ピクシブ百科事典

京阪3000系

けいはんさんぜんけい

京阪電気鉄道の車両。
目次[非表示]

初代京阪3000系

当初

当時の京阪特急車両を7両編成化、増発させる際、特急用の1900系だけでは足りない為、不足する特急用車両の補充として1次車3両編成4本計12両が1971年7月から投入されたのが始まり。この時、1900系以上の質の良さと好評により特急車を全車3000系に統一することになった。

これ以降18年間は特急用車両の地位を維持してきたが、京阪鴨東線開業で特急用車両が不足するのに伴い京阪8000系が導入されると、車内の内装や外観などで8000系が好評となったため、特急用車両全車が8000系で置き換えることになった。この際、7両1編成と予備先頭車2両が京阪にとどまった。京阪に残った1編成は1995年に中間車1両がダブルデッカー化改造され、さらに8両編成化の際は予備先頭車2両から中間車1両を仕立て上げて組み込んだ。

残らなかった3000系は先頭車のみ富山地方鉄道大井川鉄道に譲渡された。富山地方鉄道の車両は現在も活躍している(レールの幅が異なるため、台車は別会社から調達)。

晩年

二代目3000系の運転開始に伴い、初代3000系のうち京阪に残った1編成は8000系30番台に改称の上、編入となった。その後、2013年の退役が決まり、2012年9月29日に前面の特急サボと車番が登場当時の物に変更され、2013年3月31日に運行終了。

引退後、中間に挿まれていたダブルデッカー3805(元車番3608、8831)号車が富山地方鉄道に譲渡され、各種改造の後、以前に譲渡済みの10030形第2編成を原色に戻したうえで組み込まれ「ダブルデッカーエキスプレス」として2013年8月から運行を開始した。富山地鉄でのダブルデッカーの形式番号は「サハ31」で、側面の時代祭絵巻イラストもそのままで運行されている。なお、「ダブルデッカーエキスプレス」は特急(特急うなづき号)運用時にダブルデッカーを利用する際には特急料金のほかに座席指定料金が必要となる。京阪時代とは違い気軽に乗れなくなった。

京阪で最後まで残った編成の大阪寄り先頭車8081(元番3006→3055)は、ニコニコ超会議のイベントにおいて公開解体が行われ、解体部品はオークションにかけられた。その際、復刻した前面の鳩マーク特急サボが70万円で落札された

また、京都寄り先頭車・8531(元番3505。テレビカー)については、寝屋川工場で整備の上、京阪樟葉駅前の「KUZUHA MALL」内の「SANZEN-HIROBA」にて車内を含めて一般公開されている。公開に際しては、可能なかぎり登場当時の姿に復元(シートモケットも登場当時のと同じタイプに張り替えられている)されており、「デジタル動態保存」として運転台を使用した運転シュミレーターも設けられている。

二代目京阪3000系

京阪電気鉄道中之島線開業にあわせ、2008年に営業運転を開始した3扉転換クロス車両。座席は2列+1列配置となっており、快速急行、特急として使用されている。愛称はコンフォート・サルーン。

2009年度鉄道友の会ローレル賞、及び2009年度グッドデザイン賞受賞。新種別「快速急行」用に導入された車両であるが、数年で快速急行の仕事を奪われ、現在は元ハズレ特急9000系に代わり、8000系とともに京阪特急の仕事がメインである。

性能

編成8両編成6本(48両)
営業最高速度110km/h
設計最高速度120km/h
起動加速度2.8km/h/s
減速度4.0km/h/s(常用最大)・4.3km/h/s(非常)
全長先頭車18,900mm・中間車18,700mm
全幅2,782mm
全高4,138mm
車体材質アルミニウム合金
軌間1,435mm
電気方式直流1,500V(架空電車線方式)
主電動機三相かご形交流誘導電動機(出力200kw)
駆動装置TDたわみ板継手平行カルダン駆動
歯車比85:14=6.07
制御装置東洋電機製造IGBT素子VVVFインバータ制御
台車ダイレクトマウント式空気ばね台車(電動車は軸梁式、付随車はモノリンク式)
制動方式回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ
保安装置京阪形ATS、K-ATS
製造メーカー川崎重工業兵庫工場


関連項目

京阪電気鉄道 京阪特急 京阪本線 京阪 3000系 京阪8000系

pixivに投稿された作品 pixivで「京阪3000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8296

コメント