ピクシブ百科事典

今川氏真

いまがわうじざね

今川義元の息子の戦国武将。メイン画像の隣は正室の早川殿。
目次[非表示]

今川氏真とは蹴鞠の名手である。
今川家10代目当主(1538~1615)。

概要

海道一の弓取りと呼ばれた戦国大名今川義元の嫡男。父の頃最盛期だった今川家を、わずか一代で滅ぼしてしまったことで暗愚の代名詞のような扱いを受ける。

義元が桶狭間の戦いで急死した後、急遽当主の座につくが、仇敵である織田家討伐にも乗り出さず、家臣の求心力を失い、まず松平元康が独立、徳川家康となったのをはじめ、同盟を結んでいた武田信玄に裏切られ、徳川(と織田)と武田双方から攻め込まれ、大名としての今川家は終焉となる。

その後は妻・早川殿の実家である北条家に落ちのびるが、義兄の北条氏政が武田信玄と同盟を結びなおすと、今度は家康の庇護を受けることになる。信長に蹴鞠を披露したのはこの頃で、長篠の戦いを前後して徳川軍に従軍し、一時は城主にもなっている。その後は浜松近辺に住まい、やがて京都に移住、最終的には品川に屋敷を与えられたという。
慶長19年に江戸で死去。享年77歳。

江戸幕府が開かれた後は徳川家の庇護のもと、今川家は高家として幕末まで名前を残すことになり、歴代の当主の中からは若年寄も輩出している。

実績、評価

戦国時代の大名の中でも評価は最低ともされる。父義元の代の今川家は、誇張はあるにしろ東海道随一の大名であったのは間違いなく、それを一代で滅亡に追いやった点からも疑いようは無い。もっとも、抜群の政治・外交センスの持ち主である義元と比較するというのも酷といえば酷な話ではあるし、そもそも桶狭間で家の中核をなす功臣を大量に失っていて人的な損害も非常に大きかった。もっとも彼の父の義元にしたところで太原雪斎死後にはやや生彩を欠いたと言われているため必ずしも氏真自身が取り立てて暗愚呼ばわりされる謂われはないようである。ある意味、家を継いだ時点でほぼ状況が“詰んで”いた為、一概に暗君とも言い切れない。
最近では氏真独自の商業政策が見られたり、いわゆる信玄への塩止めを主導したり、積極的に戦闘に参加した事も明らかになっているため、桶狭間という「不測の事態」がなく権力委譲がスムーズに行けばそれなりの結果を残したのではないかとも言われ、再評価の傾向が強い。

また、(大名としてはともかく)一個人としては塚原卜伝剣術の指南を受け(後に研鑽を重ね「今川流」という流派を興している)、父同様に和歌を詠むなどの高い教養を示したりと、文武に優れなかなかのチートスペックを誇っている。特に、蹴鞠に関しては信長が「見たい」というくらいの凄腕だったようだ(なお、誤解が多いが蹴鞠の高段者は決して軟弱な肉体の持ち主ではないし、そもそも蹴鞠自体も軟弱な趣味ではなく「武士の教養の一つ」といったレベルの趣味であった)。
今川家が戦国大名家として滅亡した後も彼個人を慕いその後も付き添い続けた家臣も多く、彼自身もまたその家臣の就職のために奔走しているあたり、一個人としては実に「いい人」である(さすがに苦境を見捨てて敵方に逃げた連中には容赦なかったらしいが)。戦国時代の大名としてどうかはまた別問題。
妻の早川殿とも今川家滅亡後の転々とした生活においても終生仲睦まじいものだったと言われている。政略結婚であったにもかかわらず苦境をも共にしたあたり、やはり彼個人も魅力ある人物だったのであろう。

当時としてはかなり長生きし、嫡流の血筋を残すことに成功した。武田家も織田家も北条家も嫡流が生き残れなかったということからしても、ある意味彼は勝者の部類に入るかも知れない。しかし、その今川家も明治維新後は家禄を失って没落。23代目範叙の代に嫡男淑人が早世し、他には娘しかいなかったため直系は断絶。今日にその血筋は伝わっていない。

創作上の今川氏真

戦国大戦

今川氏真


二つ名は「蹴鞠名人」。
従来のイメージを誇張した、暗愚だが蹴鞠の天才として登場。

スペックはコスト1 武力1/統率1の足軽。
一番弱点が多く、メリットの少ない兵種である足軽な上、足軽兵種の武将は他の能力が高いことでバランスがとられているのだが、彼の能力値は全カード中最低(最低クラスではなく最低)。

持ち計略である『蹴鞠シュート』は、ダメージこそ無いが、範囲内の敵を大きく弾き飛ばす効果を持つ。
吹き飛ばす距離はかなり長く、戦場の中央ラインから自城(敵城)のすぐ手前までとなっている。
敵軍の速度が遅い武将にこれを撃てれば戦線復帰までの時間を十分稼げ、その吹き飛ばす距離の長さから、大筒の防衛(奪取)や虎口攻めをする際の敵(味方)の妨害(援護)としても役立てられる。

この動画はいい一例である。

※要・ニコニコ動画アカウント 会話編集がされているので注意。

イラスト・スペック・計略・台詞の隅々までネタが詰まっているが、扱いようによっては相手(自分)は氏真一人に振り回されることもある。
ネタカードと侮って掛かると、痛い目に遭うかもしれないだろう。

まろの華麗な足技 とくと見るでおじゃる!

