路変更して地元に近い熊本大学に進学する。
その後、20歳の時に週刊少年ジャンプに投稿した作品が編集者の中村泰造の目に止まり、本格的に漫画家の道を歩むため、昭和62年(1987年)に大学を中退して上京し、当時シティーハンターを連載していた北条司に弟子入り、アシスタントを10ヶ月ほど務めた。
そうして漫画制作の基本的な技術を身につけ、翌年に投稿作品楓パープルが第35回手塚賞に入選し、漫画家としてデビューした。

小・中学校時代は剣道部に所属し、高校時代に当時はまだマイナーなスポーツだったバスケットボール部に入部して主将を務めた。
この経験が、彼の代表作であるスラムダンクバガボンドの創作に大きく関わっているとされる。
ちなみに最近は空手もはじめたらしい。

代表作

湘北



井上雄彦、リアル。



軽すぎるとは思った



注意

大の同人嫌いである事で有名。
二次創作で彼の作品を扱う際は細心の注意を払うことを推奨する。

関連タグ

漫画家

pixivに投稿された作品 pixivで「井上雄彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167445

コメント