ピクシブ百科事典

京極堂

きょうごくどう

ミステリー作家、京極夏彦による日本の小説のシリーズ。講談社より刊行されている。京極堂シリーズ、百鬼夜行シリーズとも言うがpixivでは、京極堂タグが一般的。
目次[非表示]

「この世には、不思議なことなど何もないのだよ」

概要

第二次世界大戦後まもない日本を舞台とした推理小説
作中に実体として登場はしないが、個々の作品のタイトルには必ず妖怪の名が冠せられており、その妖怪に関連して起こる様々な奇怪な事件を「京極堂」こと中禅寺秋彦が「憑き物落とし」として解決する様を描く。

1994年に発表されたシリーズ第1弾の『姑獲鳥の夏』は、京極夏彦のデビュー作品であり、メフィスト賞創設のきっかけとなった。講談社ノベルスから刊行されたのち、講談社文庫から通常文庫版と分冊文庫版が刊行され、順にハードカバー化もなされている。通常文庫版は1000ページ以上に及ぶことがあり、分厚いことで有名。

基本的には推理小説としてカテゴリーされている。もっとも事件の謎解きである「憑き物落とし」はいわゆる犯行トリックの解明や犯人当てよりも、事件そのものの全容と因果関係・事件関係者達の妄念の論理的な究明に注力されていることが多い。
また、作品内にはタイトルとなった妖怪に関するあらゆるキーワードが作中に散りばめられており、民俗学、論理学など広範にわたる様々な視点から、妖怪の成り立ちが分析されているのも特徴の一つ。

主な登場人物

中禅寺秋彦 - 古本屋「京極堂」の主。宮司で拝み屋。
関口巽 - 小説家。代表的な語り部の一人。
榎木津礼二郎 - 「薔薇十字探偵社」の私立探偵。
木場修太郎 - 刑事。
青木文蔵 - 刑事。
鳥口守彦 - 編集記者兼カメラマン。
益田龍一 - 元刑事の探偵見習い(助手)。
中禅寺敦子 - 科学雑誌記者。
安和寅吉 - 薔薇十字探偵社の探偵秘書。
今川雅澄 - 骨董屋「待古庵」の店主。
伊佐間一成 - 釣り堀「いさま屋」の親父。
中禅寺千鶴子 - 中禅寺の妻。
関口雪絵 - 関口の妻。
多々良勝五郎 - 妖怪研究家。

既刊

姑獲鳥の夏
魍魎の匣
狂骨の夢
鉄鼠の檻
絡新婦の理
塗仏の宴 宴の支度
塗仏の宴 宴の始末
陰摩羅鬼の瑕
邪魅の雫

百鬼夜行 陰
百鬼夜行 陽
百器徒然袋 雨
百器徒然袋 風
今昔続百鬼 雲

関連タグ

京極夏彦
百鬼夜行シリーズ
京極堂シリーズ
京極キャラ描いてみた
妖怪

pixivに投稿された作品 pixivで「京極堂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3020429

コメント