ピクシブ百科事典

人造人間8号

はっちゃん

人造人間8号(ハッチャン)は、『ドラゴンボール』の登場人物。
目次[非表示]

概要

声:飯塚昭三

レッドリボン軍マッスルタワーにいた、フランケンシュタインの怪物のような外見をした人造人間
原作では16号アラレちゃん同様完全なロボットという設定だが、アニメ版では元々は人間であった。
力はとても強いが戦い嫌いの優しい性格であり、とても戦闘には向かなかったため、にとっては失敗作であった。その後すぐに孫悟空と仲良しになり、名前が呼びにくいためにハッチャンと名付けられた。
この名前は本人も気に入っている。

ホワイト将軍傘下として、ジングル村外れのマッスルタワー4階に配属されていた。しかし、暴力を振るうことが大嫌いだったため、悟空相手に戦うよう命じられても一切従わなかった。憤激した将軍はムラサキ軍曹に持たせた自爆装置をタテに8号を従わせようとするも、その卑劣な行動に激怒した悟空に奪い取られてリモコンは破壊されてしまい、前述の通りRR軍を裏切って悟空側に着いた。
6階でホワイト将軍が悟空を(卑怯な手段を用いて)パワードガン銃撃ケガを負わせたことを知ると「よくも…ソンゴクウいじめたな」と生まれて初めて憤激し、ホワイト将軍を空の彼方まで殴り飛ばした。

実はドラゴンボールをすでに発見してたが、発見されたらレッドリボン軍がジングル村の住人を殺すことを知っていた為、マッスルタワー崩壊後に悟空に渡す。
その優しさを気に入ったジングル村村長と共に暮らすことになる。
「ドラゴンボール超全集」によれば、その後自爆装置は取り除かれたらしい。
魔人ブウとの最終決戦時には、悟空の元気玉作成にスノを始めとする村人たちとともに協力している。
ドラゴンボール超』65話にも一瞬だけ登場している。

余談

原作ではドクター・ゲロ製だがアニメではフラッペ博士製になっている。
またPS2『Sparking!! METEOR』において悟空が人造人間16号をハッチャンと似ていると思っていることが明らかになっている。
FC『大魔王復活』ではピラフ一味に捕まり、洗脳されて悟空と戦うが、悟空が装置のスイッチを切ったことにより正気に返った。(選択をミスると悟空がハッチャンに殴り殺される。このゲームはジングル村をうろついているだけで凍死したり、が刺さって死んだりと非常に悟空がひ弱である)

関連タグ

ドラゴンボール 人造人間(ドラゴンボール) 気は優しくて力持ち
孫悟空(ドラゴンボール) スノ 最強への道
レッドリボン軍 ホワイト将軍 ムラサキ曹長

pixivに投稿された作品 pixivで「人造人間8号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8284

コメント