ピクシブ百科事典

仮面ライダーファム

かめんらいだーふぁむ

「…どんな卑怯な手を使ったって、勝たなくっちゃいけないんだ!」
目次[非表示]

仮面ライダーファムとは、『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。

概要

劇場版「EPISODE_FINAL」、TVSPのみ登場(TVSPは変身後の姿のみ)。
霧島美穂が変身する仮面ライダーで、基本カラーは白。
本作の仮面ライダーで唯一の女性であり、仮面ライダーとして戦う姿を見せた初の女性仮面ライダーである。
全体的なスペックは、僅かに他ライダーよりも劣るが、カードのAPは平均的。

当初は単純に白いナイトとして設定されており、装備品やカードが似通っているのはその名残。

召喚機は羽召剣(うしょうけん)ブランバイザー。
左腰に下げている、サーベルの形をした召喚機。武器や必殺技を使う際には、ナイト同様翼を展開して柄の部分にアドベントカードを装填する。勿論武器としても使える。
ガードベントによって召喚されるウイングシールドは、大量の羽を撒き散らし敵を撹乱させる特殊な盾である。
また、ソードベントで薙刀型のウイングスラッシャーを装備する。

ファイナルベントの技は、ブランウイングが翼で起こした突風で吹き飛ばされた敵を、ウイングスラッシャーで片っ端から両断する「ミスティースラッシュ」。

所持カード

ソードベントウイングスラッシャーを召喚2000AP
ガードベントウイングシールドを召喚2000GP
アドベントブランウイングを召喚4000AP
ファイナルベントミスティースラッシュを発動5000AP


契約モンスター

タックルはライダーに入りますか?


契約したモンスターは閃光の翼(せんこうのつばさ)ブランウイング
白鳥型のミラーモンスター。
自身の翼の一部を模したウイングスラッシャー、背部を模したウイングシールドを与える。

最期

戦いの中でライダーバトルを止めようと奔走する真司に出会い、次第に好意を抱き始める。真司に仄かな想いを寄せつつ、ライダーの戦いを止めようとも考え始めるが、リュウガとの戦闘で致命傷を負い、真司を見送った後に、都会の喧噪の中で眠るように息を引き取った。

DRAGON KNIGHT版

名称は仮面ライダーセイレーン
レンの恋人であるベンタラ人、ケイスが変身する。やたら雰囲気がセクシー。
吹き替えを演じたのは沢城みゆき

DRAGON KNIGHT版ではレギュラーであり、重要キャラクター。
アダムの裏切りによりベントされたと思われていたが、密かに生き延びていた。治癒能力を持っている。
レンと同じエリートライダーだけあって戦闘能力もトップクラスであり、しなやかな身のこなしと見切りを用いた戦法はアックス(タイガ)やドラゴンナイト(龍騎)を翻弄し、ストライク(王蛇)や最強のライダーであるラス(オーディン)とも互角に渡り合う程であった。

当初はキットをアダムと誤解したが、レンの説得で誤解を解いた後は共闘するようになった。しかしストライクとラスの連携に敗れ、レンの目の前でベントされた。
その後ユーブロンによってキットと共に救出され、セイレーンに復帰している。
なお、サバイブのカード2枚は彼女が所持しており、ベントされる直前にキットとレンに手渡されている。

なお、ケイスがベントされている間はヒロインであるマヤ・ヤングが代理で変身していた。ケイスの復帰と共にセイレーンのデッキを返したが、設定上はケイスもマヤも、セイレーンに変身できる事になる。

関連項目

仮面ライダー龍騎 平成ライダー 仮面ライダー 女性ライダー
EPISODE_FINAL 龍騎 仮面ライダーリュウガ 仮面ライダー王蛇
劇場版限定ライダー

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーファム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43208

コメント