ピクシブ百科事典

京妖怪

きょうようかい

京妖怪とは、『ぬらりひょんの孫』に登場する妖怪のグループ。 pixivのタグとしては、単体絵・集合絵を問わず、京妖怪に属するキャラクターのイラストにつけられている。
目次[非表示]

概要

羽衣狐及び彼女の息子である安倍晴明が率いる強力な百鬼夜行
拠点は京都府だが大阪府等も活動範囲に含まれる。京妖怪上位世界を作り上げ、全ての妖怪と人間を支配下に置くことを目的とする。奴良組四国八十八鬼夜行とは異なり、妖怪任侠組織(ヤクザ形式)ではないため、組長や若頭といった概念は持っていないようである。
元々は安倍晴明に従う百鬼夜行だったが、晴明の死後は彼の母親である羽衣狐の指揮のもと、宿願達成のために暗躍する。時には人間の政に介入することもあった(羽衣狐が憑依したよりしろには平家や豊臣家の女性権力者が含まれている)。
約400年前にぬらりひょんと十三代目花開院秀元による妨害を受け、長期間活動を休止していたが、羽衣狐復活により再び動き出した。
土蜘蛛は京妖怪幹部として紹介されているものの、羽衣狐や晴明に忠誠を誓っているわけではないため、単独行動をとっていることが多い。羽衣狐は土蜘蛛の実力を評価しており、土蜘蛛の自由気ままな行動を許している。

所属キャラクター

詳細はそれぞれの項目を参照してください。

羽衣狐
京妖怪を総べる百鬼夜行の主。憑依転生能力を持ち、死と復活を繰り返しながら幾度もこの世に現れる妖狐。転生を行うたび尻尾が増え、妖力も増大していく。安倍晴明再誕を宿願とする。

安倍晴明
羽衣狐の息子で、半妖。表では陰陽師として、妖怪""としての顔を持つ。千年前に一度死亡したが、羽衣狐の母胎から再び産まれるという転生システムを考案した。妖怪が人間を支配する「闇の世界」を目論む。

土蜘蛛(ぬら孫)
京妖怪幹部。その暴れぶりから、かつて天災とまで喩えられた大妖怪。豪快にして自由きままな性格であり、戦うことが大好き。妖怪単体としては最強クラスの戦闘力を持っている。出身地は九州

鬼童丸
京妖怪幹部。目にも止まらぬ剣技「神速剣戟」を操る老剣士。酒呑童子と人間の女性の間に生まれた半妖で、酒呑童子亡き後は京都の鬼妖怪の頭領を務めている。引き際を心得た冷静な性格。

茨木童子(ぬら孫)
京妖怪幹部。酒呑童子の義理の息子。顔半分を卒塔婆で覆い隠している青年。短気な毒舌家で、しょうけらとは仲が悪い。電撃を操る能力「鬼太鼓」を持ち、鋏としても使える二刀流で武装する。

しょうけら(ぬら孫)
京妖怪幹部。宗教かぶれのナルシスト。羽衣狐を熱烈に崇拝している。長髪の美男子だが、本性はキメラのような蟲の怪人である。槍で武装し、光を放つ能力で敵をかく乱する。

狂骨(ぬら孫)
京妖怪幹部。幼い少女の姿をしている。羽衣狐の侍女のような役割を持ち、日頃から彼女の身の回りの世話を行う。過去編では父親が幹部を務めていたが、現代では娘に交替している。

がしゃどくろ
京妖怪幹部。超巨大な骸骨妖怪で、羽衣狐や狂骨を頭に乗せて運んでいることが多い。知能は高くないが、羽衣狐への忠誠心は高い。精鋭の陰陽師が張った結界を容易に突き破る怪力を持つ。

鏖地蔵
大天狗に代わり、現代で京妖怪幹部に加わった妖怪。額に大きな目玉を持つ不気味な老人。実は百物語組から送り込まれたスパイ。寄生や催眠術で他者を操る事を得意とする。

大天狗
元・京妖怪幹部。鞍馬山の天狗たちの長。過去編では京妖怪幹部として働いていたが、鏖地蔵の暗躍により失脚。その恨みから、羽衣狐らの妨害を考え、奴良リクオ牛鬼に協力する。

白蔵主
京都上空の防衛を任されていた巨漢の狐妖怪。幹部ではないものの、大型の対艦槍で武装した猛者。一体一の決闘を好む武士道精神の持ち主。

関連イラスト

Follow Me
京都のみなさん



関連タグ

ぬらりひょんの孫 妖怪 百鬼夜行 京都

pixivに投稿された作品 pixivで「京妖怪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 167981

コメント