信長の野望シリーズ

能力値は高くはないが、魅力や教養など一芸に秀でた扱いが多い。大名家の当主でプレー出来る場合もあるが、武田、徳川、北条などに挟まれた状態で難易度は高い。

「烈風伝」と「嵐世記」では三国志や源平合戦など、古の武将が登場する架空シナリオ「諸王の戦い」が収録されたが、劉備や源頼朝などと言った英傑に混じって、何故か氏真は現役世代で唯一架空シナリオが設定された。配下には三国志シリーズから劉禅、蒼き狼と白き牝鹿シリーズからジョン欠地王が登場、コーエー3大シリーズの英傑(やや誇張あり)そろい踏みという(悪)夢のシナリオである。

戦国無双シリーズ

武器:槍(2) 刀剣(3以降) 声:福原耕平(2empires) 神谷浩史(3) 宮崎寛務(chronicle2nd) 宮坂俊蔵(4)

「和歌蹴鞠も得意だが、今は新当流の剣を披露しよう」(3Empiresでの特殊遭遇台詞)
「ち、近寄るでないの!まろの首はやらぬのーう!」(4・流浪演武での特殊遭遇台詞)
「ここまでか…の…う…」(同・流浪演武での撃破後台詞)
「戦は嫌じゃ。蹴鞠で勝負せんかのーぅ?」(4Empiresでの特殊遭遇台詞)

モブであるが、2Empiresでは新武将・公家ボイスの一般武将の1人であった。(その他に足利義昭一条兼定)
3Empiresでは父・義元とのイベントがあり雅の道を追求し、それ以外のことは周りに任せればいいと考える困ったさんである。(朝比奈泰朝も「ダメダメだ…ダメ過ぎる…」とぼやいていた)
chronicle2ndでは義元に影響されてか語尾に「のーぅ」をつけている。『4』で特殊モブ化。武田と徳川両軍に侵攻によって窮地に陥るが北条家に救援される。叔父の氏康からは「義元に似てる」、井伊直虎からは「人畜無害」と評された。ちなみに早川殿とは一切絡みが無い。哀れ・・・。

更に3Empでは上記のセリフがあるのにも関わらず、能力は最弱武将の1人である。(ほぼ能力値がDとEしかない武将。氏真以外にも結城秀康北条氏直などが当てはまる。)

4では「流浪演舞」では仲間にすることでパートナー武将として使用可能。武器は3と同じく刀を使用するが、敵として遭遇した場合のみ上記の台詞を呟く。流浪演武ではパートナー枠でしか選択できないので早川殿との揃っての出陣は不可能。ただし流浪演武を一度でもクリアすれば以降はメインに無双武将が使える様になるので夫婦での出陣も可能となる。

4empiresでは4の特殊モブデザインを元にした固有武将の1人として登場し、特殊台詞が変更された。

殿といっしょ

【殿いつ】イマガワイレブン


イケメンだが政治に関心を示さず、遊んでばかりいる放蕩息子。スポーツ万能で、蹴鞠を始め、遊びに関する技術は非常に高い。義元は彼を更生させるために色々と策を講じているが、うまくいったためしがない。かなり能天気な性格で、人質の元康鍋之介とも仲が良い。人の将来性を見る目があり、父を『全然ダメ』、元康を『モテるにおいがする』と評していた。美人に目が無く、「全国美人百選」(自作)に載っている濃姫を嫁にしている信長に嫉妬したり、「若い女性にもてる方法」を執筆して販売したりしている。
外交に関しても「顔がそっくりだから」と表向きには言っておきながら、実は武田との同盟を鑑みて妹を嫁がせようとするなど、そこまでドアホウというわけでもない。

信長の忍び

アホ。常に鼻を垂らしており、眼は渦巻いている。父亡き後、失策で徳川に裏切られるがなんやかんやで長生きを果たす。こちらでも美女に目が無く、濃姫とお市を「稀代の美女」と評し父に教えようとするなどかなりの面食い

関連タグ

早川殿:正室で北条氏康の娘。大名としての今川家滅亡後も生涯添い遂げたできた奥方様。
今川義元:父親。義元存命期でも晩年の内政は氏真がやっていたらしい
武田信玄:かつての同盟者。父の死後彼も時代に翻弄され、今川と対立する
武田義信:妹婿。信玄の嫡男だが今川征伐に反対し廃嫡され、非業の死を遂げる
北条氏康:舅殿。北条家の当主。今川氏真は領国を追われた後、彼を頼った。
徳川家康:元家臣。桶狭間後の方針対立の末、独立される。腐れ縁。
織田信長:全ての元凶。父親が死んだのも、信玄に裏切られたのも大体こいつのせい。
織田信雄:元凶の次男。色んな意味で似た者同士である。彼は大名家として残り、織田家存続
劉禅:「事実以上に暗愚扱いされる嫡男」の大先輩。滅亡後も生き長らえた点も共通する。
ジョン欠地王:異国のお友達。現代では意外と仲が良く、劉禅とも組んで天下統一を目指す

pixivに投稿された作品 pixivで「今川氏真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62562

コメント